スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

パーカッショニストの楽園サウンド

さて、週が明けての月曜、また今週も始まりました。

というか、今日はまだゴールデンウィーク前半の休日という

ことで、週が明けたという感じでもないのでしょうけど、

一応GW前半部は今日で終了、明日からはまたしばらく仕事や

学校という人も多いかと思いますけどね、ふとカレンダーを

見ると4月も明日で終わり、今年4月最後のブログの更新と

なりますか、早いものです。

ってことで、今週のブログ★ラヂオと相なる分けですが、

明日からしばらくは通常に戻るとは言え、まだまだGWの只中

でもありますし、今週は、「休日のくつろぎ、リゾート」といった

風体で、お送りしていこうと思ってます。

本日は、パウリーニョ・ダ・コスタ(Paulinho Da Costa)の

1979年発表の作品「Happy People」から

「シーイング・イズ・ビリーヴィング(Seeing Is Believing)」

をピックアップして参ります。

パウリーニョ・ダ・コスタは、一時期、この人の名前が表記されて

ないアルバムはないくらい、フュージョンやAORのアルバムには

ゲスト参加しまくっていたパーカッション奏者になりまけどね、

まぁ、そう言ってしまうとちょっと大袈裟な感じもあるんですけど、

あと、ラルフ・マクドナルドという人もいましたが、この二人で、

ほとんど、その種のアルバムのパーカッションはカバーされていた

ように思われ、ファンの間では誰もが知る名前になります。

とにかく、パーカッショニストのリーダー作ということでですね、

それだけでも、リゾートや楽園といった感じがしてくるのでは

と思います。

ヴォーカルには、ビル・チャンプリンがフィーチャリングされてます。

シカゴにも在籍していたことのある人で、AORの世界では、名の

知られたシンガー、ここでは、スキャット部分とか、なかなか

熱のこもった歌い振りだったり、いい感じで歌われてます。

ココでは、以前EW&Fとの共演した「After The Love Has Gone」で

登場してますけどね、その映像はコチラでご覧頂けます

ということで、パウリーニョ・ダ・コスタ feat. ビル・チャンプリン

で、「シーイング・イズ・ビリーヴィング」です。



Paulinho Da Costa feat. Bill Champlin - Seeing Is Believing

右アルバムは、オススメ、コンピレーション


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。