スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サンバで疾走GW

さて、先週今週と長々とGW特集、行楽へのドライブの

お供といったBGMサウンド集、お送りして参りました。

今週は、そのインストゥルメンタル編ということでしたけどね、

いよいよ明日からは、ゴールデンな連休のスタート、

まぁ、来週一週間、丸々休みが取れる人はそうはいないと

思うのですけど、その前半戦ということになるかと思います。

有意義に過ごされることを願うばかりですけど、

ダラダラと過ごし、ひたすら疲れを取るのに専念するというのも

それはそれでアリだと思うし、その際は、ココ、ブログ★ラヂオで、

音楽三昧してみるのも良いのではと思います(笑)

ってことで、本日のGWのBGM、インスト編行ってみたいと

思いますが、ジョージ・ムリバス(George Muribus)の

「ブラジリアン・タペストリー(Brazilian Tapestry)」

をピックアップして参ります。

とは言っても、コレ知る人は、そうはいないと思うんですが、

私も、たまたま所有している、カタリストという、主に

ジャズ/フュージョンを取り扱った、アメリカ西海岸、

サンフランシスコのレーコード・レーベルの

コンピレーションCD、「カタリスト・オブ・グルーヴ

に収録されていたことで知ったということになり、元々は、

ジョージ・ムリバス、1976年作のアルバム

ブラジリアン・タペストリー(Brazilian Tapestry)」

収録の表題曲になります。

まぁ、私も良くは知らないということで、ググってみましたが、

このアルバム自体は、割と知られているものらしく、

ズラズラーっと検索に引っかかってきて、どうやら隠れた

名盤ということにもなるようです。

で、この「ブラジリアン・タペストリー」という曲、

デオダートの作になり、1971年作のアストラッド・ジルベルト

With Stanley Turrentine」に収録されていたりもしますが

コチラで聴けます)、こちらが、初演、オリジナルになるの

かなぁ?、その辺はちょっと分からなかったです。

まぁ、とにかく、今回のジョージ・ムリバス版

「ブラジリアン・タペストリー」は、サンバのリズムと、

全体を通しての疾走感が何よりも心地良く、そして、テーマと

ソロの間、また、サックスのソロとエレピのソロの間に入る

ブレークの部分が、すこぶるカッコいい、ガツンと持ってかれて

しまう感じで、たまらなく良いです。

ジョージ・ムリバスは元アステカのメンバーとしても知られている

ジャズキーボード奏者になります。

ということで、良いゴールデンウィーク(前半)を♪、

ジョージ・ムリバスで「ブラジリアン・タペストリー」です。



George Muribus - Brazilian Tapestry



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。