スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

乾燥の冬の星空にちなんで

このあいだ年が明けたと思ったら、節分も過ぎ、

すっかり本格的な2月といった感じになってますけどね、

新たな週の幕開け、また今週も新たなテーマで、

ブログ★ラヂオ、お送りしていく分けですが、

通常であれば、この時期、私の住んでる所では、カラカラに

空気が乾燥し、夜ともなると、星の輝きが一年で一番増し、

星の数も一段と多く見える季節、ということで、今週は、

星にまつわる音楽のピックアップで、行ってみたいと思ってます。

・・・が、ここのところ何故かこの季節にしては暖かで、

空気もさほど乾燥しているという分けでもなく、

空は霞んでたりするんですけどね~^^、

でも、まぁ、今週中には、例年通りの気候に戻るであろう

という目論見で、やはり今週は星にまつわる音楽で行かせて

頂くことにしてですね、バレンタインも間近ですし、

ロマンチックな感じもあり良いのではと思います。

ってことで、本日は、ケリス(Kelis)の「リル・スター

(Lil Star)」をピックアップ。

2006年発表のアルバム「ケリス・ワズ・ヒア

Kelis Was Here)」に収録された一曲で、別にヒットした

という分けでもないのですが、私が、個人的にこんな感じの

曲は好きということで選ばせてもらいました。

なかなか、ほのぼのとした、いい曲なんじゃないでしょうか。

途中、現在では、多方面で活躍しているシーロー・グリーン

(詳しくはコチラ)がフィーチャーされてたりするのも

楽しい一曲です。

歌の内容は、私は何の取り柄もない小さな星(Lil Star)と

ケリスが歌うのを、PVでは星になっているシーロー(笑)が、

笑顔で頑張り続ければいずれは・・・と言って励ましている感じ

ではと思います。(訳詞が見つからなかったので、まぁ、そんな

感じなんじゃないかと・・・、原詞はコチラで掲載されてます)

ケリスは、アメリカのR&Bシンガー。20歳でデビューした

当時はネプチューンズのバックアップを受け人気を博し、

その後、ラッパーのナズと結婚、ネプチューンズの元を離れ

この「ケリス・ワズ・ヒア」を発表し、さらには、

ナズとは離婚、現在に至る、ちょっとハスキーでスモーキーな

歌声がいい感じのシンガーです。

(詳しくはコチラWikiをどうぞ)

ということで、ケリスで「リル・スター」です。



Kelis featuring Cee-Lo - Lil Star






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは!

星をテーマの一週間ですか。凄いロマンチック。
冬空の星座って独特の詩的なイメージがあって、実際に寒空の中ではそうそう長くもロマンチックな雰囲気には浸ってられないかもしれないけど、イメージとしてはいつまでも眺めていたい光景ですよね。
このところの暖かさは、暖かいのは待ち遠しいけど今来られてもちょっと困るというところもあって、そういう意味では春の服の用意が出来なくて汗だくで歩いてたから、また通常の寒さに戻るというのもちょっと歓迎したりします。
ただこちらもあまり晴れて澄み切ったような世界にはならなくていつも曇り勝ちなので、これはちょっとどうにかして欲しいなぁとおもいます。からっと晴れて澄み切った夜空にきらめく冬の星座、こういうのが一番いいですよね。
PV見ました。曲の最初のほうを聴いて、何処かで聴いたことがある曲調なんだけど一体なんだったんだろうと暫く考え込んでしまいました。ようやく思い至ったのがマッシュのテーマ曲「Suicide is Painless」。この曲の最初の部分ってマッシュのこのテーマと響きあってるように聴こえませんか?
わたしはマッシュのテーマが大好きだから、必然的にこの曲も気分に上手く馴染んで聴けました。
お星様になってるのがおっさんだったのがお茶目な感じで面白かったです。ほのぼのしててでもウキウキしてくるところもあって冬の夜空の下を足取り軽く闊歩していけるような感じの曲ですね。
No title
どもです。
この曲もケリスという人も知らなかったのですが、びっくりしましたね。ワウのかかったギターやボコボコとしたドラムの音、アコギやコーラスの雰囲気も、凹凸のある整い過ぎていない、まるで70年代のサウンドじゃあないですか。2000年代にもこんなサウンドの曲があったんですね。
オジサンはハートをワシ掴みにされましたよ(笑)
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

今週は星をテーマにと言った時点で、どんな曲を選んできてもロマンチックになるのは決定してしまっているかのようなんですけど、でも、いろいろと候補があって、はたして、本当に曲調もロマンチックなものになるのかは、分からないですね~、思案中です^^
冬のピンと張りつめた空気の夜空は、クリスタルとか、透明感といった言葉で表現される感じ、あと仰るように詩的なイメージもありますよね。私が住んでる地方では、特にこの時期、空気が乾燥していてそんな様相になります。いつもより格段に多くの星が見える夜空を思わず見上げて、「お~凄い」と思ったりするんですけど、確かに寒くて、とてもじゃないけど長い時間は見てられないですね~^^
そちらの方でも、ここのところは暖かな日が続いてましたか。また、今晩あたりから、寒くなる方に転ずるみたいですけどね、こちらでは、雪の予報なんかでてたりして、澄み切った冬の空とは、また違う方向に向かう感じになってます。週末くらいになるのかな~、例年の乾燥した冬空になるのは。そして、寒暖の差も激しくなりそうなので、くれぐれも体調の方は、お気を付けください。

曲の方は、確かに懐かしみのある曲調で、私も違う曲で聴いたような気がしてたんですけど、薄荷グリーンさんは、「マッシュのテーマ」を思い出しましたか。ブログで取り上げてた、アルトマン監督の息子さんが作詞したって曲ですよね。言われてみると冒頭部分は、共通するものがありますね。で、この「リル・スター」もどこかフォーキーな雰囲気が漂ってるような気もしますし、まぁ、そんなこんなで、気に入って聴いてもらえたのは良かったです。そして、おっさん風キャラのシーローが星になってるのもね~、なかなか笑えるんですけど、お茶目というか、非ロマンチックなのが、逆にロマンチックみたいな感じになってます(笑)
Re: さはんじさん
こんばんは

私だったら、一言「心地良い」で済ましてしまうところ、さすが、細かいところまでお聴きになりますね^^
特に、「凹凸のある整い過ぎていない」ってところには、なるほどと思いました。知らず知らず、こういった70年代サウンドに惹かれてしまうのは、やはり年のせいなんでしょうね~(笑)
でも、この曲が録られた時期というのは、すでに完全デジタル録音の時代に移行してると思われ、逆に技術の進歩があったからこそ、このようなアナログ風サウンドも生み出せるようになったのではと思うんですけど、どうでしょう。
オジサンのハートをワシ掴みにできましたか・・・偶然とは言え、ヤッタって感じですね~、嬉しいです(笑)
No title
「リル・スター」
いい曲ですね♪
キャン場で聴いてもいいし。
都会を歩きながらも
似あいそうです
No title
ふたたびどもです。

>逆に技術の進歩があったからこそ、このようなアナログ風
>サウンドも生み出せるようになったのではと思うんですけど、

その通りだと思います。あらゆるサウンド作りが可能な現代で、こういったサウンド指向の曲が出てくるところがうれしいですね。近頃の音楽もまだまだ捨てたもんじゃないって思いました。

ところで私も最近知って妙に気になる2000年代のバンドがあります。ぜひジオヤーさんにご意見をうかがいたいと思いますので、失礼ながらリンクを貼らせていただきますね。ご存知でしょうか、英語で歌ってますが、the band apart という日本のバンドです。
http://www.youtube.com/watch?v=oqVwj3ISh_Y&list=FLYRKyxGy_L5RJQLD0H50uDA

Re: さくらさん
いい曲と思ってもらえて嬉しいです♪
えぇ、キャン場(キャンプ場?)とか、都会を歩きながらっていうシチュエーションにも合いそうです。
和んだ、いい気分で聴けそうですよね。

そして、体調の方も大分回復されているようで、なによりです。
Re: さはんじさん
こんばんは

やはり、そうですか、このサウンドは、テクノロジーの進歩と関係してるってことで、アナログ風ではあるけれども、昔のそれとは、肌触りがちょっと違う気がするんですよね。現代風味もしっかりと加味された、やはり現代のサウンドといった気がするんですよ。若い人達の間では、そういった昔のサウンドを踏襲しつつ、今の音楽を作っていくみたいな流れもあるんすよね。で、まぁ、そんな流れに符合する感じで、このブログの存在意義もあるのかなと思ったりする分けですが(笑)
そして、さはんじさんと同様に、こういったサウンド指向の曲が生まれてくるのは、私も喜ばしいことだと思ってます。

で、さはんじさん推薦のリンクして頂いたバンドもまさにそんな感じ。ただ、音楽好きオタク系が好みそうな所に特化した感じは、ちょっと鼻につくかな~^^、でも、私もその内の一人になるとは思いますが、いろいろ聴き込んだ人にとっては、テンション上がる、こりゃたまらんって感じですね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。