スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

さむピーな時期のおバカ風ワイルド

一年で一番寒い時期は?、と訊かれたら、

1月の終わりから、2月の始めの頃と答えるのが

一般的だと思われますが、今はまさにその時期、

寒さもピークを向かえ、略して「さむピー」(意味が

まったく違ってしまうので、くれぐれも「む」を「ん」と

しないように・・・)と呼びたくなるような頃合いに

なりますけどね~、週が明けての月曜、そんな最中の

ブログ★ラヂオ、また今週もお送りしていくことになりますが、

今週は、そんな寒さにめげることなくみたいな感じ、

アッパーなダンス曲、ちょいおバカ風といった様相で、

寒いといった感覚を一時的にでも麻痺させ、忘れてしまえる

ようなサウンドでお送りしていこうと思ってます。

まぁ、乗れずに醒めた感じで聴かれてしまうと、

余計に寒さが増すという懸念はあるんですけど(笑)、

努めてノリノリで聴いて頂くことをお願いし、

オススメしたいと思います。

で、本日は、リック・ジェームス(Rick James)の登場、

となれば、曲は、1981年のヒットで、ファンククラシック

としても有名曲、「スーパー・フリーク(Super Freak)」

のピックアップで行ってみます。

アルバム「Street Songs」に収録された一曲で、後に、

M.C.ハマーが「U Can't Touch This」でサンプリングし、

ヒットさせたことでも知られてます。

とにかく、リフとなるフレーズが印象的で、これは、

歴代ヒット曲の中でも三本の指に入るくらいの

印象的なものなのではと思ってます。

リック・ジェームスというと、今で言うところの

「ワイルドだぜ~」っていうのを素で行った人、

破天荒でまさにファンキーな人生をまっとうし、

56歳という若さで、お亡くなりになられてます。

(詳しくはコチラWikiをどうぞ)

ただ、ファンクとロックを結びつけたような音楽スタイルと、

シンセサイザーを大胆に取り入れたサウンドは、

当時としては斬新で、後のヒップホップへと続くシーンの

中でも、多大な功績を残した人なのではと思います。

貼らせて頂いたPVも、まぁ、彼らしい下品なもの

なんですけどね~、男の願望、記事冒頭の「さむピー」な

時期、「さ〇ピー」的なものもここへの前振りって感じに

なってたりします(上手いけど下品、ひんしゅく(笑)、

原詞はコチラ、かいつまんだ詞の内容は、コチラ

サイト様で掲載されてます)

ということで、リック・ジェームスで、

「スーパー・フリーク」です。



Rick James - Super Freak





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。