スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

しなやかな若木の小枝のように過ごす冬

さて、今週は冬なので、冬に因んだ曲という

あまりにもストレートなテーマでお送りしできた

ブログ★ラヂオ、寒い冬を感じつつも、逆に楽しむ

くらいの気持ちで行ってみようということでもありました。

本日は、キャロル・キング(Carole King)の

「It's Going To Take Some Time」をピック・アップ、

大ヒットモンスターアルバム「つづれおり」の次作、

1971年発表の「ミュージックMusic)」に収録された

一曲ということで、まぁ、ちょっと地味なんですけどね、

それでも、やはり、彼女のメロディメーカーとしての資質が

存分に発揮され、キラリと光る癒しのメロディといった

曲になります。

で、これが何で冬に因んだ曲になるかと申しますと、

発売当初の邦題は、

「しなやかな冬の若木の小枝のようになりたい」と

長々しくもまどろっこしい、チャレンジングで

思い切ったものが付けられていて、詞の内容は、

挫折してしまったけど、しなやかな冬の若木の小枝のように、

折れ曲がりながらも、折れることはなく、次の機会(春)には

花を咲かせられるよう、そなえてるようでありたいと

歌われています(原詞対訳は、コチラのサイト様で掲載されて

ます)。折れるよりは、曲がった方がいいといった下りは、

なるほど勉強になるなぁといった感じです^^

まぁ、今は寒いですけど、ここは一つ春に向けて、

じっと耐えつつも折れずに、少しずつでも成長して

いきましょうみたいな感じで解釈したいと思います。

因みにこの曲はカーペンターズのカバー

コチラ←クリックで聴けます)もよく知られていて

そちらの邦題は「小さな愛の願い」と付けられてます。

(キャロル・キングについて詳しくは、コチラWikiをどうぞ)

ということで、キャロル・キング、まったりな週末

みたいなことにもなりますかね~、良い週末を♪、

「It's Going To Take Some Time」です。



Carole King - It's Going To Take Some Time





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。