スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

年の瀬の諸行無常

さてさて、いよいよ2012年もファイナルへ向けて

まっしぐら状態、もういくつ寝ると、お坊さんが二人で

和尚がツー、と思わず押し迫ったギャグも口走りたくなる

昨今ではありますが、大晦日までの残り数回となった

ココ、ブログ★ラヂオの更新は、年末気分が盛り上がるような

音楽のチョイスでお送りしています。

本日は、「エヴリシング・マスト・チェンジ

(Everything Must Change)」という曲をピックアップします。

原詞対訳はコチラのサイト様で掲載されていますが、

「なにもかもが変わっていってしまう、いつまでも同じ状態では

ありえない」っていう曲で、過ぎゆく時を思わず惜しんでしまう

年末の諸行無常といった感じには、もってこいな一曲になるかと

思います。

1974年発表のクインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)のアルバム

Body Heat」に収録されたのが初演となる曲で、そこでは、

この曲の作者自身であるベナード・アイナー(Benarad Ighner)に

よって歌われてる分けですが、以後は、ランディ・クロフォード、

ニーナ・シモン、バーブラ・ストライサンド等々、壮そうたる

歌手によってカバーされ歌い継がれる名曲になります。

(この曲については、コチラのサイト様で詳しく書かれてるので

ご覧頂ければと思います。クインシー・ジョーンズについて詳しくは、

コチラのWikiをどうぞ)

貼らせていただいてる映像では、シンプリー・レッド

ミック・ハックネルとチャカ・カーンのデュオで歌われていますが、

もちろん二人とも私のフェイヴァリットな歌手でもあり、見事な

歌いっ振り、さらには、素晴らしい演奏のライヴ映像になります。

ということで、クインシー・ジョーンズ、ミック・ハックネル&

チャカ・カーンで、「エヴリシング・マスト・チェンジ」です。



Quincy Jones, Mick Hucknall, Chaka Khan -

Everything Must Change





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
ジオヤーさん、絶句!

チャカの素晴らしいこと…
ランディとは全然違うけど、
この人は私が溶けちゃう
ファの使い手でもあるから、
ノックアウトされるみたい。
それからチャカの歌の冒頭は
フランス語かしら?
びっくりしました。
Re: PATTIさん
ここでのチャカ・カーンの素晴らしさは、ミック・ハックネルの歌で火が付いたって感じがしてるんですよね。やはり、この人は相当な負けず嫌いなんじゃないかと^^
ファの使い手・・・私は、浮遊感みたいなのを指してると理解してるんですけど、チャカ・カーンにも独特な心地良い浮遊感がありますよね。私もそんな感じ好きです。
これは、モントルージャズフェスの模様なんですけど、場所は、スイス、私も何語か分からなかかったのですが、歌の素晴らしさに変わりがないので、ま、いっかということにしました^^

これから、一泊の遠出で忘年会、行ってきま~す^^
No title
ファはファイトのファーじゃなくて?
ドレミのファ。普通誰でもミかソに行くところでファにいく。それが心地いいんです^ ^
お泊まりの忘年会?
私は日帰りですよ。
朝まで飲む人いれば飲みますが。
どうぞゆっくりお楽しみくださいませ^ ^
No title
いきなり親父がギャグで打ちのめされました(笑)
今年一年間本当にありがとうございました。
良いお年をお迎えください♪
感謝をこめて。
Re: PATTIさん
ミがソに行くところをファで行くってのは、何となく分かった気になりますが、それが、何故、ルートから4度の音じゃなくて、絶対音のファの音限定なのか、キーが変われば、ファとは違う音になるんじゃないのってのが、謎なんですよね~。ファーはファイトのファもキーが変われば、実際には、ファじゃなくなるはずだし^^

遠方に出かけて、昔の知り合いの所に行ってたもので、一泊してきました。
まぁ、朝まで飲んでましたが(笑)、疲れた~。
Re: さくらさん
親父ギャク、心に響いたようで嬉しいです^^
こちらこそ、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いしますm(_ _)m
良いお年を♪
No title
違う〜
移動ドのファですよ、もちろん。
キーがCで、ってのが基本で、その時
コードがCの時、ルートから4度、は、11th。テンションノート。その場合とか、
コードがE♭の時、ルートから2度、で、9th。これもテンションノート。そんな風に、コードが移動してるのに、名前を変えつつ、ファ、つまりキーがCで、4つ目の音であるファを鳴らし続けるのがファの使い手。私が勝手に命名したんだけどね。
Re: PATTIさん
やっぱりね、そうですよね、そういうことですよね^^
私は、絶対音のファの音にのみ反応すると勘違いしていて、すっげ~、何かオカルトチックと思ってました(笑)

因みに関係ないかもしれませんが、sus4とか11thのコードの響きって、カッコいいと思います。まぁ、何も押さえないで、ギターをボロロンって弾いた時のコードだったりもしますが^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。