スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

年忘れゴージャスダンス

とうとうクリスマスも終わり、今年もあとは、年末大晦日を

迎えるだけという感じになってます。その前に、大掃除、

年賀状等、「やらないと」、と焦燥感に駆られるのも、毎年

この時期ならではとなる分けですが、ん~、今年も終わって

しまうんだなぁといった感覚が、実感として込み上げてきたりする

ところでもあります。

ってことで、今年末に向けて、数回の更新を残すのみとなった

ブログ★ラヂオは、年末気分が盛り上がるような音楽でお送りし、

2012年を締めくくってみたいと思ってます。

本日は、ビヨンセ(Beyoncé)の「エンド・オブ・タイム

(End Of Time)」をピックアップです。

まぁ、タイトルのまんま、年の終わりにはいいだろうって

感じですけどね^^(訳詞、原詞はコチラのサイト様で

掲載されてます)、貼らせて頂いたPVのハデハデでゴージャスな

ダンスが、年忘れといった趣きで、全てを忘れさせてくれる一時を

提供してくれるものと思います。

・・・というか、今年流行った、「江南スタイル」(コチラ←クリックで

見れます)を若干思い出しましたが(笑)

「エンド・オブ・タイム」は、現在のところビヨンセの最新アルバム、

2011年発表の「」に収録された一曲になり、マーチ風といった感じ

ですけどね、最先端を行くような奇抜で凝ったリズムアレンジは、

さすがということになるかと思います。

(皆が知るビヨンセ、必要ないとは思いますが、詳しく知りたい

方はコチラのWikiを)

ということで、ビヨンセで、「エンド・オブ・タイム」です。



Beyoncé - End Of Time






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんにちは!

年賀状、まだなんですか!?
これやり終えると本当に肩の荷がおりたみたいにすっきりするんですよね。
わたしは15日頃に仕上げて、すでに解放されてるんですけど、ジオヤーさんも早く開放感を味わえると良いですね。

このPV、躍動感で聴いてるものを巻き込んでいくような感じがして面白かったです。ラテンのようなパーカッション使いとはまったく別の次元のリズムの煽り方というか、椅子にかじりついて座っているような精神状態でもかなり煽っていくんじゃないかなと思いました。

わたしは音楽を聴く時は旋律とか和音構成に気を惹かれることがあって、複雑な和音構造で独特のニュアンスを出したり、洒落た雰囲気を作っていくようなのが結構好きで、リズムのほうはラテン的な狂騒感は好きではあるけど、どちらかというと背景で音楽の骨格を作っていく役割のようなイメージが強いです。
でもこれ聴いてると、和音で複雑な構成をとって曲にニュアンスを与えていくような方法論で、ボーカルもリズムパートに取り込みながらリズムを組み立ててるような感じがして新鮮な感じを受けました。だから和声構造の複雑なニュアンスが好きという感覚の延長上でリズムを体感できるというか、メロディが一番最初に頭に入ってくるタイプの人間でも凄く上手く馴染んでウキウキとした気分を引き出される感じで聴けて面白かったです。
最先端を行くような奇抜で凝ったリズムアレンジ、まさしくそんな感じですよね。リズム楽器でいろんな表情のリズムを作るって、音階があるわけでもないからかなり難しいと思うけど、本当に洗練された形で上手く構成してあると思います。

これ、CDで聴くよりもダンスしてるのを見てこそ面白いというか、CDがあまり売れなくなってるのも妙に納得するようなところもありますね。CDで家で聴いていてもこのPVを見たときに感じる何かはやっぱりちょっと物足りない形でしか入ってこないかもしれないなと思いました。

それとちょっと吃驚したのが客席で平気で写真か動画を撮ってること。一昔前だとそれこそ厳重注意の対象になる行為なのに。
Re: No title
こんばんは!

年賀状ね~、困ったもんですが、明日までには、何とかやり終える予定でいます。
ポストに投函した時には、ホント解放されたという気になりますよね、頑張って早くその気分を味わいたいと思います。

このダンス、躍動感、凄いですよね。まさに、煽られるって感じ。薄荷グリーンさんも、このPVを見て、年忘れ的な煽られ方をされたようで良かったです^^

私は、薄荷グリーンさんとは、逆に、リズムから入っていくような音楽の聴き方を結構します。ジャンルもリズムの様子で分けてたりするんですよね。例えば、この曲などは、一般的にカテゴリーは、R&Bということになるんですけど、私の中のリズム的ジャンル分けといったところでは、ロックです。黒人音楽の土着的であったり、人肌的な要素の濃いリズムとは違う、もっと意識的に作り上げられたロック的なビートという気がします。薄荷グリーンさんの言われるように、和音で複雑な構成をとって曲にニュアンスを与えながらも、メロディパートであるボーカルも含め、みなリズムに収れんされていくみたいな方法自体は、実は、ロックの試行錯誤、実験的な音楽の世界では、ニューウェイブの頃にはあったように思うんですけどね、それが、今になって熟成されてきたという見方もできると思うし、ビヨンセのような、才能もあり、バリバリのR&Bシンガーと結びつくことによって、よりこなれて、洗練されエンターテイメントとしても成立しているみたいなことにもなってると思うんですよね。このようなロックと黒人音楽の結びつきは、シーンの先端といったところでは、これからも行われていくでしょうし、刺激的な新しい音楽は、やはりこの辺から生まれてくるんじゃないですかね。

とは言いつつも、やはりこのヴィジュアルイメージは強力ですよね(笑)、仰るように、CD聴いてるだけでは、これほど強く印象に残ることはないと思います。でも、気軽に音楽を楽しむっていう段階に移行すれば、音だけのCDってのもまだまだ、それなりの価値は残ってる気もするんですが、どうなっていくのでしょう^^

ホント、今は、客が写真や動画を撮るの野放しなんですね。会場へ入場する前のチェックって無くなったんでしょうか。
多分、ネットを通しての公開というのまで考えてのことなのかな、無料で宣伝してくれる分けですし(笑)
これは、これからの時代ってのも示唆してるように思えるんですけど、やはり独占よりも共有というのがキーワードになってきそうです・・・なんてことを考えてると政治家達の考えてることは、古いって気がどうしてもしてしまいます^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。