スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

オシャレ・ボッサ・スタンダード

今週末には3連休となる人も多いのでは、ということで、

今週のブログ★ラヂオは、おそらく今シーズン最後となるで

あろう秋の行楽へとお出掛けしたくなるような、そして、

お出掛けの際のお供にももってこいな、秋ムードのBGMといった、

ジャズなテイストのサウンドでお送りしています。

本日は、スタンダードナンバーになる「リカード・ボサノヴァ」

という曲のピックアップ。ポルトガル語題は「Recado」、英語題は、

「Recado Bossa Nova」 または、「The Gift」といった風に

呼び方もいろいろだったりする曲なんですけど、元々は

ポルトガル語で書かれた曲で、「Recado」は、「贈り物」

または「伝言」を意味します。(詳しくは、コチラWikiを)

で、今回登場のアーティストは、イーディ・ゴーメ(Eydie Gormé)。

アメリカのシンガーになりますが、この人が1963年に、

「ザ・ギフト」というタイトルで取り上げたところ、好評となり

以降ジャズのスタンダードナンバーとして定着するようになります。

伸びやかな歌声で、軽やかに歌われていて、ホント、

歌上手いっていう印象、ピッチの正確さは驚異的とさえ思えます。

なので、あまりにもスムーズ、引っ掛かりのない歌いっ振りでもあり、

その分、印象は薄くなってしまうということにもなるのでしょうかね、

ここ日本では、いまいちパッとした人気に繋がっていない

ということにもなるようです。

アルバム「Blame It on the Bossa Nova」に収録されていて、名盤の

誉れ高きものになるんですけど、現在は廃盤状態だったりします。

amazonでは、中古価格でも結構な高値が付けられてます^^

そして、この「ザ・ギフト」という曲、イーディ・ゴーメの名唱と

いうことで、このアルバムの盤以外にも収録されてるベスト盤やら

コンピレーションがあるかと思いきや、探してみましたが

見つかりませんでした。さらには、iTunesにもないってことで、これは

ちょっと、冷遇され過ぎといった感じ。これじゃあ、干されてるのと

あまり変わらないなぁ(笑)

・・・といことではありますが、このマイナー調のメロディでありながら、

軽快なボッサのリズムという様子が、秋の行楽、お出掛けソング

としてはピッタリといった感じ、さらにはすこぶるオシャレな雰囲気

でもあるイーディ・ゴーメで、

「ザ・ギフト(リカード・ボサノヴァ)」です。

(イーディ・ゴーメについて詳しくは、コチラのWikiを、

原詞対訳はコチラ、シンガー千坂あつこさんの「お歌のおけいこ日記」で

掲載されてますので、是非!)



Eydie Gorme - The Gift(Recado Bossa Nova)

(原詞対訳付で聴けるYouTubeはコチラ←クリックで、

ん~、でも、ダイアナ妃か~、なるほどね~、深いです)






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
ジ、ジオヤーさんこのアルバムが私の教科書で、可愛いラテン訛りが好きなのはこの人の影響と知ってのアップですか?あ、もう…私も去年取り上げました。この曲、日本では、何かのコマーシャルに使われ、一躍有名になったそうですね。私、アルバム持ってます*\(^o^)/*
ジャズ仲間には羨ましがられました^ ^
もちろん、レパートリーですよ。アップできそうなのあるか、調べてみよっと!
No title
こんばんは!

イーディ・ゴーメはわたしが一番好きな歌手。全然話題にならないのでいつも歯がゆく思ってる歌手でもあります。
自分のブログでも何度か書いていて、とにかくこの人、歌が上手いんですよね。声質の良さと絶妙のビブラートのコントロールに驚嘆してます。完璧すぎて、声質とかに波長が合わなかったらそれっきりで、他に引っかかるところがほとんどない状態になってしまうのが弱点といえば弱点だと云うのもわたしと同意見ですね。もっと売れてもいい歌手だと思うのに。アメリカではラスベガスの大御所だったりするんですけどね。ラスベガスとかに出てそうな歌手って言うジャンルそのものが日本では勢いがなくなっているようなところもあるかもしれないですね。
Blame It on the Bossa Novaは最近日本盤が再販されたから、わたしのブログのイーディ・ゴーメの記事に貼っていたリンクを直したことがあったんですけど、今見たらこれもあっという間に廃盤になったみたいです。CDがほとんど手に入らない状態になっているのもあまり知られない原因になってるんでしょう。ボッサでジャズでお洒落で凄い楽しいアルバムなのに。ただこの人日本ではこの曲がCMに使われたためにボサノヴァの歌手と思われてるところが多分にあるけど、ボッサの歌手だと思って他の曲を聴くとちょっと違和感があるかもしれないです。ボサノヴァを期待して色々聴いてなんか違うと思って離れてしまう人もいるかもしれないです。

ともあれイーディ・ゴーメ普及部隊の一員であるわたしとしては、ほんとうにもっと広まればいいなぁと思っている歌手です。
No title
ジオヤーさん、歌はまだ見つかりませんが、私、2回も記事を書いてたので、リンクしますね。

http://blog.livedoor.jp/pattialice22/archives/436391.html

http://blog.livedoor.jp/pattialice22/archives/1568109.html

実は実は・・・大御所ギターの寺井せんせとやったYouTbeに上げてるAlmost Like Being In Loveは、Eydieのコピーから始まりましたが、何度も歌ううち、4ビートになるわ、歌い方もすっかり自分流になるわで、もはや、面影もない?ですね。
Re: PATTIさん
まぁ、今回は、まずはこの曲ありきのアップで、カバーしている人、何人か聴いてみて、やはりイーディ・ゴーメのバージョンがしっくりくるし、良いということでチョイスした分けなんですけど、そうでしたか、PATTIさんの教科書だったんですね~。確かにもの凄く歌上手いしお手本にするにはもってこいと思います。ってか、その記事も新たに見させてもらいましたが、見覚えあります、英語の発音まで多大な影響を受けてたんですね。さらには、訳詞もされていて、勝手ながら関連記事としてリンクもさせて頂きましたm(_ _)m

この曲は「セブンスターEX」のCMに使われたってことで、この曲が目当てというだけでも、このアルバム欲しいという人は大勢いると思われますが、やはりアルバム持ってるのはかなりの自慢になるでしょうねぇ、私も羨ましいで~す^^
えぇ、是非、音源あるのでしたら聴いてみたいです♪
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

ムム、京都の紅葉はまだという話が消えてますが~^^
ひょっとして、色づき始めたということでしょうか?、できれば今年もまた紅葉の写真、堪能させて頂ければと思ってます^^

えぇ、最近も「彗星絵具箱」では、イーディ・ゴーメ取り上げてましたよね。薄荷グリーンさんのイーディ・ゴーメ好きは知ってましたよ。私もそこで聴かせてもらって、この人ホント歌上手いと思いました。確かに、ビブラート、自分の思い通りにコントーロールしてるって感じです。そして、ところどころ表情を変えて歌ってますけど、全て意志のもとに自在に声を操ってるという感じ、そして、ピッチは決して外すことはないっていうね、上手いなぁと思います。ただ、そうやって全てが完璧にコントロールされてるって印象が、クールに聴こえてしまって面白味に欠けるということにもなるのかなぁ。まぁ、世の中何事にも、長所の裏には、必ず短所があるってことになりますか(笑)
で、そうですか、ラスベガスでは、大御所だったりしますか。というと、トム・ジョーンズとかバリー・マニロウみたいな感じかな~。となると、やはり今の日本では、そうは有り難がられない感じにもなりますよね。
CDもamazonを覗いてみたんですけど、まともに売られてるのはごく僅か、初心者には取っつきにくい状況です。だいたい、日本で一番有名なこの曲が普通にCDでは聴けない状況というのは、レコード会社もなんとかした方がいんじゃないですかね~。
イーディ・ゴーメは、基本はポップスの世界に身を置く人になるんですかね。なので、ラスベガスでもそう違和感もないということになるんでしょうけど、ボサノヴァやジャズといったところだけに焦点を当てたような人達は、引いてしまうってことにもなるのかな。

そうそう、薄荷グリーンさんは、イーディ・ゴーメのコミュニティにも参加してるんですよね。ネットの孤島と化してるようですが・・・^^、少しでも普及活動の力になれたのなら幸いです^^
Re: PATTIさん
記事中にも先のコメントに書いた通りリンクさせてもらいました。

ジョー・パス先生とのセッション、再びYouTubeで聴いてきました。
いやいや、これはこれで、良いですよ、でも、なるほど、キュートなラテン訛りは、イーディ・ゴーメ譲りというの分かりました^^
No title
Linkありがとうございますm(_ _)m
2008年は、リンクって機能を知らなかったの^^;
私のところでもお礼言いたかったのに、睡魔に負けました
Re: PATTIさん
いえいえ、ご丁寧に恐縮です。

こちらこそ、前回の記事でリンクして頂きありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。