スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

妖しい癒し

先週までの暑さが嘘のように、今週は秋の気配漂う

過ごしやすい気候の毎日になってます。

ということで、今週のブログ★ラヂオは、夏の過酷さを

乗り切った体を癒すべく、まったりなネオ・ソウルのサウンド

ということでお送りしてきました。

本日は、そのラストということで、私の中では、大トリを

務めるのはやはりこの人をおいて他にないって感じの

エリカ・バドゥの登場で行ってみます。

今では、一部ではエリカバ様などとも呼ばれ、

半ばカリスマ的存在といった様子も呈してきてるようですが、

デビューの時は、ネオ・ソウルの草分け的存在、その礎を築きつつ

ブームの波に乗り大きな評価を得た人になります。

(詳しくはコチラWikiでどうぞ)

アップの曲は、1997年発表のデビューアルバム

Baduizm(バドゥイズム)」に収録された1曲で

「ネクスト・ライフタイム(Next Lifetime)」です。

セカンドになる傑作ライブアルバム「Baduizm Live」にも

収録されてます。

貼らせて頂いた映像はその当時のものですが、ん~、妖しい、

まるで巫女さんかシャーマンのようといった印象ですけどね、

ネオ・ソウルはオーガニック・ソウルなどとも呼ばれることが

ありますが、まさに、オーガニックな感じ、大地に根ざした

佇まいといった様子です。

このジャンルの男性シンガーは、どちらかというとエロスの方向を

向くの対して、オーガニックな大地に根ざすみたいな、ある意味

力強いといった印象は、前々回に登場したジル・スコットなども

そうですけど、女性シンガーの方が大いに発揮している

ということになりそうです。

最近のエリカ・バドゥは、ネオ・ソウルというよりは、

どちらかと言うとロック寄りに舵を切ったような活動を

続けていていますが、それでも、時代をリードしていくような

才覚の発揮振りはとどまるところを知らずといった様子、

今後の活躍もますます期待できる人でもあります。

というこで、エリカ・バドゥで、「ライフ・タイム」です。



Erykah Badu - Next Lifetime





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

おはようございます。1stとライブ盤は、いまだに、のめり込めます。(後発作品は押し入れ行き…)ンデゲとか、エリカバ様とか、お前らホントにリスペクトしてんのか?オラ(怒)…とか言いたいけど言いません。もめ事嫌いなんで。
Re: hideさん
こんばんは。

初期の頃のエリカ・バドゥ、今聴いてもいいですよね!、凄いです。
そりゃもう、皆で存分にリスペクトしないとですよね!
なんかちょとこわっ
ジオヤーさん、たらいま~

昨日、今日の会場のすぐ近くで別のイベントに出ておりました。で、たまには一人でホテル泊なんて思ってたのに、
中止と決まり、うちに帰るほどの体力もなかったので、中間地点の実家にお泊りしました。
朝、暴風雨の中、帰ってきたの。あ~やれやれ。
今頃は演奏してる時間だ。決行してたら大変でした。
実行委の早い決断でゆっくり出来たし。残念だったけど、一番いい決断でした。

hideさ~ん!ちょとこわっ!
そ~っとそ~っと・・・退散っ
あたしぁ~ねえ!怖くも何とも無いんだよ(怒)浅香光代風。ですよね?ジオヤーさん。コチラ、津市は台風の目の為、風雨止んでいい天気です。(^-^)
Re: なんかちょとこわっ
PATTIさん、お帰りなさい。

ビッグバンドライブの中止は残念でしたね~。
まぁ、台風相手じゃ、しゃーないですよね。
でも、早めの決断で実家でゆっくりできたとのこと、良かったです。
次の機会があること願ってます。

hideさんは、こわいというか、まだまだ若さ溢れる熱さをお持ちの方とお見受けしました^^
まぁ、音楽というのは人を熱くさせるものでもありますが。
Re: hideさん
浅香光代(笑)、ってか私は浅香光代、かなり恐いと思ってますが(笑)
ほ~、台風の目ということは、ほとんどもう通過したということになりますよね。
ということは、こちらも明日には台風一過のいい天気、期待できそうす。
No title
こんばんは!
台風のほうは大丈夫でしたか?
わたしのところはすぐそばをかすめて通り過ぎたのにそれほど酷い雨風にもならずに、ちょっと強めに降ってるかなという程度で収束していきました。
とりあえずやり過ごせてよかったというところなんですけど、台風の進路がまっすぐにこちらを向いているというのはやっぱりあまり精神衛生には良くないですね。今来るか今来るかと緊張して待っていなければならないからそれだけでも疲れてしまいます。

この曲、カラオケに入ってても誰も歌えないだろうなぁというのが第一印象でした。言葉に内在する何かを引き出してそれを口にすると結果として歌になって放たれていくような感じというか、上手くいえないけど、それがジオヤーさんが言うオーガニックというののわたしの感じ方なのかなと。言葉から何か歌的なものを引き出してきてるような感じがシャーマンっぽいイメージに繋がってるのかもとも思ったりしました。背景でお香なのかな、煙がたなびいてますけど、こんな感じでたゆたいながら空間に広がっていく歌という手触りで、こちらの感覚も漂うように誘われてる感じがしてきて聴いていて面白かったです。
でもわたしはシャーマン的な上にちょっとホラーっぽいイメージが重なって怖かったですよ。首を傾けて歌う次の瞬間にもっと首が傾いてにやりと笑うんじゃないかって想像したところがあったから。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

台風は、まさに真上の上空を通過していったようなんですけど、通過中の時だけ雨風ともに強まりましたが、時間的には短かくて被害もなく助かってます。台風の進むスピードが速かったんでしょうね。その前後は嘘のように晴れてます。昨日の午前中などは、ホント天気良くて台風が来る様子なんて微塵もなかったのですが、テレビを見ると間違いなくこちらに向かってる様子、どうなるんだろうと思ってたら、午後になるといきなり暗くなって雨が降り出したって感じです。晴れてるのに、明らかに台風がまっすぐにこちらに向かってるというのは、かなり変な感じでしたけどね、仰るようにその間の緊張感というのはやはり嫌なものでした。まぁ、お互い被害がなくて良かったです。

えぇ、これカラオケで歌えたら凄いっていうか、やはり誰も歌おうと思わないでしょうね^^
口から出た言葉がそのまま歌になってるっていうのは、そうですね、よく言い当ててると思います。これって、ヒップホップ、ラップ以降の音楽の一つの特徴のようにも思います。ラップ的なものが歌にも影響与えてるみたいな。あと、薄荷グリーンさんが言う、言葉が歌になるっていうのは、変な例えですけど、お経みたいな感じですかね、または、呪術とか、確かにそんな感じもあります。それがオーガニックな印象を与えるというのも分かります。もちろん、そこからシャーマン的な感じにも繋がっていきますよね。そして、背景のようなお香のような煙がたなびいているのも、これは、最近のアロマとかに結びつくってことになりますかね。呪術とか言っても、音的には、昔のブードゥとかとは違う都会的で非常に洗練されたものになってて、その辺もまた都会生活者が癒しを求めるアロマ的な感じがするようにも思います。とにかく、ミステリアスだったりスピリチュアルだったり、引き込まれて聴いてしまうって感じはあったのではないでしょうか。
あと、怖かったですか。まぁ、ちょっと妖怪ぽいってのもありますかね。都会的ではあるけど、土着的でもあるみたいな、やっぱ何か分からないけど「オーガニック」って言葉がもっとも適切に言い当ててるように思ってしまうんですよね^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。