スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ファンク兄弟とイチゴ通信

まだまだ日中は暑さの残る昨今、でも、時期的にそろそろ

秋に向けた音楽でお送りしようということで始めた

今週のブログ★ラヂオ、シックな秋の装いでありながら、

元気なファンクといった感じで、暑いけれども気分は秋という

微妙なイメージの表現で音楽をチョイスってことになりますが、

本日は、ブラザーズ・ジョンソン(Brothers Johnson)の

「ストロベリー・レター・23(Strawberry Letter 23)」を

ピックアップです。

ブラーザーズ・ジョンソン、訳してブラジョンなどとも呼ばれて

ましたが、何て言うかですね、非常に懐かしい響きだったりする

分けです。1970年代から80年代にかけて、ディスコから

ブラコンへと黒人音楽が変遷していく中で、非常に人気があり、

今にして思えば、先頭に立ってリードしていた感のある人達に

なります。兄でギタリストのジョージと、弟のベーシスト、

ルイスのジョンソン兄弟によるグループです。

特に、ルイス・ジョンソンのベースは、有名で、

ラリー・グラハムと並び称され、スラップベースの元祖として

知られてます。「サンダー・サム(嵐の親指)」・・・

って凄いですけど^^、当時はそう呼ばれ、人々の称賛

を得ていました。レコーディングアーティストとしても

多数のアルバムにゲスト参加していて、マイケル・ジャクソンの

超ヒットアルバム「スリラー」にもその名を連ねています。

(詳しくは、コチラWikiをご覧下さい)

まぁ、この辺のマイケル作品への参加は、クインシー・ジョーンズ

繋がりということでもあるんでしょうけど、元々は、この

ブラザーズ・ジョンソン、クインシーに見出され、プロデュースの

後ろ盾を受けデビューし、ヒットを飛ばした人達になります。

で、今回ピックアップの「ストロベリー・レター・23」もクインシーの

プロデュース、1977年発表のセカンドアルバム「Right on Time」に

収録され、シングルとして大ヒットしてます。

私は、今回、この曲について調べてて初めて知ったのですが、

シュギー・オーティスという人のカバー曲となり、

オリジナルをコチラのYouTubeで聴いてみたんですけど、

いやいや、オリジナルもかなり完成された素晴らしいものでした。

それを、ブラジョン流に、というかクインシー流に、ファンクな作品へと

仕上げられ、多くの人に知られるようになった一曲ということに

なってます。詞の内容は、彼女からの手紙はイチゴの香り

(若しくはイチゴ柄の便せん?)で、その22通目が届いた、

嬉しい、ワーイ(^^)/って感じの内容。で、この曲がその返事、

23通目になる分けです。

コチラのサイト様で、訳詞も掲載されていて、曲解説も

詳しく書かれてます。原詞はコチラ

ということで、貼り付けさせて頂いた映像、ご覧頂きたいと

思いますが、この二人、しみじみ見ると、やっぱ左利きと右利きってのが、

絵になってるんだなぁと思ったり、まばゆいばかりの光が神々しく

きらびやかなディスコって感じのノスタルジー、あと、途中のかなり

印象的で、この曲の肝といってもいいギターソロは、実は

リー・リトナーによるもの、なんてことも付け加えつつですね、

ブラザーズ・ジョンソンで、「ストロベリー・レター・23」です。



Brothers Johnson - Strawberry Letter 23





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
おはようございます(^^)

ちょっとだけ・・・のつもりが、この記事も熟読いたしました。
こんな時間になっちゃった!

夜にも一度うかがいます。
ではまた~(#^.^#)
Re: PATTIさん
こんにちは

熟読、嬉しいです♪
でも、仕事、遅刻しないようにしてくださいよ^^

またのお越し、待ってます♪
No title
ジオヤーさん、お待たせ~~

いやぁ、George兄ちゃん、かっこいい!男前!歌、旨っ!

でもやっぱり・・・ルイスのベースが好きv-238
見た目とってもワイルドなのに、音は上品で、丁寧ですよね

兄ちゃんのギターも後半、
タッタリリラ、タッタリリラ・・・とまるでキーボードのようでいいですぅv-10

オリジナルも聞きましたよ。遅刻ギリギリセーフ!(笑)
この時から既に、ベースラインの強調された曲ではあるのですね。タッタリリラもあるし(^^)。しかもこっちのは長い~~~

ほんと、クインシーって、見つけてくるんだ・・・いい曲。

ブラジョン、マイルドでいい!めっちゃ好き!

No title
ちょっと読みが浅かったね、タッタリリラ、リトナー?
え?お兄ちゃんは弾いてるふりしてるの?
な~んやっ(T_T)
でも歌旨いから許す。
Re: PATTIさん
ハイ、お待ちしておりました。
って、返事遅くなってますけど^^

兄ちゃんカッコよかったですか、良かったです♪
なんか、怪しい業界人って感じでもありますが(笑)
でも、優しそうですよね。そんな感じが歌にも出てます。

「ルイスは音が上品で丁寧」、確かにそんな感じします。
スタジオミュージシャンとして活躍できたのも頷けるところです。
クインシー・サウンドの中でも結構重要なポジションを担ってたんじゃないでしょうか。

オリジナルも、ホント、いいと思いました。
そう、元々、リズムアレンジも結構いい感じになってますよね。
あと、タッタリリラが長いのは、サイケデリックって感じです。

やっぱこれ、クインシーが見つけてきたんでしょうね~。
サウンド選びとか、人の発掘とか、選んでくるってのに長けた人なんでしょうね^^

タッタリリラ、いろいろ調べてたら、どうもリトナーってことのようです。
まぁ、ミスなく正確にギターを弾くことでは、リトナーの右に出る人はいないって感じですしね、決められたフレーズでもありますし、そこは、クインシーの一声でレコーディングではリトナーが呼ばれてしまったってことになるんですかね^^
多分ライブではお兄ちゃんが弾いてるとは思いますけど・・・歌、上手いってことで許してもらえて良かったです^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。