スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サマー・ナイト・ライツ・ロマンス

お盆も過ぎ、時候は残暑となりますが、ここへきて、

暑さは最高潮となってます。今年は、ここ何年間の暑さに比べたら、

夜なんかでも気温は下がってたりしていて、少しはいいかなと

思ってましたが、最近3日間くらいですか、もう爆発的に暑い。

夜も熱帯の様相を保っていて、いっこうに気温が下がらず、

さらには蒸すっていう、頑強でゆるぎのない暑さが居座っている

といった感じです。

ってところで、そんな絶好調な暑さを迎えてしまった今週、

ココ、ブログ★ラヂオは、寝苦しい夜であっても

快適癒しのサマー・ナイト・ミュージックということで

お送りしてまいりました。本日は、ジェリー・マリガン

(Gerry Mulligan)の「ナイト・ライツ (Night Lights) 」を

ピックアップです。

1963年発表のジェリー・マリガンの名盤とされる代表作

ナイト・ライツ (Night Lights) 」収録のタイトル曲です。

ジャンルはジャズになりますが、ちょっとイージー・リスニング風

肩肘張らずに聴けるリラックスな一曲です。ジェリー・マリガンは、

本来は、バリトン・サックス奏者になりますけど、

ここではピアノを演奏しているのですが、とても流暢という感じはなく

たどたどしいといった気さえしてしまう分けなんですけど、それが逆に

聴くものを惹きつけるようで、とにかく、丁寧に弾かれた

優しい音色が癒しです。出だしのワンフレーズから捕らえられ

最後まで聴いてしまうという名演となるんじゃないでしょうか。

トランペットは、アート・ファーマーの演奏になります。

あと、貼らせて頂いたYouTubeのゴッホの絵、

「Starry Night Over the Rhone」っていう作品のようですが、

それも非常にマッチしていていい感じです。

ということで、かなりまったり、オシャレな週末をロマンティック

に演出みたいなことにもなりますかね^^、ジェリー・マリガンで、

「ナイト・ライツ」です。

(ジェリー・マリガンについて詳しくはコチラWikiでどうぞ)



Gerry Mulligan - Night Lights






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

まさかまさか
こんばんわ、毎度お騒がせです(^^)

こちらで敬愛するジェリーマリガンが、聞けるなんて!

ん?バリサクではないの?
ピアノ~!

本当に、ぼくとつな感じで、キュンてしますね…メモメモ!リストに追加よ!あ、でも怪しくはならないわ、消しとこか?(笑)
ジェリーマリガン。私、前にアップしたと思うけど出てこないの…バーニーズチューンです。チェットベイカーとビシーっとソリを決めてる、かっこいいのんです
Re: まさかまさか
PATTIさん、こんばんわ。
いつもありがとうございます。

えぇ、私も意外に思いますが、実はYouTube漁りしていて見つけたもので、いつかアップしたいと思ってました。
そうですか、敬愛されてたんですね、さすが、渋いところ押さえてます^^

でも、今回はピアノ演奏ってことですけどね、そうそう、ぼくとつな感じで胸キュンっての分かります。そこは女性も同じ感覚のようで、これもメモしとこうと思います(笑)
バーニーズチューン、聴いてきました。ピアノレスのシンプル演奏、チェット・ベイカーとの一騎打ちみたいな感じもあり、ホント、カッコいいです。
No title
ジオヤーさん、ふたたびです。

聴きに来たのと、お話しに来たのと。

まず、聞きに来たのは、このピアノの演奏聴くと思い出す人がいるので、聴きたくなりました。ぼくとつで、キュンてなる、そんな人。不器用そうで、抜けてるけど、真っ直ぐなとこだけが取り柄っていうか・・・いるよね?そんなひと。思わず笑顔になってしまう、そんなひと。

お話しに来たのは、バーニーズ・チューンについて。
私には楽譜漁りの趣味があって、リアルブックなどをパラパラめくって、知らない曲を歌ってみるんだ。そうしてるうち、すごくいい曲にめぐり会えます。
この曲は、そんな中の1曲。ずっと歌いたいと思ってたけど、なかなか知ってる人もなく。
去年の4月、偶然ってあるのね。平松くんPになにげなく「バーニーズ・チューンって知ってる?」ときくと、ものすごく嬉しそうな顔をして、この、マリガンとベイカーのがあるよと教えてくれたの。で、YouTubeでみつけた。このハーモニーの素晴らしいこと!
この曲をやるなら、テーマはヴォーカル2人でこれをコピーしたいと思うようになりました。だから、まだ、1度も歌ったことありません。音は既にとって、譜面にしました。

まあ、こんな話です。本の去年からのことだけど、
ジェリー・マリガン。こんな敬愛。(笑)
No title
こんにちは!

本当に暑いですね。夏のほうもここぞとばかりに最後の力を振り絞ってるみたい。今日はそうでもなかったけど、おまけにこのところ天気も不安定で、やたら豪雨が降ったり雷が落ちたり。先日京阪電車に乗ってる時、落雷で電車がストップ。結果的に40分ほど閉じ込められてました。
おなかの調子が悪い時にこんな目にあったらこの世で一番悲惨な体験になってたと思います。

このピアノ、時間がゆっくりと流れていくのが目に見えるようで良いですね。カクテル・ピアノっぽい印象だけど、耳をつかんで引きずり回すような演奏だけじゃなくて、そういう風に聴ける演奏も結構好きだったりするから、夏の暑さにささくれ立ってる気分もなだらかになっていくような気がしました。
ジェリー・マリガンって名前は知ってたけど聴いたのは初めて。といってもこっちが本業じゃなさそうなので、本当に聴くとしたらバリトン・サックスのほうも体験してみないといけないんだと思いますけど、このピアノもなかなかのものだと思います。このエピソードで、手の空いてるホーン奏者がサポートで一部ピアノを弾いてるというアルバム(確かグラント・グリーンのものだったと思うけど)があったのを思い出して、ひょっとしたらジャズ・ミュージシャンで基礎的な素養としてピアノがひける人って結構多いんじゃないかなと思ったりしました。
訥々として弾いてる感じの素朴な音がかえって情感がこもってるような感じに聞こえてよかったです。こういうの結構好き。
Re: PATTI さん
こんばんわ

まぁ、言うなれば、高倉健さんのようなピアノって感じでしょうか(笑)
で、恋多きPATTIさん的には、元カレを思い出したってこと?^^
そうですね、います、そんな人。でも、頭の固い、頑固なところにちょっとイラっとしてしまう時もあるかな(笑)

なるほど、バーニーズチューンにはそんないきさつがありましたか。
ちょっといい話ですね。
私の思うところは、ヴォーカル2人と言わず、楽器やる人との掛け合いハーモニーでも面白いんじゃないかという気もします。
PATTIさんのブログの登場人物で言うと、ジェニファーさんあたり、いんじゃないでしょうか^^

そっか、そんな敬愛・・・どうりで、ジェリー・マリガンのおそらく一番知られてると思われるこの演奏を、初めて聴く様子でもあった分けだ^^
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

ここのところまた治まってるようですけど、お盆の終盤あたりからの暑さは凄まじかったです。最近感じるのは、日が短くなってきたなぁってことなんですけど、そろそろ夏も終わりに近づいてるってことですかね・・・いや、いや、暑さに関してはまだまだ油断できそうもないです^^
関西の豪雨は、こちらでもニュースで伝えられていて心配してましたが、ご無事そうでなによりです。それでも、電車に乗ってて被害に遭われましたか。40分っていうのはかなり長い時間でしたね。ホント、お腹の調子が悪かったらなんて、考えるのも恐ろしいですが、元々体調に不安をかかえるて人とか、妊婦さんとか、お年寄りとかいたんじゃないかと思いますしね~、最近のゲリラ豪雨、いろいろと対策を考えないといけないといようになってきてるのではと思います。

流暢に弾かないピアノ、ひょっとしてちょっと練習したら弾けちゃうんじゃないかと思えるピアノなんですけど、でも、こういうスタイルで成功してる人はそんなに知らないですしね、アイデアだったり、ニュアンスだったりってところで、普通の人が弾くのとは、一味違うものがあるんでしょうね~。イージー・リスニング風、カクテル・ピアノっぽくもあるんですけど、即興性を重んじた一発勝負のジャズといった雰囲気も十分に伝わってきます。
ジェリー・マリガンのバリトン・サックスの方もYouTubeで聴いてみましたが、こちらは、うって変わってこのピアノとは全然違う印象、バリバリ吹いてます。これはこれで、バリトン・サックスが珍しいっていうこともあって面白く聴けるものでした。そして、ピアノも弾くとなると、実はこの人は相当器用な人となるのかもしれないですね。
ピアノって譜面をもっとも分かりやすい形で、視覚化してる楽器って気がするんですけどね。なので、楽譜が読める人は、ある程度なら頭で弾けてしまうんじゃないかな~って思ってるんですけど、マイルスとかピアノの前に座って何やらしている写真よく見ますが、カッコいいですよね~^^
えぇ、情感を込めて弾かれている感じは、私も凄くしました。気に入ってもらえたようで良かったです♪
No title
ジェニファーの話題が出るなんて、ジオヤーさん、PATTI Worldの通ですね~ありがとうございますm(_ _)m(^^)
「平松くんP」も、普通にわかっていただけてたんでしょうか?もしそうなら、光栄のいたりです。感激!
ジェニファーと。素敵!実は、マリガン敬愛間なしは、自分がマリガン役~!みたいなこだわりがあったから…でもヤッパリ
わたしがリードで、楽器なり他がセカンドの方が普通よね…
歌にピッタリくっついてアルトがハモるって、聞いたことないし、いいなあ!さすがジオヤーさん!サビは掛け合いだし…
わあ、早くやりたくなってきた!
Re: PATTI さん
えぇ、「お歌のおけいこ日記」、いつも熟読してますからね~^^
ジェニファーさんは、女性サックスというキャラも強いのでもちろん印象に残ってました。
平松さんP、まぁPっていうくらいだからピアノの方とは思ったんですか、そう言われるとって感じでPATTIさんの過去記事で確認してしまいました^^;、作曲もされる優しい方ですよね~(やはり、女性の方が印象には残りやすいかな^^

ジェニファーさんとの「バーニーズ・チューン」、実現したら嬉しいです♪
バチっと決めたらカッコいいでしょうね~。何かその様子がイメージできます。確かに歌とアルトがハモってるのって有りそうでない感じ。是非トライして頂ければと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。