スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

80'sニューウェイヴ・夏パーティ

今週は、あまりにも夏といった陽気が続くので、

すっかり梅雨が明けたような気分になり、今年もまたやって来た

夏を、今の内くらいは何か楽しい事が起こりそうな

ワクワクな気分でお迎えするといった、ちょっとおバカ加減も

加味されたような音楽で、送りしてきたブログ★ラヂオになります。

今日、こちらでは午後から雨模様でしたけどね、さらには、九州の

方では、災害含みの大雨になってるようで、やはりまだまだ梅雨の時期

ではあるのしょうけど、まぁ、もうすぐ訪れる夏本番を思い浮かべて、

聴いて頂ければといった感じでもあります。

そして、くれぐれも、梅雨の終盤の大雨、お気を付け頂ければと

思います。

で、本日の一曲になりますが、The B-52's

(ビー・フィフティートゥーズ)の「ラブ・シャック(Love Shack)」

のピックアップです。

1985年発表のナイル・ロジャースとドン・ウォズといった一流

プロデューサー陣を迎え制作されたアルバム「Cosmic Thing」に

収録されていて、シングルカットされ大ヒットも記録している

ナンバーになります。

B-52'sは、アメリカのバンドで、結成されたのが1976年、デビューが

1978年になりますから結構歴史のあるバンド、途中エイズでメンバーを

失ってたりもしていますが、2008年に発表されたアルバムが最新で

息の長いバンドになります。ジャンル的には、ニュー・ウェイヴに属し、

元々本国アメリカよりもイギリスでの人気の方が高かったのですが、

この「ラヴ・シャック」、そして、「ローム(Roam)」のヒットで、

アメリカでの人気も定着的なものにしています。

おバカなパーティ系ノリノリサウンドってことには間違いないので

しょうけど、ひねりの効いたセンスがカッコ良くもあり、

はたまた知的にさえ感じられるってことで、その辺が、人気の要因に

なってます。(詳しくはコチラWikiをご覧ください)

「ラブ・シャック」、直訳すると「愛の小屋」ってことになるみたい

ですけど、まぁ、みんなそこに集まって、お楽しみの時間を過ごそう

みたいな歌であることはPVをご覧の通りって感じ(原詞、訳詞はコチラ

のサイト様で掲載されてます)、あと、キーボードを弾いているのが、

プロデューサーのドン・ウォズってことになりそうです。

(この人はサングラスのイメージ、あまり画像を見かけることもなく

多分そうなのではってことではありますが・・・)

ということで、おバカ風ではありますが、ギターの感じとか、

キラリと光るロックセンスに溢れてるように思います、

The B-52'sで、「ラブ・シャック」です。



The B52's - Love Shack





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
ジオヤーさん、おはようございます(^^)

これ、楽しい!車であそびにいくときに
ききたいわぁ。

こういうの一緒にやる人いたら
絶対やるわ。

案外ファンキーに出来そう。
ブルースギターのリフや、ソロなんか入れたら
おお!ってかっこいいよ

Re: PATTI さん
こんばんわ

えぇ、夏の行楽のお供にはもってこいな感じ。
特にデート・・・でも、このノリで通すのはちょっと無理だろうな~、体力的に、後がつづかない(爆)

そうですねぇ、ギターソロ加えて、ちょっと渋くブルージーなファンクっぽくってのもありですね!

というか、どうでしょう、これPATTIさんが前に参加していたバンド、「マリモ」でしたっけ、でやったらバッチリはまるような^^
No title
こんばんは!

天気は意外なほど崩れてなくて、その代わりなのか物凄く蒸し暑くて辟易してます。ぬるい蒸しタオルを体に密着させられてるみたい。
九州のほうの雨は凄かったみたいですけど、梅雨の終わりには必ずこういう豪雨が何処かで発生して被害出しますよね。これからもまだ何度かこういう集中豪雨が来るかもしれないけど、大きな被害が出ないといいなと思います。

The B-52's、懐かしいですね。昔の黄色い色が目立つジャケットのレコード、確か友達が持っていて聴いてました。この頃の音楽、ノーウェーブだとかニューウェーブだとかパンクだとかテクノだとか、とにかくみんな大好き。
見た目はレトロなバンドのような感じなんだけど、昔の雰囲気を再現しようとなんかしてないのが面白いですよね。パーティ・ミュージックでお馬鹿なところを独特のノリで再編して物凄くお洒落に見せてるのがかっこいいです。
わたしも同じくギターがいい感じだと思いました。これパンクを通過した後のポップ、ロックミュージックのノリを見事にあらわしてるというか、凄いセンスあると思います。
ボーカルと女性コーラスも雰囲気を作るのが上手いですね。女性ボーカル・コーラスは特にThe B-52'sの肝になってる感じで、この人たちがいなかったらもっとパンキッシュなイメージが出てるんじゃないかと、この女性ボーカルがまったく別の方向に引っ張っていくから、奇抜でお馬鹿でお洒落なノリの音楽になってるんじゃないかなと思ったりしました。
それにしてもシンプルでタイトなドラムとこの独特のセンスが光るギターが絡み合って作るノリは聴いていて本当に楽しいという感じがしました。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

こちらも、雨の日が続くようなことはなく、かといってスカっと晴れるでもなくといった、とにかく蒸し暑い、ちょっと動くと汗が噴き出すという毎日です。
ただ、この前もありましたが、一度雨が降り出すと、今までにはちょっとないような勢いの振り方して怖いです。幸い短時間で済んでるので被害にこそならないですけどね。九州で起こったことのような事は、日本のどこでも起こり得る感じしてます。自分の所も含めてですけど、ホント、これ以上被害が出ないといいと思います。

黄色いジャケットのは、ファーストアルバムですかね。「Rock Lobster」とか面白いなぁ、と思ってていつかアップしようと考えてますけどね。この頃のパンクだとかニューウェイヴってのはやはり一番感受性が富んでた頃に聴いたものだと思うし、私は、なんか感慨深いものがあります。尖ってて、どこかぎこちないみたいな、この頃独特のものがありますよね。
で、このThe B-52's、仰る通りの独特の雰囲気、やはりお洒落ですよね~。私は、女性ボーカル・コーラスがもしいなかったら、みたいなことは考えてもみなかったんですけど、確かにそうです、もっとパンキッシュになってた、もしくは、ニューヨークのアンダーグランド、ルー・リードみたいになるんじゃないかと思います。そこに、女性ボーカルが加わることによって生まれる、何ともいえないヘンテコなポップさ加減が、このグループ最大の魅力になってるんでしょうねぇ。で、このギター、やっぱロックってカッコいいってのはこういうところで思ったりします。おバカでありながらもタイトなノリ、ホント、面白いグループです^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。