スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

幻惑のハードブルースギター

もうこれは、夏が来たということでいんでしょうね。

今週、そして来週くらいまでは、梅雨模様の曇り、雨といった天候が

続くと思って始めた今週のテーマ、「梅雨のジメジメ、ムシムシを

吹き飛ばすロック」ってことだったんですけど、ムシムシっていう日は

ありましたが、ほとんどが、晴天の暑い夏の日が続く一週間という

ことに、こちらの地方ではなってました。

あとは、例年通り訪れるであろう、猛暑へ臨む覚悟を決めるだけといった

感じでもあります。

とは言え、今週一週間続けてきた、梅雨模様を吹き飛ばすロック、

いたしかたないという感じにはなってしまってますが、

もう一日お付き合い願えればと思います。まぁ、幸いにも(って言って

いいのか分かりませんが)、今日は午後から雨が降ってることですしね。

これもなんだか、梅雨というよりも夏の夕立といった様相ですが・・・。

で、本日は、ジョー・ボナマッサ(Joe Bonamassa)というギタリストの

「ジャスト・ガット・ペイド(Just Got Paid)」でお送りしてまいります。

ジョー・ボナマッサは、私、最近YouTubeで見つけて、こりゃスゲーと

思ってる人なんですけど、聴いてるとどんどん引き込まれ、集中して聴いて

しまっているギターを弾く人です。基本ブルースギターを得意としているよう

ですが、今回アップの曲のように、ハードな演奏もこなすということに

なります。

2000年にデビューしているようなので、もうプロとしても10年以上の

キャリアを積んでる人ではありますが、最近まで知りませんでした^^

アメリカのアーティストで、自国ではかなりの人気があり、そして、

今回の貼らせて頂いた映像、2008年のロイヤル・アルバート・ホールでの

ライブの模様なんですけど、この様子からもうかがい知れるように、

その人気はイギリスにも波及しているということになりそうです。

(詳しくはコチラWikiをご覧ください)

「ジャスト・ガット・ペイド」は、ボナマッサのライブでの定番曲、

盛り上げ所ということになります。オリジナルはZZトップで、

そのカバーなんですけど、途中さらにレッド・ツェッペリンの

「幻惑されて(Dazed And Confused)」が組み込まれたりしています。

ツェッペリンファンなら思わずニヤリとしてしまうとこなんじゃ

ないでしょうか。

最後お立ち台の上でフライングVを高く掲げるところなんか、

オーラ放ちまくり、まるで映画の中のワンシーンのようで、

これはもう神と化してます^^

ということで、ジョー・ボナマッサ、とにかく熱く凄まじいギター

お聴き下さい「ジャスト・ガット・ペイド」です。



Joe Bonamassa - Just Got Paid





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
v-278ジオヤーさん、おはようございます

かっこいいギターですね~
ブルースギターの人とは思えない!
でも私、すごく好きです
歌う人でもあるからか、すごく歌ってますよね、
この人のギター

こういうのは自分で探したって出会えないので、
教えていただいて感謝です。

ジャー・タノマッサ
なんちゃて
Re: PATTI さん
こんばんわ

ギターが歌ってる、ホントそう思います。
ボーカリストならではの感じ方ですよね、で、この人よくよく聴いてみると実際の歌も上手いし。

ブルースギターの人って思うのは、最初に見たYouTubeがhttp://www.youtube.com/watch?v=DwXyKUxMskw←コレだったからなんですけどでね、BBキングのカバーですが、ん、凄い演奏です。

ボナマッサ・・・確かに、関西弁の響きです(爆)
ReRe
ジオヤーさん、おはようございます(^^)

恒例になっちゃいました、re・reコメ。
聞いてきましたよ、The thrill is gone

おもしろかった~
ルートのロングトーンを
1コーラスまるまるやっちゃってたり、
もうひとりのギターソロの時のバッキングがかっこよすぎ
とうとうもうひとりの方映してもらえてなかったり・・・
終わり方がしょぼいなと思ったら、ドラマーもそう思ったみたいで、ひとりやめなかったり(演奏途中で撮影終了されたり)

こんなライヴ、生で見たいです。
この人、大注目です。
Re: ReRe
PATTIさん、こんばんわ

re・reコメ、そして、「The thrill is gone」聴いてくれてありがとうございます。

やはり、日本のブルースのメッカ、関西の言葉の響きを持つギタリストはただ者ではないですよね。
そして、バッキングのカッコ良さに気付く辺り、さすが、PATTIさん、いっそギター練習して、ライブでも弾かれたらいかがです?(笑)
最後のグダグダも面白いです。このドラムの人演奏止めないで、ジョー、もっとギター弾けって言ってますよね。でも、そのまま切れちゃうっていう(笑)

何か、このライブ、PATTIさんが見てたら、誰にも負けない大きな声で「イエ~!」って言ってそうで怖いですが、そうですね、生で見たいです^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。