スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

必殺の連続匠フレーズ

梅雨の時期、憂鬱な気候に抗(あらが)うことなく、

家でゆっくり音楽でも聴きながら憂鬱な気分に浸るのも

これもまた癒しということで、そんな感じに相応しい音楽を

ピックアップしていこうと始めた今週のココ、ブログ★ラヂオ

ではありますが、何だろう、見事に晴れ、湿気を感じることもない

爽やかな一日でした。前提にしていた条件が根底から覆された

ことになってて、今日は逆に、天気に抗いつつの選曲に

なるんですが・・・(笑)、まぁ、いいでしょう、今週のお題通りの

憂鬱な一曲で本日も行ってみたいと思いますが、ソニー・ロリンズ

(Sonny Rollins)の名演で、

「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ

(You Don't Know What Love Is)」をピックアップしてまいります。

1956年発表のモダンジャズ屈指の名盤とされる

サキソフォン・コロッサスSaxophone Colossus )」収録の

演奏です(ココでは、以前にこのアルバムの中では最も有名な

「St. Thomas」をコチラでアップしてます)。

ソニー・ロリンズは、そりゃもう、ジャズサックスの巨人と讃えられる

名プレーヤーになり、歌心に溢れ、豪快な吹きっ振りが魅力の人で、

今回テーマにしてる「憂鬱」ってことからは、違う印象の人でも

あるんですけど(ソニー・ロリンズについて詳しくはコチラをどうぞ)、

ただ、この「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ」という曲、

ジャズのスタンダードになりますが、ジャズプレーヤーであるならば、

誰しもが一度はレコードに収めている名曲であり、

「憂鬱」の代名詞ってくらいの暗い曲になります。

なので、他にも数々のモダンジャズの名演が残されていて、

エリック・ドルフィーの演奏が、本当は私は一番好きで凄いと思うんですけど、

ただ、こちらは、テーマの部分とアドリブが入り混じってるようなもので、

初めて聴く人が一発で理解するのは難しいと思われ、今回は、ロリンズの

バージョンとさせて頂きました(エリック・ドルフィーの演奏は

コチラで聴けます。ロリンズを聴いた後ならば、初めての人でも

分かりやすいと思います)

ただ、ここでのロリンズの演奏も素晴らしいです。

出だしのフレーズからして、やられてしまいますけどね、

テレビ等でもジングルっぽい使われ方が様々な場面でされてます。

(ちょっとエッチー場面が多いかな、笑)

で、そんな感じで、どこをとっても息つく暇もない必殺フレーズが連続して

繰り出させる演奏が最初から最後まで繰り広げられることになってます。

・・・なんて、書くと憂鬱とは違うことになってしまうのですが、

やはり曲自体は、憂鬱そのものってことで、ソニー・ロリンズの演奏、

「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ」です。



Sonny Rollins - You don't know what love is






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
じおやーさん、こんばんわ

確かに。鬱陶しいの、代名詞。
これ、20日にまことさんの「マコトのまったりブログ」でアップされてて、そこからカーリン・アリソンって人のヴォーカルもののこの曲を私が紹介して、今、まことさん、カーリン・アリソンにはまってます(笑)
1度だけ歌いましたが、ほんと、歌い終わった後の空気があまりにも暗くて、次の曲につなげるのが大変でした。以降好きだけど、1度も歌っていません。でもね、正直言うと、暗~い曲ばっかりのライヴ、いっぺんやってみたいのです。
Re: PATTI さん
こんばんわ

他にも最近ブログで取り上げてた人いましたか。
やはりこの時期、憂鬱な曲をみなさん聴きたくなるものなのでしょうか(笑)
カーリン・アリソン、聴いてきました。何か可愛い感じのするヴォーカルですよね。
PATTIさん好みという感じがいたします^^
さらには、PATTIさんが歌えば、こういう暗い歌でも、可愛い感じにもなると思うんですけどね、暗い空気になってしまいましたか。
「あなたは愛を知らない」と歌っても、知らないのはお前の方だろうってことになってしまいそうですよね(笑)
暗い曲だけのライブ、なかなか難しそうですけど、実現できればいいですね。
No title
こんばんは!

わたしのところも今日は絶対に雨だと思ってたのに、曇り空からなんと午後には青空に変化し始めました。
ジオヤーさんのブログにとってはちょっと都合が悪いのかもしれないけど、わたしとしては絶対に雨だと思ってたからなんだか儲けものでもしたような感じでした。入梅を宣言した人は雨降って欲しいでしょうね。

「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラブ・イズ」実はわたしも近々ピックアップするつもりだったんですよね。しかも「ベストの演奏はエリック・ドルフィーのものがあるんですが~」といった枕詞付で。
ソニー・ロリンズは、このアルバムは昔に聴いたことはあるんですけど、この曲が入ってたというのは完全に失念してました。それでどんなのだったかなと聴いてみると、少し聴いた時点で全体が一気に頭の中で蘇ってきたようになりました。そうそう、こんなのだった!って。

確かにエリック・ドルフィーのように幻想的でアドリブだかメロディだか区別つかないようなのが耳に入ってくるよりは随分と分かりやすくメロディの部分を吹いてるし、そういう部分ではとっつきやすい演奏ですよね。そこからソニー・ロリンズ独自の必殺フレーズの連発になるアドリブ展開にはいっていっても何処かその親しみやすさは維持してるようなところがあって、聴き易いし没頭しやすい演奏だったと思います。

わたしもソニー・ロリンズはむせび泣くテナーなんていうのにはなりようのない質実剛健っていうイメージのミュージシャンなんですけど、豪快なプレーが信条の人がメランコリーをどういう風に形にしていくのか、そういう点でも興味深い演奏でした。

梅雨の陰鬱な雰囲気に馴染むように聴いてたけど、あまり陰気にもならないで結構テンション高く聴き終えてしまってました。
No title
おひさしぶりです。
今日、たまたまロリンズ聞いてました^^
コロッサスが聞きたくてMD突っ込んだんですが、
もちろんこちらも聞いてしまい。。。

なんでしょうね、いいものは何度聞いてもいいですねw

ロリンズは、男の哀愁を表現していると思います。

見事ですね^^

泣けますw
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

えぇ、このところ、こちらもずっと晴れてます。今日などは、ほとんど夏を思わせてました。このブログのようなこと始めなければ、手放しで喜んでいたいところなんですけどね。入梅を宣言した人もきっと同じ気持ちだと思います(笑)

そうでしたか!、この曲先に取り上げてしまって何か申し訳ない気もしますけど、できれば薄荷グリーンさんが誰の演奏をチョイスするのか楽しみでもあり、予定していたの紹介して欲しいと思います。で、さらには、エリック・ドルフィーも枕詞で登場なんてことも考えてたんですね(笑)。やはりこの演奏は、凄いのは確かだけどメインでいきなり聴いてもらうとなるとちょっと気が引けるって感じですかね^^、ちょっと違うところで演奏してるって感じ。で、エンディングでは、完全に違う世界に行ってしまうものですよね。

そして、ソニー・ロリンズの演奏も思い出してもらえたようで良かったです。この特徴的なのは、ちょっと聴けば蘇ってくるって感じなのでしょうね。仰るように、質実剛健であり自由奔放、というか、誰にも似ない、どこまでも独自のフレーズを吹きまくる感じは意識してやってるのでしょうから、自由というのともまた違うのかもしれませんが、それでも、メロディアスで親しみやく分かりやすい感じはこの人ならではです。そうですね、「没頭しやすい演奏」っていうの分かります。

なので、たとえ陰鬱な曲を演奏しようとも、他の曲と同様、テンションは上がり気味、憂鬱とは違う方向に気分が向くというのは、確かにそうで、その点では、今回のお題からは外れてるってことになるんでしょうね~(笑)で、記事中では、暗い曲というところを強調してみました(笑)
Re: ブックバンクさん
こんばんは、お久しぶりです。

そうでしたか、奇遇にも聴かれてましたか^^
梅雨時というのは、サキソフォン・コロッサス、聴きたくなるものなのですかね。
全般的には、「St. Thomas」に代表されるような明るい雰囲気のアルバムでもありますよね。
で、仰るように、そこに漂う男の哀愁って感じがスパイスとなり、アルバムをより際立たせてると思います。

えぇ、匠の技、見事ですよね、泣けるほどに^^

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【必殺の連続匠フレーズ】
梅雨の時期、憂鬱な気候に抗(あらが)うことなく、家でゆっくり音楽でも聴きながら憂鬱な気分に浸るのもこれもまた癒しということで、そんな感じに相応しい音楽をピックアップして...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。