スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

緑の森のプログレッシブ・フォーク

新緑のアコースティックサウンドということで今週は

お送りしてきました。一応タイトルにグリーンが含まれる

なんてところをピックアップしてきていて、五月の爽やかな

風にそよぐ新緑の木の葉といった様子の曲を連ねてみた分け

なんですが、本日は、タイトルに「グリーン」は含まれて

いませんけど、曲の感じとしては、緑の森、その奥深くで

繰り広げられる妖精達の宴といった感じになりますかね(笑)、

ペンタングル(Pentangle)の「ライト・フライト

(Light Flight)」をピックアップして参ります。

1969年発表のサードアルバム「Basket of Light」に収録された

一曲、イギリスのTVドラマ「Take Three Girls」のテーマ曲

として使用され、シングルカットもされてヒットした曲です。

なんかカッコイイってのが、この曲を聴いた印象です。

変拍子も織り込まれてるってことになるんでしょうか、

まるでプログレのよう。試しに拍子を取りながら聴いてみましたが、

導入部分が、6拍で一パターン、歌に入ってからは、

5拍、5拍、2拍の繰り返しパターンになります。まぁ、計12拍

なので、6拍2小節分としても良いのでしょうけど、

5拍、5拍、2拍の変拍子とした方が自然のように思います。

詳しいことは分かりませんが^^

・・・って感じでとにかくカッコイイってことなんですけど^^、

さらに、ベースがアコースティックであったりとか、この辺の

サウンドもジャズのテイストだったりして、やはりカッコいいです。

ペンタングルは、1960年代後半から70年代にかけて活躍した

イギリスのフォークロックのバンド。

イギリスのトラディショナル・フォークといった音楽を基調とし、

様々な音楽要素を取り込んでいったバンドになります。

(詳しくはコチラWikiをどうぞ)

特にギターのバート・ヤンシュはレッド・ツェッペリンの

ジミー・ペイジが超お気に入りということで知られてます。

そして、澄んだ声も美しいヴォーカルは、ジャッキー・マクシーです。

ということで、ペンタングル、「ライト・フライト」です。




↓ に貼らせていただいた映像はライヴ映像で、とても良い演奏では

あるのですが、残念ながら、音量が小さいです。やはりオススメで

聴いていただきたいのは、レコード収録音源の上のYouTubeです。

ただ、こちらは、1970年の演奏と、2008年ほぼ現在の模様が繋げ

られていて、ジャッキー・マクシーに時の流れを感じてしまうのが

面白い映像になります。



Pentangle - Light Flight





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

おはようございまーす、ジオヤーさん(^o^)

リハなし週末!
まだまどろみの中です。

かっこいいですね、変拍子
頭でしか演奏できない。

大江戸捜査網のテーマ。

サビに5拍子使ってたな~
5拍子って、3と2の組み合わせとも取れて、32 23 と、並び替えた取り方ができる。7拍子もそう考えると、322
232 223 と、もっとバリエーションが。教会音楽のコーラスでやって、すごく面白かったです。
Re: PATTI さん
こんばんわ

リハなしでしたか。今日はゆっくりできたんじゃないですか^^

この変拍子カッコ良かったでしょう~♪

で、大江戸捜査網って、渋いとこ突いてきますね~(爆)
忘れてたので、YouTubeで聴いてしまいました。
そっか~、ウェスタン西部劇風だったのですね(笑)

私が、これは凄いといつも思うのはゴジラのテーマです。
わけ分からない(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=wr3Ehj3wycY、←クリックで聴いてみてちょ。

なるほど~、変拍子の曲というのは、拍子の取り方でニュアンスが変わってくるっていうの、面白いと思います。
そして、PATTIさんは、教会音楽のコーラスもやってたんですね。ゴスペル出身という人も多いという感じのリアルソウルシンガーじゃないですか^^
No title
ジオヤーさん、おはようさんどす~

いやぁ、ゴジラのテーマ、良く聴きましたよ。
うちは男の子が3人ですから。

あのテーマは、「ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ」

としか聞こえない。なぜなら、長男次男つれて、
ゴジラvsメカゴジラを見に行ったからです…

あれは、(4拍子+5拍子)×4+3拍子が1セット。
(2拍子+2拍子+3拍子+2拍子)×4+3拍子ともとれるし。

教会音楽が、7拍子の曲があり、指導者が、
「拍子の取り方が、小節ごとに違います。今から言いますので
各小節に赤で書き入れてください。
3・2・2/3・2・2/・・・・・・・・2・3・3・・・・・・・」っておっしゃって、
必死で書き込みました。
それを踏まえてアクセント付けて歌う。なんと高度な!

それ、子供が通っていた幼稚園の、ママさんコーラスでのこと。

ここでかなり、実力をつけさせていただきました。
ブランクの間もこんなこと出来たのが今に繋がって。

ありがたいです、ほんと・・・

Re: PATTI さん
おばんどすえ~(京都弁分かりまへんわ~、笑

そうでしたか、「ゴジラ」は馴染みだったんですね。
「ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ」、なるほど!、これで解決です。
どうも「メカゴジラ」のケツのゴジラと、次の頭に来るゴジラがこんがらがって分からなくなるんですよね~。
それと、四回繰り替えされた後に付く3拍子ってのもくせ者でした。
でも、謎が解けて良かったです、解説ありがとうございました♪

それにしても、教会音楽の7拍子の曲って複雑なんですね。
とても普通の主婦達が歌うような歌には思えませんが(笑)
でも、PATTIさんにとっては、そりゃブランクを埋めるのに、大いに役立つことになったろうと思います。
ポップスの分野だけだとなかなか触れることのない音楽みたいですしね、見聞を広めるってことでも良かったんじゃないかと思います^^

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【緑の森のプログレッシブ・フォーク】
新緑のアコースティックサウンドということで今週はお送りしてきました。一応タイトルにグリーンが含まれるなんてところをピックアップしてきていて、五月の爽やかな風にそよぐ新緑の木の葉といった様子の曲を連ねてみた分けなんですが、本日は、タイトルに「グリーン」は...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。