スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

新緑のカメラ目線

新緑の候ということで、今週は、私の思い浮かべる新緑のサウンド、

アコースティックで、フォーキーな音楽でお送りしています。

本日は、サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)の

「Leaves That Are Green」、邦題には、まんま直訳の

「木の葉は緑」と付けられた曲のピックアップです。

前回に引き続きタイトルに「グリーン」が含まれる実にお題に

則した選曲ってことになってます^^、お前がまんまだろうって

ことでもありますが(笑)、今回も、柔らかな木漏れ日や

そこに吹く風も爽やかといった新緑のサウンドを

お聴き頂けることと思います。

サイモン&ガーファンクル(S&G)は、言わずと知れた、その昔、

1960年代中頃から、70年代の初頭にかけて、ビートルズかS&Gかって

くらいの絶大な人気を誇ったアメリカの男性デュオグループ。

まぁ、詳しくはコチラWikiを見て頂くとして、若い方々のために

ごくごく簡単に説明すると、ギターを弾いているのがポール・サイモンで、

もじゃっと頭がアート・ガーファンクルとなり、ここでも聴ける二人の

透明なハーモニーがやはり聴きどころってことになります。

「Leaves That Are Green」は、1966年発表の2作目のアルバム

サウンド・オブ・サイレンス」に収録されています。

どうでしょう、「サウンド・オブ~」に収録されたスタジオ録音

のものより、このギター一本の伴奏で演奏されるバージョンの方が

クォリティーは高いように思います。同様の演奏はライヴ盤に収録

されてますし、「エッセンシャル・サイモン&ガーファンクル」という

ベスト盤にも収録されてます。(因みに、スタジオ録音のYouTubeは

コチラ←クリックで聴けます。8ミリ映像風に撮られた映像がなかなか

オシャレです。そして、原詞、訳詞はコチラのサイト様で掲載されてます)

今回貼らせて頂いたYouTubeは、以前「サウンド・オブ・サイレンス」を

取り上げた際にも、同じ時に撮られた映像を使わせてもらっている

のですが(コチラ)、その時結構気になってしまったのが、強力な

カメラ目線ってことだったんですけど、今回は、多少トーンダウンは

しているものの、カメラ目線、やはり気になったりもします(笑)

ということで、サイモン&ガーファンクル、

「Leaves That Are Green」です。



Simon & Garfunkel - Leaves That Are Green

← ライヴバージョン

← スタジオ録音



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

ジオヤーさん、こんにちわ。

私ったらまたしても、よそ様のブログにお邪魔して、
その方のこと、間違ってジオヤーさんと お呼びしてしまいました。言い間違いはあり得るけどなんで、文字にしてまで間違うのか、自分の脳を調べたい!
ここは間違いなく ジオヤーさんのところよね?
サイモン&ガーファンクル、嬉しい!
ジオヤーさんが記事にするなんてなんか、意外です。私がさっき申し上げた間違った先の方、サウンドサイドのさはんじさん。あの方、サイモン&ガーファンクルが好きなの。なんだ、この展開のつながり方!
この歌は、冒頭
I was twenty-one years って早口が一番の魅力でした。
ギター一本でこの表現力、やっぱりすごい…千坂あつこsings S&G
やりたくなりました(^o^)
さっきの早口言葉の件。

今聞くと、

「お邪魔しまんにやわ~」って、

よしもとのギャグにしか聞こえない!
Re: PATTI さん
こんばんわ

私の名前を広めてもらえるのはありがたいです。
ありがとうございます♪
でも、脳の方、確かに心配になりますね~(笑)
えぇ、ここは間違いなくジオヤーズサイトです。
けれども、意外なことにサイモン&ガーファンクル。
そう、おっしゃる通り熱心に聴いてたという分けでもないですが、でも、一応洋楽ファンとしてヒット曲のほとんどは当然のように自然と知ってるし、やはり印象にも残るグループとしてオーラを放っている人達なんだと思います。
S&Gの熱心なファンって心優しき人という感じがします。さはんじさんもきっとそうでしょうし、もちろんPATTIさんも^^
この「Leaves That Are Green」は、実は知ってたということでもないのですけど、今回YouTubeで見つけて良い曲だなぁと思いました。
おっしゃるようにギター一本でこの表現力、さすがです。
千坂あつこsings S&G、是非実現して下さい。

冒頭の早口は、言われてみると、確かに印象的です。
でも、「お邪魔しまんにやわ~」って・・・(笑)
ん~、どうなんでしょう、そんな吉本ギャグありましたっけ?、いまいち、関東の人間にはイントネーションも含めてピンときませんが、「にやわ~」って感じくらいですかね~、そう聞こえるのって(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【新緑のカメラ目線】
新緑の候ということで、今週は、私の思い浮かべる新緑のサウンド、アコースティックで、フォーキーな音楽でお送りしています。本日は、サイモン&ガーファンクル(Simon
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。