スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

春への疾走

やっと待望の春も間近となるんでしょうか。

今日は暖かさを感じる一日になりました。

ここ最近は、ダメ押し的に、それも強力に寒かった

分けですけど、ようやく長かった冬もこれで終わりを告げる

ことになるんですかね。

ということで、ちょっと春めいた感じに誘われて、

今週のブログ★ラヂオは、もう寒いのはいいので、

疾走感のあるロックなサウンドでもって、

一気に寒さをやり過ごし、春をお迎えしよう、

ってな感じで行ってみたいと思います。

で、本日の登場は、グリーン・デイ(Green Day)、

曲は、「アメリカン・イディオット(American Idiot)」です。

2004年に発表された、同名のアルバムの表題曲になりますが、

これは反戦をテーマにしたコンセプトアルバムになりますかね、

現時点では、グリーン・デイの最高傑作になると思われ、

翌年のグラミー賞のロック部門で最優秀賞も獲得しています。

コチラWikiに詳しいです)

グリーン・デイはアメリカのパンクバンド。パンクと言っても

メロディアスな要素も多分にあり、結構ポップだったりも

する分けですが、それでも、パンクの持つ攻撃性、

反骨精神みたいなのも十分に兼ね備えたバンドとなり、

現代を代表する、これぞまさにロックバンドってことに

なると思います。(グリーン・デイについて詳しくはコチラを)

今回貼り付けさせていただいたPVでは、

アメリカの国旗が溶けて流れ出すみたいな

ある意味大変なことになってますけどね、日本で日の丸を

バックにこんなことしたら、それこそ大変なお叱りを

受けるってもんなんでしょうね~、きっと。

でも、これでグラミー賞取ったりとかですからね、不思議な国

というか、さすがはロック先進国になるかと思います。

まぁ、逆に言えば日本は平和というか、本来あるべき姿の

ロックバンドっていうのは本当は必要ないのかもしれない

と思ったりします。日本のロックバンドというのは、

ほとんどが人生応援歌メインって感じですしね、あれはやはり

日本(固有)のロックバンドになると思われます。

まぁ、それが良いとか悪いとか、そういうことではないですけど

(平和なのはもちろん良いことですし、人生応援歌に勇気づけ

られる人だって沢山いる分けですし)、ただ、少なくとも

サウンドの真実味、必然性ということで言えば(表現したい事に

対してサウンドもしっかりと意味のあるものになってるってこと

なんですが)、私は、圧倒的に「洋」なものの方に分が

あるように思っていて、面白いと思ってしまう分けです。

ということで、今回は何やら語ってしまいましたが(照れ笑、

グリーン・デイで「アメリカン・イディオット」です。


↑ 音量注意、そして、映像が切れ切れになってしまう方、
コチラ←クリックでどうぞ

Green Day - American Idiot






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは!

こちらもあまり寒くない日が混ざり始めて、ようやく酷い冬も終わりが見えかけてきたという感じです。おそらく3月にでもなればもう様相はがらりと変ってるはずで、そういう季節が待ち遠しいです。もう寒いのは心底飽きました。
基本パンクバンドだけど、確かに随分と凝った構成とメロディラインで結構楽しめました。ちょっと手の混んだこともしてるのにパンクロックの疾走感が失われてないのにも感心しました。

国旗等に関してはわたしは日本は戦後随分と無頓着になってしまったと思ってます。何しろ祝日でももう旗出してる家なんてほとんどないし。その点アメリカははるかに国旗が国家の象徴として機能してるように思えるんですよね。
それで、こうやって指摘されてみると、たしかにアメリカでこういう旗の扱いとか、国旗じゃないけど昔のジミヘンの国家演奏だとかが平気で成立してるのって考えてみたら結構変な状況なんだなって改めて思ったりしました。こういうのを受け入れてるアメリカの精神って一体どういう状態なんだろうって。こんなことあまり考えたことなかったです。

それとわたしも生きることがどうしたこうしたっていう、人生訓のような日本のポップ、ロックソングはあまり好きになれないです。普通に人を恋する歌でいいじゃないって思うほうです。元々歌詞にあまり過剰な意味を求めてない聴き方してるからそんな風に思うのかなぁ。
No title
ジオヤーさん ご無沙汰しておりました(笑)

今回のグリーン・デイカッコいいですね。
私は音楽は全くの無知な人間です。
このバンドも知りませんでしたし、英語で何を言っているかは分かりませんでしたが、映像を見ていてなんか響く物が有りました。カッコいいというか・・・とにかく見入ってしまいました。
ジオヤーさんの仰るサウンドの真実味、必然性は私の様な素人にも伝わるという事でしょうかね?
とにかく、何だかカッコ良かったです。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

ことしの冬はつくづく寒かったですよね。もう寒いのはホントこりごりです。
でも、ここへ来て昼間は暖かさも感じる日が続いていて、ほっと一息という感じになってます。このまま春になって欲しいもんですよね。
グリーン・デイは、パンクの精神性はそのままに、それでいて、多くの人も共感できる開かれた音楽性って感じが、いいバンドだなぁと思います。

確かに、日本は国旗には無頓着になってますよね。私は、それも平和でいいかなとか思ってるんですが、最近は、もっと尊重しようなんて動きもあります。あと、アーティストや芸術家が国旗を敬うのを強要されることについて賛否を語るのはタブーみたいなのもあるように思います。アメリカはその点、賛否があって当たり前って考えがあると思うんですけどね。あと、前にテレビだったかなぁ、誰かが語ってたんですけど、アメリカ人は二重の精神構造を持ってるなんて言ってたのが記憶にあります。なので、一方でこんな感じで国旗をネタに皮肉られたりしても、そして、一方では、メチャメチャ称賛するなんてことをしていても、さして気にせず平気でいられるってことになるのかもしれませんが・・・やはり不思議な国民性ではありますよね。

人生訓のような日本のポップ、ロックソング多いですよね^^
元気であるっていうのは、確かにロックの要素の一つだとは思いますが、そこだけを捉えて、「みんな明るく元気で良い子でいよ~」みたいな曲は、少なくともロックとは違うって思うんですけどね(笑)
まぁ、日本語によく合うのは、普通に人を恋する歌ってことになるんですかね~。
Re: 青ちさん
どうもご無沙汰です、コメント嬉しいです♪

これカッコいいと思うっていうのは、青ちさんは生粋のロッカーだと思いますね^^
そこで、音楽に無知だとかどうとかってのは関係ないと思います。
むしろ、ある程度音楽を聴き込んでいて、趣味が固まってるような人の方がこのカッコ良さが分からなかったりするものです。
たとえ言葉が分からなくても、グリーン・デイの切実な思いをダイレクトに伝えるために特化したサウンドやビジュアルって感じで、そこに真実味や必然性を感じるってことなんですけど、カッコ良く思ったということは、私は、彼等の思いが伝わったということで良いのだと思ってます。(なんだか分かりずらい文章になってますが・・・スミマセン^^
あと、その思いを伝える形というは、ロックの場合時代と共に変化したりするものなんですけど、これをカッコいいと思われた青ちさんは、今の時代感覚も持ち合わせた立派な社長さんだと思います。
ただ、こういったある意味青春を思わせるようなサウンドに心酔し過ぎてしまうと、社長としては青臭いかなという危険もはらんでいるものだと思われます(「青」ちさんなだけに、笑

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。