スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

今年もクリスマス、やってシマウマ

Oh! very quick!と分けの分からない英語を使いたくなるほど、

無常に時は過ぎ去って行くもので、今週は早くも

クリスマス・ウィークってんですかね、

驚きのファースト・タイムってことでもありますが・・・

そんな最中の今週のブログ★ラヂオ、また今年もということ

なんですけど、ご多分に漏れず、クリスマス・ソングの特集で

行ってみたいと思います。

クリスマスっつってもね、その規模は年々縮小傾向にあるようで、

80年代から90年代初頭にかけての狂騒的なものはすっかり影を

ひそめていて、今年は、特に自粛ムードも漂うことになってますけどね、

そして、元々この国では、それをお祝いする根拠も薄いってことに

なるんでしょうけど、まぁ、普通に西暦とか使われてる分けですし、

キリスト生誕2011周年イベントと考えれば、

何となくお目出たい気もしてくるし、何と言っても定着している

季節のならわし事というのは、生活にメリハリがつくもので、

そういった意味では、良いものだと思われます。

では、さっそく、今年もブログ★ラヂオのクリスマス、始めて

みますが、ここ何年かやってきた中で、実は、誰しもが知っている

あの名曲っていうのを取り上げてこなかった、っていうか、わざと

外してきたという面もあるんですけど、それは、ワムの

「ラスト・クリスマス」(コチラで聴けます)と、

マライア・キャリーの「恋人達のクリスマス」なんですけど、

このブログの特性上、当然ピックアップしていて然るべきところでは

ありますが、なんとなくね~、って感じでここまで来てる分けです。

で、今年は、いよいよというか、めでたくマライアのやつ、行って

みることにしました・・・ゼブラヘッド(Zebrahead)のバージョンで(笑)

以前、アヴリル・ラヴィーンのカバーで、「ガール・フレンド」

コチラ)を取り上げてますけどね、2009年発表の女性アーティストの

有名曲ばかりをカバーしたアルバム「パンティー・レイド

(Panty Raid)」に、同様に収録されているものです。

ゼブラヘッドは、ラップを織り交ぜた、活きの良いパンクでポップな

演奏が持ち味のバンド、プラス、ユーモアのサービス精神が、

ある意味痛かったり^^、または、好感が持てるってことにもなります。

(詳しくは、コチラをどうぞ)

この曲などは、マライアの超有名曲のカバーで、ひょっとしたら

ひんしゅくを買ってしまうなんてことにもなるのかもしれませんが、

このちょっと皮肉った感じは、私的には、実にロックだと思うし、

センスも良いと思います・・・まぁ、人それぞれなんでしょうけど^^

ということで、ブログ★ラヂオのクリスマス、一曲目から

おちゃらけ気味でスミマセンって感じもありますが、

それもまた楽し、と思って頂ければ幸いです、

ゼブラヘッドで、「恋人達のクリスマス

(All I Want For Christmas Is You)」です。



Zebrahead - All I Want For Christmas Is You




やはり、これだけだと何となく気が引けるので、

↓、マライア・キャリーです。



Mariah Carey - All I Want For Christmas Is You

← マライア・キャリーです。



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
こんばんは!

タイトルからして今週はハイテンションですね。駄洒落の弾けっぷりがいかにも楽しいクリスマスっていう感じ。

でも今年も残り10日ほどってもう信じられないです。月日が経つのが早すぎ。子供ほど驚きに満ちた毎日でもないから、ありきたりなものとしてそれほど引っかかりも無く時間が一杯傍らを流れ去って行ってるんでしょうけど、それにしても早いです。

普通の家も個人でイルミネーションしてるところがありますけど、そういうのもわたしの近所では減ってきてるみたいです。今年は特に酷い年だったから余計にそういうことに労力を使えなくなってるんだと思いますけど、ひと時でも華やかな気分になるのはこんな時期だからこそ結構有意義なんじゃないかと思うところもあるので、例年のように盛り上げていってもいいと思うんですけどね。
イベントとしてはわたしはキリスト教徒でもないので、ちょっと間接的な気分で接するところもあります。でも宗教的な意味合いを抜いて楽しむイベントになってるから、もうそんなことあまり関係ないですよね。美味しいものが食べたりできる機会は多いほうが良いです。

やっぱり超有名なクリスマスソングって取り上げるのに多少迷いが出てきますか。わたしも多分にそんな感じで、たとえばホワイト・クリスマスとか、何も自分のところで出さなくても他で一杯聴けると思うとどうも取り上げる気がしなくなるんですよね。
わたしも有名曲だって一杯好きなものがあるから取り上げてみたい気はあるので、そういう時に有名曲のアレンジ違いっていうコンセプトはなかなか上手いやり方だと思いました。皆が知ってる曲だから曲自体の親密度は高いうえに、あまり聴いたことのないアレンジだと新鮮さも持ちこめるというわけだから。

PV見てみました。かなり陽気で、どうせ聴くなら楽しまなきゃ損といった展開は聴いていてうきうきした気分になりそうで面白かったです。思い切りロックしていていかしてるし。原曲が超有名だと思い切ってアレンジしにくいところがあるかもしれないのに、見事!っていう感じでした。最後は尻切れトンボみたいなちょっと意表をついた終わり方ですよね。本来のクリスマス的な静けさの余韻みたいなのをちょっと付け加えて、この終わり方もなんか妙にあってる感じがしました。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

ちょっとこのタイトル、どうかなぁと思うんですけど、っていうか、いつもどうかなぁと思ってますが^^、今回はやはりゼブラヘッドのこの曲に後押しされてこうなってるんだと思います。楽しいクリスマスと感じてもらえたのなら良かったです♪

前にも書きましたっけ?、私は、濃密な時間を過ごす子供の時と比べたら、感覚の鈍化が、やはり時が経つのを一層早く感じさせると思ってるんですけど。ん~、鈍化進んでます(笑)

そうですね、イルミネーションやってる家、減りました。私も、せっかく定着しているイベントでもあるので、極端に火を消したようになってしまうのもいかがなものかと思います。できる範囲でなら盛り上げていって欲しいと思うところです。「ひと時でも華やかな気分になる」っていうのは、どんな境遇に置かれていても出来ることのようにも思うし、こんな時だからこそ、必要なことなんじゃないかなぁとも思います。
アハハ、確かにそうですね、美味しいもの食べる機会は多い方が良いです。

「ホワイト・クリスマス」ねぇ、確かに良い曲。私も取り上げてみたいと思いますが、そうですよね、あえて自分のところで人に聴いてもらうことの意味を考えると、どうしたものかと思ってしまいます。普通にいろいろなところで流れている分けですしねぇ。でも、取り上げないことには、クリスマス・ソング集としては、なんだか片手落ちのような感じもするというジレンマがあったりします^^
で、有名曲を取り上げるとなると、やはり照れみたいなのも出てくるんですけど、あまり知られていないアレンジ違いだとその辺はスムースにクリアできるみたいな感覚もあります。ただ、このアレンジだったら、原曲の方にした方が良いだろうっていう場合も多々あるようにも思います^^

その点、このゼブラヘッドの良くできてると思ったんですよね。超有名曲をおちょくってるっていう感じも少しあり、自分達より大きな存在にたてついてるみたいなのが感じがあるところも実にロックだと思う分けです。原曲通りに歌わず、ラップなども挟みつつ、自分達のビートで貫いてるところは、ホント、見事ですよね。そして、最後には、クリスマス・ソングらしく鐘の音でっていうのもなかなかのセンス、でも、この辺は、ロックというよりも、仰るとおり本来のクリスマス的な静けさって感じで、ポップス的なものに帰着して終わってるって感じもします^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。