スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ポール激似のドリーミー・イルミ

この時期の風物詩、イルミネーションということで、

そんな風情に合いそうな音楽をイルミネーション・サウンドと称し、

今週は音楽を連ねてみるという試みだったわけですが、

本日の最終回は、フライハイト(Freiheit、正式には、

Münchener Freiheit・・・ミュンヘナーって読むのでしょうか?)の

「キーピング・ザ・ドリーム・アライヴ

(Keeping The Dream Alive)」っていう曲をピックアップして

みます。

タイトルからして、ドリーミーである分けなんですけどね、

今回は、そんなドリーミーなイルミネーションの演出ってことに

なれば良いかなと思います^^

で、フライハイトっていうグループになりますが、これがまた

レアなんですけど、ドイツのグループです。ただ、この1988年に

発表された「キーピング・ザ・ドリーム・アライヴ」は、

世界的なヒットとなっていて、全米でも14位になってます。

コチラのサイト様を参照させて頂きました、さらに詳しくお知り

になりたい方はクリックでどうぞ)

この曲が収められた、アルバム「Fantasy」は、一部ロック・

ポップス通の間では、AORの名盤ということにもなってるようです。

と、まぁそんな感じで、日本ではレアと思われるフライハイトでは

ありますが、何が面白いかと言えば、出だしの第一声から思わず

笑ってしまうようなんですけど、明らかに、ポール・マッカートニーの

声なのです。で、曲を聴いていくと、これがまた明らかにポールの

作りだすメロディラインにクリソツだったりして、私は、最初これ聴いた時、

間違いなくこのグループは、ポールが何らかの形で関わったユニットだと

確信したんですけど、そういことでは、まったくないということでした。

ひたすら、ポール激似のヴォーカルということになるようです。

貼らせて頂いた映像は、ドリーミーな曲調も上手く反映されている

ファンタジックな仕上がりのPVになるんですけどね、

いかんせん、80年代、マスク処理が粗いって言うんですか、

髪の毛の辺りとかガタガタで、バレバレの合成映像って感じが

郷愁を誘うということにもなってます^^

ということで、これもし本当にポールが歌ってたとしたら、

間違いなくもっと沢山の人に語り継がれる名曲に

なってたんだろうなぁなんてことを思ってしまう一曲、

ドリーミーなイルミネーションの世界(って感じに思って頂くことを

期待しつつ^^)、フライハイトで、

「キーピング・ザ・ドリーム・アライヴ」です。



Münchener Freiheit - Keeping The Dream Alive




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

Illumination sounds
ジオヤーさん、おはようございますv-22

キラキラした音楽、私も探してみたくなりました。

それにしてもこの方、ホントにPaulに似てますね~

以前ラジオ聞いてたら、PaulはPaulでも、
Paul Simonそっくりの声の人がいました。

これほど有名な人に似ていたら、得ですね。



No title
おはようございます!

イルミネーションってやっぱり冬の風物詩なんでしょうね。いつやっても綺麗だと思うけどあまり春のイルミネーションとかイメージ湧かないかな。
クリスマス・ソングがまぁ一番ぴったりは来るんでしょうけど、こういうのもなかなかいいですよね。ちょっとしゃれっ気のある主催者だったらこういうのを選曲して会場を盛り上げてるかもしれないです。

ポール似ということで、わたしはビートルズではポール派なので、楽しみ半分疑い半分で聴いてみました。

もう最初のオーケストラのタッチからそんな雰囲気がして歌が始まったとたん、本当にポールそっくりというか、絶対にポール・マッカートニーが作ってるだろうって云う曲になってたので吃驚、聴いていてなんだか凄く楽しくなってきました。
フレーズがビートルズ関連の何かの曲とそっくりというわけでもなく、ちょっと大仰なオーケストラとかスコットランドかアイルランドの歌のような愁いを帯びたメロディとか、そういうエッセンス的な部分が共通してるんですよね。それと似てる声が重なって、まるでポール・マッカートニーの未発表曲みたいになってるということなんだと思います。これ、PVじゃなくてCDで音だけFMで流れてたりしたら、ポールの曲と間違いますよ。
でもドイツ人がアイリッシュの歌に似たものを提示できるとは思わなかったです。

ラトルズとよく似てるかな。あれもまるでビートルズが作ったような新曲に仕立て上げてたし。でもラトルズは意図的にビートルズのクローンをやっていたんだけど、こちらのほうはどうなんでしょうね。ポール的な曲が好きでこういう曲を作ったということなのか、作ってみたらこんなポールの未発表曲みたいな雰囲気になってしまったのか。期せずしてこうなったならポールの曲といわれるのは本人にとってはあまり嬉しくなかったかもしれないですね。
ともあれ、ビートルズの影響を受けたというミュージシャンの曲でも大抵どこがビートルズというのばかりだから、こういう雰囲気の曲を作れたバンドがいたというのは、わたしにとってはすごい楽しい情報でもありました。

タイトルが含まれてる歌詞の部分の、全体のメロディを収めにかかってる部分の旋律が良いなぁ。ちょっと頭から離れなくなりそうです。
Re: Illumination sounds
PATTIさん、こんばんわ

えぇ、一年で一番キラキラした音楽が似合う時期になるでしょう、是非探してみてください^^

コレ、紛れもないポールですよね(笑)
顔はとても似てるとは思えなくて、同じ系統の顔でもない分けなんですけど、声と顔というのは相関関係はまったくないということなんでしょうね。

ほ~、Paul Simonねぇ・・・また顔の話ですが、世界には同じ顔の人が三人はいるなんてことを言いますが、同じ声の人も結構いるのかもしれませんね^^

そうですね、有名人に声が似てたらいろいろ得かもしれません。
でも、それは端から見たらであって、似てたら似てたで、音楽をやってれば、本人的にはいろいろと悩みもあるような気もします。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

アハハ、春のイルミネーションねぇ・・・どうなんでしょう、冬は空気が澄んでるから綺麗に見えるってこともあるんでしょうね。
イルミネーション・サウンド、つっても私の場合来週はクリスマス・ソングということになり、その前の場つなぎ的な意味合いもあったりします(笑)、が、しゃれっ気のある選曲だと思って頂けたのなら、こんなに嬉しいことはないです。

おそらく、これ、聴く前の段階では、これ程までに似てるとは思わなかったでしょうけど(笑)
でも、ポールファンの薄荷グリーンさんにここまで言ってもらえるのなら、やっぱ本当に似てるんだなぁという気になってきます。
この曲は、こういうブログをやってるからには、80年代のヒット曲も取りあえずちゃんと聴いておこうみたいな感じで購入した「80'sヒット」的なオムニバスに入ってたんですけど、しばらくの間は、本当にポールがやってるもんだと思ってました(笑)、ソロになってからは、全てのレコーディングを知ってる分けでもないですしね、こういうこともやってたんだぁ、くらいの感覚でいた分けです。で、これもマジな話なんですが、良い曲だと思ったので、YouTubeには映像があるのかなと思い調べてみたら、まったく知らない人が出てきて吃驚したってことになってます(笑)
「エッセンス的な部分が共通してる」と薄荷グリーンさんは仰ってますが、調べてみると、さすが、まったくその通りということで、オーケストラは、ロンドン・シンフォニー・オーケストラってことのようですし、アレンジには、アラン・パーソンズ・プロジェクトのメンバーが関わってるみたいで、脇はイギリス系で固められてるようです。ドイツ人だけでは、やはりこの感じは出ないということになるのかもしれません。
このバンド、他の曲もYouTubeにあったので、ちょっと聴いてみましたが、他はポールとそれほど似てるという感じでもなかったです。なので、この曲は偶然似てたってことになるんでしょうけどね、でも、作ってる最中には、ラトルズ的に意図して似せたってのは間違いないでしょう。でなければ、これほど似てしまうなんてことはあり得ないはずです(笑)

えぇ、言われてみると確かにサビがら収めにかかってる部分の旋律の流れ、ホント、いい感じだと思います。これって、名曲の部類に入るものなんじゃないかなぁと思うし、フライハイトには失礼ですが、もし本当にポールが歌ってたらどうなってたんだろうなんてことも考えてしまいます^^
No title
こんにちは~ ジオヤーさん♪

これはおもろい!
ジオヤーさんは、どっからこんなレアもの
探し出すのか? ってのがomの
最大の関心事だったんですが
なるほど!オムニバスが切り口だったんですね!
合点!
とはいえ、音楽を聴き込んだ
あらゆる視点を持った人じゃないとなかなかねぇ
やはり、ジオヤーさんには脱帽ですd(-_^)
Re: オーメンまことさん
こんばんは

アハハ、バレました?^^
っていうか、元々オムニバスアルバム好きではありましたけどね。
理由は、ハズレなし、良い曲ばかりってことなんですけど(笑)
こうしてブログをやっていると、普通であれば聴き流してしまうところを、より詳しく知れるというのもあります。
例えば、今回の曲などは、一生ポールのものだと思っていたかもしれません(笑)
まぁ、ココは私なりのオムニバスを作っているという感覚もあります。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。