スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イルミネーション・サウンド・2011

なかなかの年の瀬、今年のオーラスまで残り3週間となり

押し迫ってきた感も強くなってきた月曜、また今週も

始まりました。来週には、もうクリスマスも控えてるってことでも

ありますが、街を彩るイルミネーションに心躍らされ

夜の街へとついついフラフラと出かけて行っては、

大枚はたいてあぁ後悔、みたいな(笑)、そんな季節にも

なるんですけどね・・・ってことで、今週もブログ★ラヂオ

始めてみますが、そんなこんなで、例によってですね、

おそらく今年で3回目になると思うんですけど、

街のイルミネーションに似合うサウンド、題して、

イルミネーション・サウンド(そのまま)ということで、

今週は音楽を連ね、綴って参ろうと思ってます。

まぁ、毎年やってることなので、要領も掴めてきたという

感じではありますが、定義としてはですね、キラキラとしていて

かつドリーミーなサウンド、そして夜を感じさせるっていう

まぁ、いい加減ではありますが^^、そんなところになるかと

思います。

で、本日はジョディ・ワトリー(Jody Watley)の登場、

曲は、1989年発表のアルバム「ラージャー・ザン・ライフ

Larger than Life)」に収録されヒットした

「エヴリシング(Everything)」です。

ジョディ・ワトリーは、1980年代後半には非常に人気のあった

ダンサブルで、ブラック・コンテンポラリーなアメリカの歌手になり

ヒットを連発していた分けですが、ソロになる以前は、

シャラマーの一員で、リードシンガーでもあったということで

知られることにもなってます。(詳しくは、コチラWikiで、

さらに詳しくは、コチラをご覧になるのが宜しいかと思います)

因みにと言っては何ですが、一般的には懐かしいといった感じの歌手

になるとは思いますが、そのサウンドは変遷を重ね、アルバムもほぼ

コンスタントに発表され、現在でも第一線で活躍されてます。

それでは、いかにもな80年代、ブラコン、キラキラ・サウンド、

ん~、これこそが私達世代がイメージする(バブリーな)

イルミネーション・サウンドってことにもなりますが^^、

ジョディ・ワトリーで「エヴリシング」です。



Jody Watley - Everything





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは!

今年の残りあと3週間って早いですよね。まだ年賀状も書いてないけどやるべきことを大急ぎでやってしまわないとこの3週間もあっという間でしょうね。
わたしもクリスマスの何か考えなくては。
大枚はたいてどうのこうのというのは実体験なんでしょうか。
今「大枚はたいて」って入れようとしたら「タイ米は炊いて」って変換されました。それはもう云われなくても炊くに決まってます。

今回のPV、聴いてみたら本当にきらきらしてました。きらきらした音をふんだんに使って冒頭のアクセサリーみたいに豪華な印象の曲になってますね。
イルミネーション・サウンドって云いえて妙だと思いました。「イルミネーション」という音楽ジャンルを作ってもいけるかも。ハウスみたいに訳の分からない命名よりもずっと分かりやすいです。
ドリーミーな感じも結構聴いていて気持ちよかったです。魂の叫びとかいったものとはちょっと違うかもしれないけど、夢見心地になるようなこういう曲も結構好きです。わりと起承転結がはっきりしてる旋律もわたしの好みかなぁ。
やっぱり21世紀の今ではちょっと流行おくれのスタイルになってるんでしょうか。ポップミュージックとしては華やかでいいと思うけど。
音楽ジャンル「イルミネーション」毎年12月には結構需要がありそうに思います。
No title
ジオヤーさん こんばんわ*

ジョディ・ワトリー
この人も初めて聴くアーティストです。。

しっとりと かつゴージャスな感じのヴォーカルが何ともいい感じですね。
間(2分53秒あたりから)で入るサックスも、たまらなく滲みました♪
No title
ジオヤーさん、今晩や!
(確か、80年代、こんな挨拶が流行ってました)
Jodyさんの眉毛が太い!
太眉女子は、80年代、世界的な現象だったのですね。
80年代半ばに結婚した私の
結婚写真の眉も、とっても太かった。今となると、
なんで・・・これで眉がもっと細くて少しアーチを
描いていたら・・・って思いでいっぱいです(+_+)
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

早いですよね、残り3週間、私も年賀状まだ書いてないし、過ぎてしまうのはあっという間なんでしょうね。しっかりと計画を立てないととんでもないことになりそうな気がしてきました。そして、来週はクリスマス、また今年も、薄荷グリーンさんのクリスマスソング集、楽しみにしてます。
さすがというか何というか、関西の人ですよね、鋭いとこ突っ込んできます(笑)
大枚って言っても、私にとってはということで、言うなればタイ米みたいなもんなんですけど(笑)、実体験としてそういことにならないようにしようってことにしておきましょう。

イルミネーション・サウンドは今年で3年目ですしね、そろそろ世間でも定着してきても良い頃かと(ウソです、笑)。でも、そう言ってもらえると嬉しいです。確かに、イメージしやすいかと思いますしね。そんなオムニバスアルバムが発売されても売れそうな気がします^^
この曲、80年代的と言ったら、まさに絵に描いたようにそうで、典型的ってことでもあり、今の感覚からするとベタと言われてもしかたのない部分もあるかなって感じではありますが、このメロディは、よほどの捻くれ者でもない限りは、良いと思うだろうし、サウンドは、あの時代ならではのこそのゴージャス感とドリーミーさってことで、これはこれで一つの完成されたスタイルとして、ずっと残っていくんじゃないかなぁ、なんてことも思います。
Re: 諸星輝々さん
こんばんわ

ジョディ・ワトリー初めてでしたか。
割と軟派で、チャライって感じもあるところなんですけどね^^
でも、現代のR&Bへとサウンドが変遷していく過程では、ひょっとしたら重要な位置にいる人のような気もします。

声も上品な感じ、ゴージャスなサウンドとは、良くマッチするってことにもなりますかね。
私もサックスソロ、良いと思いました。誰が吹いてるんだか調べてみたんですけど、分からなかったです、残念^^
Re: PATTI さん
今晩や!

・・・って流行ってましたか?、ん~、もしかしたら私は、そんなに深くまで80年代に浸りきっていなかったのかもしれないです(笑)
でも、まぁ、そんな感じのノリの時代でしたよね。
なんか、このPATTIさんのコメント、80年代が青春だった人の臭いプンプンです(爆)
ワンレン、ボディコン、そして、一直線太眉の時代。
結婚も早かったんですねぇ。まぁ、眉が太いのも、そりゃ当然なんでしょうけど、あまりにも時代感あり過ぎですよね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。