スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ナチュラルに暖か

今この記事を書いてるのは、12月9日の夜になりますが、

いよいよ冷え込んできました、部屋の中はもちろん暖房が

入ってますが、それでも寒い。省エネってことで、設定温度を

上げるのがなんとなく忍びないみたいな、少しくらいの寒さは

我慢しないとってことなんですけどね(笑)・・・ってことで、今週は、

そんな寒い夜にこそ心地良く響く、熱いソウルミュージックと

いうことでやってきた分けですが、最終回、本日の登場と

なるのは、クイーン・オブ・ソウルってことにもなり、レジェンドな

存在、アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)で締めてみたいと

思います。曲は、「ナチュラル・ウーマン

((You Make Me Feel Like A) Natural Woman)」です。

1967年のヒット曲となり、ご存知、キャロル・キング作の一曲に

なります。キャロル・キングの超特大モンスターヒットアルバム

つづれおり」にも収録されていますが、元々は彼女の作曲家時代の

作品で、アレサ・フランクリンに提供されたものです。

要するに、吉田拓郎が「襟裳岬」を歌うとか、「シクラメンのかほり」を

小椋佳が歌うとか、「世界中の誰よりきっと」を織田哲郎が・・・(くどい)

みたいな感じのセルフ・カバーということにキャロル・キングの

バージョンはなる分けです。

「あなたと一緒にいると、初めて女でいられる、自然な女でいられる」

って歌になり、決して天然ボケの女の歌ではないってことでもあります。

(原詞訳詞はコチラで掲載されてます)

まぁ、熱いソウルといってもバラード調になる分けなんですけどね、

やっぱ、アレサの歌声は、これぞソウルってんですか、深くて熱い感じ、

ディープでホット(同じか^^)、それでいてエレガントでスムース

っていう、なんでしょう、魂の奥底まで響いてくるようで、

こんな寒い夜でも暖かな心持ちになれるってことになりましょう。

ということで、アレサ・フランクリン、

「ナチュラル・ウーマン」です。

(アレサ・フランクリンについて詳しくはコチラWikiでどうぞ)



Aretha Franklin - Natural Woman





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
ジオヤーさん、こんにちわ。Aretha!

存在感のなせる歌。
ほとんど歌ってなくて、バックとお客さんに
みんなやらせてるのに

Arethaの歌。
自分を挟み込むべき場所に
ポンとはさんで

全色Aretha色。

すごいひと
Re: PATTI さん
こんにちわ

そうそう、これ、サビの美味しいところ,アレサはあまり歌ってないんですよね。
まぁ、ゴスペルタイプの歌の一つのスタイルではあると思うんですけど、自分を挟み込むべき場所に挟むというのも、間とかタイミングだとか、いろいろ空気とか読めないと難しいのでしょうねぇ~。
それにしても、この存在感は圧倒的ですよね。
No title
ジオヤーさん こんばんは

お久しぶりで御座います。

ライブならではのフランクリンさんの
良い意味で強烈なくどさが際立ってますね!

相変わらず生が好きな私ですが、
残念ながら飛行機嫌いの
この方のライブは日本では体験出来ないのでしょうね。
Re: 桃太郎さん
こんばんは

いやいや、お久しぶりです。
ご生存確認でき、嬉しく思います^^
私は、飽きもせず相変わらずのことやってますけどね(笑)

「強烈なくどさ」、これこそ今回テーマにしたかった、「熱いソウルミュージック」っことでもありますが、相変わらずの的確なご指摘ありがとうございます^^

えぇ、日本でライヴを観ることはできないでしょうね。ライヴ好きの桃太郎さんにとっては、やはり残念なことだろうと思います。

因みに、上でコメントされている方は、Pattiさんといって京都在住のヴォーカリストです。ライヴも頻繁に行っているようなので(さらには、歌も演奏もプロ級)是非ブログの方ご覧になられてはいかがかと思います。アドレスはコチラ(http://blog.livedoor.jp/pattialice22/)になります。
ジオヤーさん!
こんな風にリンクして、おまけにお勧めしてくださったこと、知りませんでした^^;
は…はんとしよっ、半年も 知らなくて

ごめんなさい!
ありがとうございましたm(_ _)m
Re: PATTI さん
いえいえ、どういたしまして。
桃太郎さんは、今はブログやってないようですけど、京都近辺に住んでいて、音楽に詳しいし、良く分かっていて、人も良い方です。
是非PATTIさんのライブに行かれて知り合いになられたら良いな~と思ったんですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。