スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ナウでアートなジャズ系ロック

10月も今日で終わり、明日からは11月、今年も残すところあと2ヶ月・・・

ってなんか凄いですけど、こうなるともう、今年も終わったも同然なんて

気にもなってしまいますが、せめて、この2ヶ月間くらいは一日一日を大切に

噛みしめつつ生きていきたいと今ここに誓うって感じではありますが、

おそらくは、あっという間にクリスマス、大晦日となってしまうのだと

思います(笑)

・・・と、また、あまり意味のない感じで、始めてしまった今週の

ブログ★ラヂオ、また一週間なにがしかのテーマを決めて音楽をお送りして

いきたいと思いますが、11月3日は「文化の日」ということでもありますしね、

文化、芸術みたいなところ、アートを感じる音楽のピックアップって感じで、

今週は行ってみたいと思ってます。

で、本日は、ザ・レイン・オブ・カインド(The Reign of Kindo)の

「ニードル・アンド・スレッド(Needle & Thread)」です。

最近ネットをいろいろと渡り歩いてたら、引っかかってきたバンドで、

実はよく知らないのですけど^^、ここのところ、ココも、おばちゃんやら、

おっさんだったりってんで、少しは若い血を注いで、ブログを若返らせて

みようということで、選んでみました^^

なので、当然、最近の若い人達のバンド、さらには、インディーズのバンド

ということにもなるようなんですけどね、その演奏力の高さが

素晴らしいと思ってしまった分けです。

アメリカはニューヨーク州のバンドということになるようです。

最近の人達の音楽をあまり一生懸命聴かないせいもあるかとは思いますが、

こういったジャズ・フュージョン系のプログレというか、ロックといった

音楽を新しい若い人のバンドで聴くことは久しくなかったです。

昔は、このようにジャズ寄りで演奏を重視するロックというスタイルも

割とあったように思うんですけどね、でも、最近のエモロックといったものを

感じさせるメロディーとの組み合わせというのは新しいです。

いやいや、歌のメロディーもなかなか良いです。

ネットでもいろいろと調べてみましたが、異彩を放つバンドとして、

インディーズバンドとしては、多くの話題を集めているようです。

まぁ、上の世代である私的な感覚では、ドラム、ちょっとドタバタ

し過ぎかなみたいな、スティーヴ・ガッドが叩いたらどうなるんだろう?、

なんてことも思ってしまいましたが、このドタバタ感が今っぽいというか、

プログレっぽい、さらにはロックということになるんでしょうね。

(何言ってるかわかりませんが、笑)

ってことで、ザ・レイン・オブ・カインド、2007年発表の

ミニアルバム、その名も「EP」に収録された一曲で、

「二ードル・アンド・スレッド」です。



The Reign of Kindo - Needle & Thread



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
ジオヤーさん、おはようございます

おばちゃんはないよ~
まさかジオヤーさんに
おばちゃん呼ばわりされるとは

若者に聞いてもらえたかどうか、
わかったらいいのにね。

もう、ショックだから、音楽へのコメなんか、
してあげな~い
Re: PATTI さん
こんばんは

いやいや、前回、前々回と記事の内容と登場アーティストが、オバちゃんやらオジさんだったということです。
まさか、PATTI姫のことをオバちゃんだなんて言える訳ないですよ。
っていうか、こういう風に敏感に反応されるということは、PATTIさん自身思い当たる節があるってこと?(笑)

で、オバちゃん、オジさんアーティストが続いてもなんなので、今回は、若い人達のバンドの登場ってことだったんですけどね、誤解を招くような文章でスミマセンでした。

PATTIさんもこういった今風の若者の演奏を聴いて若返って頂ければと思います・・・いや、PATTIさんは元々若いですよね^^;、是非音楽を聴いた感想も聞かせて頂ければと思いますm(_ _)m
言えば言うほど…
墓穴を掘るといいますか…
まあ、許してさしあげましょう -ニッ-

音楽の感想です。

やっぱり、うらやましいくらいの若さ!!!!
歌は特に、中学校の合唱コンで感じたくらい
不安な気持ちや、ピュアな心が伝わります。

演奏について言うと、最近確かにおじさん、おばさん。
おじいさん、おばあさんの演奏ばかり聞いてるし、
なんとなく学生っぽい気がしますね。
スキル的に、シャープさに欠ける、キレがない
もりあがらない・・・

ああ、わたしきっと、未熟なオトコじゃ、
満足できないんだわv-239
すいません…若さに嫉妬しての感想かも。

Re: PATTI さん
まずは、お許し頂きありがとうございます♪

しかしながら、ふ~む、やはりこのコメントには、若さへの嫉妬がうかがえますね~(笑)

このウネウネとしていてキレのないように感じる演奏スタイルは、最近のエモ(エモーショナルの略)といったロックの一ジャンルの影響を受けたもので、決して未熟という分けではないと思いますよ。むしろ上手いくらい。記事中ドラムがドタバタしてるなんて書いてますが、これはこれでこのスタイルが好きな人も沢山いるはずです。でも、PATTI さんが、そう感じたのであれば、それも正直な意見だし、そういう見方もあるということで承っておきます。

ヴォーカルに純なものを感じるというのは、確かにそうですね。
こういうのには、オジサンはかないません、ってかオジさんがやったら、きっとキモいし(笑)
女性って何だかんだ言ってもこんな純でひたむきな感じには弱いんじゃないですか?
でも、付き合うと子供っぽいとかね、つくづく女性って我が侭だと思います(笑)
No title
エモーショナルというジャンルをまた聞いてみたい。
このバタバタ感がむしろうまいというところを
理解できるようになりたいと思います。

失礼なコメントの数々、すみませんでした。

若い純粋さに負けないくらい、
おじさんたちの大人な思いやりが

絶対、好きですから。




Re: PATTI さん
エモを聴く大人の女性とか、なんかカッコいいですけどね^^
私も実のところは良く知らないんですけど、ひょっとしたら娘さん辺りの方がよく知ってるかもです。
ちょっと聴きかじった感じで、イメージ的には下リンクのような感じの音になると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=lzwIwSfiBHE

いやいや、失礼だなんて・・・
私は、まぁ、すけべ心というか悪あがきというか、最近のロックといった感じもたまには聴くようにしてるんですけどね、もしそれをしてなかったら、おそらくPATTIさんと同じような感想を持ったと思います。

>おじさんたちの大人な思いやりが 絶対、好き

嬉しいこと言ってくれるじゃないですか♪
私も若い頃よりは、人のことを考えられる人間になってるんだと思いますけど、でも、オーメンさんの思いやりというか優しさは、コメントのやり取りなど拝見させてもらうと、正直凄いと思います。
No title
ジオヤーさん、おはようさん

そうですね。omさん、

めちゃくちゃ優しいので、

ついつい 甘えてしまって。

そのうち、怒られるかもしれないです(笑)
Re: PATTI さん
こんばんは

私としては、PATTIさんがどこまで甘えたらオーメンさんが怒り出すのか、見てみたい気もします(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。