スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

カッコ良し、オラオラ系おばちゃん?^^

昨日は暑ささえ感じ、今日は風も強く寒いです。寒暖差にブンブン

振り回されている今日この頃、風邪などひかぬよう気を付けましょう

という感じなんですけど、今週のブログ★ラヂオは、そんなお日柄では

ありますが、秋のピアノ・ソングなる、悠長ではありながらも、

哀愁感を漂わせつつ行ってみようみたいなことでやってます。

本日は、タニア・マリア(Tania Maria)の「カム・ウィズ・ミー

(Come With Me )」をピックアップしてみます。

今回YouTubeから貼らせて頂いてる映像が、メチャメチャカッコ良くて、

思わず選んでしまったって感じなんですけどね^^

タニア・マリアは、ブラジル出身のピアニストであり、ヴォーカリスト、主に、

ラテンジャズといったジャンルで、1970年代から今もなお活躍を続ける

ベテラン・アーティストになります。(詳しくはコチラでどうぞ)

ジャズとファンクとサンバを融合したようなサウンドは、この人独特の

ものでもあり、多くのアーティストからリスペクトを受けるカリスマ状態

ということでもあるようなんですけど、特にクラブシーンから注目が

集まることになっていて、ココでは、以前に、ロニー・ジョーダンの

バージョンの「カム・ウィズ・ミー」(コチラでどうぞ)を

取り上げてたりしてます。

なので、この曲は、二度目の登場ということにもなるんですけどね、

今回は、その本家、オリジナルな演奏になります。

で、さらに、その本当のオリジナルとでも言いましょうか、初演は、

1983年リリースの同名のアルバム「Come With Me」に収録されていて、

タニア・マリアを代表するヒットアルバム&ヒット曲となってます。

(アルバム収録のバージョンはコチラで聴けます)

まぁ、こう言っちゃなんですが、映像を見ると、えらい気合いの入った、

覇気のあるオバちゃんって様子で、ちょっと恐い感じもありますが(笑)、

でも、凛とした上品さも漂わせていて、演奏は、ホント素晴らしいし、

カッコいいと思います。

ってことで、タニア・マリアで「カム・ウィズ・ミー」です。



Tania Maria - Come With Me

Come With You - It's Only Love ← ライブバージョンになります。




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

・・・この人、ジミー大西とは無関係なんでしょうか?(爆

いやぁ~、それにしても、迫力のあるお方だこと!
途中、観客に「アンタたちも歌いなさいよっ!」と要求しているシーンが出てまいりますが・・・正直、あんな強制力のある呼び掛けは初めてでございます。
何だか、歌わないとグーで殴られそう・・・(笑)

そうかと思えば、これまたすこぶる朝が弱そうなドラムもいるし・・・(笑)
「ロペス」って名前が誰より似合いそうなコンガもいるし・・・(笑)
あまりにも極端なバンドメンバーのせいか、すこぶる普通なイデタチのベースが、ものすごくカッコよく見えてしまいましたぁー!(爆

とはいえ・・・やはり、彼女のステージはカッコいいですね!
この迫力は、筋金入りのベテランアーティストじゃないと出せないものだと思います。

何となく、「大阪のおばちゃん」の臭いがするね~!(大阪のみなさん、ごめんっ!笑)
Re: ともさん
こんばんはv-484

ん~、そうですね、でも、やってる、やってるぅ~、とは言わないでしょうね・・・似てますが(爆)

私も、客に歌うよう要求しているシーンは凄いと思って見てました。
こりゃ、ホント強制ですよね、「コラっ、歌え!」みたいな、お前は泉谷かっ、って感じです(笑)

それに、ひきかえドラムは虚弱系ですよねぇ~、確かに朝弱そうです(笑)
コンガは、まさしくロペス、他には、カルロスだったり、パンチョスというのも候補としてはあるかもしれません。
でも、こういう人達の中では、「普通のベースがカッコ良く見えてしまう」というのは、日常のシーンでも応用が利きそうです。
虚弱系や、ロペスといった友達を作れば良いということになりますか・・・(笑)

「おい、コラっ!」っていう感じは、泉谷もそうですけど、やはりベテランの方がさまになりますよね。
あと、心地良いノリが坦々と続き、要所では盛り上がるみたいな演奏もカッコいいと思ったんですよね。

大阪の人でも、当のおばちゃん以外は、「大阪のおばちゃん」はこんな感じだと思ってるんじゃないでしょうか?
ただ、この場合、大阪のおばちゃんに対して失礼なのか、タニア・マリアに失礼なのか、よく分からないところではありますが(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。