スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ピアノ・シリアス・ポップ

先週末くらいから、なかなかカラっとはいかない、雨模様の

天気が続いてます。せっかく、今時分は晴れるとかなり気持ちの良い

陽気になる分けなんですが、なんだかもったいないみたいな

そんな感じで時が過ぎてゆく今日この頃といったところです。

・・・と、また無難な天気の話ではじめてみましたが、さっそく

また今週もブログ★ラヂオ、行ってみよう、ってことで、

やはり、そうですね、「秋と言えば」な感じでまた今週もお送り

するんですけど、聴きたくなるのは、ピアノ・サウンドになりますか。

・・・と、勝手に決めてみたんですけど、どうでしょう、しっとりとした

ピアノのサウンドにアンニュイな哀愁で身を委ねてみる、これもまた、

秋の風情の一つになるものと思われます。

で、本日はブルース・ホーンズビー(Bruce Hornsby)の1986年、

アメリカのチャートで1位になってる大ヒット曲

「ザ・ウェイ・イット・イズ(The Way It Is)」をピックアップして

参ります。なかなかピアノのフレーズが印象に残るポップ・ナンバー

ということになります。

が、この曲、単純にポップ・ナンバーとして片づけてしまっては

マズイ面も持ち合わせていて、歌の内容はシリアスなもので、

社会派のメッセージがかなり込められた一曲として知られています。

ちょうど、今世界が抱えている、格差社会、失業問題とも重なるところが

多分にあると思われるので、タイムリーな曲ということにもなるんじゃ

ないでしょうか。(原詞・訳詞はコチラで掲載されてます)

メッセージソングということでは、ヒップホップ系のアーチストからも

注目されることになっていて、幾多のアーチストにサンプリングされて

るんですけど、2パックのバージョン(曲名は「Changes」)が素晴らしい

ということで、コチラ←リンクしておきますので、

興味のある方は聴いてみてください。

と、まぁ、そんな感じではありますが、前述したように、伸びやかな

メロディーとピアノの旋律の心地良いポップナンバーとしても

十分成立していて、曲自体は、秋のピアノソングとしても問題なく

お聴き頂けることと思います。

申し遅れましたが、ブルース・ホーンズビーは、アメリカの

シンガーソングライターにして、ピアニスト、この

「ザ・ウェイ・イット・イズ」が、デビュー曲で、最大のヒットには

なりますが、決して一発屋ってことではなく、幅広い音楽性でもって

今もなお活躍し続けるアーティストになります。詳しくはコチラ

ご覧ください。

ということで、この頃は、ザ・レインジ(The Range)っていうバンドを

従えての演奏になる分けですが、アルバム「Way It Is」に収録された

ナンバー、ブルース・ホーンズビーで、

「ザ・ウェイ・イット・イズ」です。



Bruce Hornsby - The Way It Is

The Way It Is - The Way It Is




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

本日は、「うにせんべい」を食しながら拝聴させていただいているわけですが、まさかこのようなハイセンスで清々しい選曲をされているとは思わなかったので、どうして「シュークリーム」を選択しなかったのか?・・・と、猛省しているところでございます。

(先週の「田舎者祭り」の時ならいざ知らず・・・)

そんな気遣いの無さが影響したのでしょう。
一見楽しそうに見える彼らの演奏からも、ドロドロとした対立のようなものが垣間見られます。

ベース 「おい、兄弟!今日もなかなか良いカーリーだな!」

キーボード 「おうともさ!何しろ、昨夜は余分に巻き巻きしたからな!・・・って、見てみろよ、ドラムの頭を!」

ベース 「・・・ムムっ!巻いてないじゃないかっ!あのやろう、気を抜きやがって・・・」

ブルース 「・・・ちっくしょう!オレだって・・・本当はコレ以上、毛髪が痛むような事したくはないさ!でも、オレ達からカーリーを奪ったら、一体何が残るって言うんだい?マゲが結えなくなった力士は、土俵から去るだけ・・・カーリーを巻き巻き出来なくなったオレ達だって・・・」

ドラム 「わかったよっ!帽子を被りゃいいんだろっ!帽子を被りゃ・・・」

・・・おそらく、こういう事だったのではないでしょうか?

そんなわけで・・・今週は、お紅茶と洋菓子で訪問させていただこうと思います!(笑)
Re: ともさん
こんばんはv-484

「うにせんべい」は、私は食したことがないのですが、そのネーミングから「エビせんべい」よりもはるかに高級そうに思えるんですけど、海鮮モノの本場ではそれほどでもないということになるんでしょうか?
因みに私の家の近所には、最近静岡名産なる「桜エビのかき揚げ」をウリにする蕎麦屋(たぶんチェーン店)がオープンしておりますが、一度食べに行ってみたいと思ってる今日この頃です。(富士宮やきそばから始まり、最近は静岡モノの食が、かなりの攻勢をかけているような気がします^^)

とは言え、やはりこのブルース・ホーンスビーの清々しい音の前では、やはり洋菓子の方がよくマッチするというのは、確かにそう思います。
で、「うにせんべい」により、あらぬ方向へと思考が巡ってしまったようですが、バンド内の対立が浮き彫りとなってしまいましたか・・・ブルースのカーリーがそこまで必死なものだったとは・・・(爆)

まぁ、当時は、カーリーな頭が流行っていた分けですが、3人寄れば一人くらいは、ストレートヘアがいたものです。たのきんトリオしかり、いもきんトリオもしかり、シブがき隊も、そして、ストレート、真ん中分け系の人は、概ね甘口担当というのが常でありました。でも、このブルースのバンドに関しては、社会派の歌だっただけに、甘口は必要ないということで、帽子を被らされてしまった、というのが事の真相と私は推測いたしますが、どうでしょう・・・(笑)

えぇ、次回からは、是非、紅茶と洋菓子でお願いしたいと思います(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。