スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

帝王のメロー・センチメンタル

今週は、夏のクールダウンといった様相でやってきた

ブログ★ラヂオなんですけど、今日は、天候までなにやら

クールダウンといった感じで、大分しのぎやすくなってますけどね、

本日は、マイルス・デイヴィス(Miles Davis)の登場で、

曲は「ブルー・イン・グリーン(Blue In Green)」を行ってみます。

1959年発表のアルバム「カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue)」に

収録された一曲です。

以前にもコチラで、そこに収録されている「ソー・ホワット」を

取り上げているんですが、夏の夜にこそ相応しい

私が、人類史上最もクールと評してやまないアルバムです。

マイルス・デイヴィス、ジャズの世界では、帝王などと言われている

分けですが、この「ブルー・イン・グリーン」でも、そのリリシズム溢れる

それでいて、貫禄の演奏は存分に発揮されていて、よく

「卵の殻の上を歩いているようだ」などと表現されるんですけど、

まさに、マイルスの真骨頂といった演奏になってます。

ホント、美しい曲ですけどね、どうやら作曲者としてクレジットされて

いるのはマイルスになるようなんですが、実際には、ここでピアノを

弾いているビル・エヴァンスの作曲になります。エヴァンスは、そのことを

ずっと不満に思っていたようなんですけど、そこは、帝王ならではの

理不尽さということになると思われます^^

エヴァンス-マイルス-エヴァンス-ジョン・コルトレーン-エヴァンス-

マイルス-エヴァンスという展開で、ソロが繰り広げられていくんですけど、

もちろん、コルトレーンも含めどのソロも素晴らしい分けですが、

このエヴァンスのサンドイッチ状態という曲構成ながら、そのピアノが

出てくるたびにハッとさせられてしまうエヴァンスの力量というのも、

やはり凄いものだと思います。

で、今回YouTubeから貼らせてもらった映像はイメージ映像になりますが、

まるで短編映画でも観ているかのようで素晴らしく、こちらも

すこぶる良く出来たものになってます。

といったところで、夏のセンチメンタリズムといった感じでしょうか、

マイルス・デイヴィスで「ブルー・イン・グリーン」です。

(アルバム「カインド・オブ・ブルー」について詳しくは

コチラを、マイルス・デイヴィスについてはコチラをご覧下さい)



Miles Davis - Blue In Green

Blue In Green - Kind Of Blue




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
ジオヤーさん おはようございます。
いつもありがとうございます。

昨日位から涼しく、夜は肌寒いくらいでしたね。
私はバイクに乗るのですが、夜に乗ったら鳥肌が立って寒かったです。

正直、私は音楽は詳しくないのですがジオヤーさんの動画を再生すると「あっ、この曲聞いたことある!」という事が多いです。

今日の音楽は、すいません知りませんでしたが、聞いたら何故だかワインが飲みたくなりました(笑)
Re: 青ちさん
こんばんは
こちらこそ、いつもありがとうございます♪

なんだか、昨日あたりから急に涼しいですよね。
確かに、バイクだと服装を少し考えないと寒いのではと思います。

私、ココで音楽を聴いてもらえる人が、音楽に詳しいかどうかというのには、あまりこだわりはなくて、まずは、聴いて楽しんでもらえるのがなによりと考えてます^^
なので、このようなコメントも嬉しいです。

そうですね、ワイン片手になんていうのも合いそうな演奏です。でも、飲み過ぎないようにしてください、アレは悪酔いするので(笑)
Miles Davis
ジオヤーさん、こんばんわ。
映像と音楽がほんとによく合っていて、
素敵ですね~。

何時間か前にコメントを書き始めたけど
モード奏法!
ってことばが思い浮かばず、調べなおしてました。
マンネリ化し行き詰まったたアドリブを
ここから発想の転換で
再び発展させたっていう、すごいアルバムだそうですね。
3人ともが同じ思いで演奏してるのが
すごくよくわかりました。
ジオヤーさんのお蔭でちゃんと理解でき、
とっても嬉しいです
Re: PATTI さん
こんばんは

センチメンタル&スタイリッシュな映像、いいですよね^^
気に入ってもらえたようで良かったです。

思わず調べてしまいましたか^^
そうそう、モードが確立されたアルバムなんてよく言われますよね。
PATTIさんは楽譜にも精通してそうなので、理論的にも理解されることが出来そうなんですが、私のように音符にうとい者は、実際のところは、どういことなのかよく分からないのですけど、それでも、この巨匠3人が、仰るように、思いを同じにして演奏している音には、感動させられてしまいます。
PATTIさんもその辺の感覚的な理解が、今回出来たということなんだと思うんですけど、だとすれば、ホント、嬉しいです♪

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。