スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

穏やかな癒しの「波」

え~、今週は月曜日が、海の日の祝日ということもあり、

夏と言えば「海」、海にちなんだ曲を何曲かチョイスしてお送り

させて頂こう考えていましたが、前回は「なでしこジャパン」の

偉業達成に、つい気を取られてしまい急遽予定を変更ということでしたが、

本日は、また、本来業務に戻りましてですね、「海」といった曲を

選んでみる分けですが、アントニオ・カルロス・ジョビンの

「波(Wave)」なんてところはいかがなもんでしょう、という、まぁ、

前回のジョー・コッカーに続いての大人路線で行ってみたいと思います。

アントニオ・カルロス・ジョビン、トム・ジョビン とも呼ばれてますけどね、

ブラジルを代表する作曲家で、ボサノヴァの創始者などとも

言われてる分けですが、ボサノヴァと言えばの一曲、「イパネマの娘」の

作曲者として大いに知られています。さらには、ピアノ演奏者としても

多数の作品を残していて、この「波」は、彼自身の演奏による代表曲になります。

(さらに詳しくお知りになりたい方は、コチラをご覧頂くのが、

よろしいでしょう)

ブラジルを拠点に活躍した人ということになりますが、この「波」は、

アメリカに渡り、CTIレコードで録音されていて、ネイティヴなボサノヴァ

というよりは、かなりソフィスケイトされていて、

「究極のイージーリスニング・ミュージック」などとも評される、

1967年発表の同名のアルバム「(Wave)」に収録されています。

あの3月11日の忌まわしい大波の傷跡は決して癒えることもないのですが、

反面、この穏やかで優しい「波」には、人は、心地よさを感じ癒されもする

ってことなんですけど、ん~、「自然」ってやつは・・・って感じでしょうか。

とは言っても、今回貼らせて頂いた映像のライヴ演奏は、アルバム収録の

オーケストラのストリングス等で彩られたサウンドに比べると、

少人数のバンド編成によるもので、かなり元気の良い感じのアレンジには

なってるんですけどね。でも、まぁ、ジョビンのピアノの穏やかさは変わない

心地良さで響いてます。(アルバム収録の演奏はコチラ←クリックでどうぞ)

ということで、猛暑、女子ワールド・カップ、台風と少々緊張続きの

今日この頃といった気もしますけど、そんな流れの最中では、ちょうどいい

温度感で、一時のくつろぎといった演奏になるのではと思います、

アントニオ・カルロス・ジョビンで「波」です。



Antonio Carlos Jobim - Wave

Wave - Wave




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

アントニオカルロスジョビン
 ボサノヴァは良いですよね。
軽くて爽やかで、、、

その流れをくむ「アントニオソング」で有名な方、、
お名前をド忘れしましたが、、
10年以上前に新宿の厚生年金に観に(聴きに)行ったのが昨日の事のようですv-290

50年近く前の曲でも色褪せないですね
No title
こんにちは!

台風一過でなんだか涼しくなったような気がしないでもない感じになってますけど、そう思って油断してると結構汗が滴ってきます。やっぱりかなり湿度は高いかな。台風の具合はどうでした?
月曜日の休日って海の日だったんですね。知らなかった。わたしは水場といえば琵琶湖になるので海は本当に縁がないというか、海の音楽はそれなりに耳にしてるはずなんですけど、実際に行ったことってほとんどないです。

ジョビンのWaveですか。ジョビンといえばわたしはトム・ジョビンっていう兄弟がいるんだと思ってた時がありました。アントニオ・カルロス・ジョビンのほうがずっとかっこよくていいです。トム・ジョビンってなんかあっさりしすぎ。ボサノヴァの軽さに合いそうですけど、アントニオ~のほうが色気があってやっぱりいいですね。
このアルバム持ってます。ボサノヴァを聴き始めた頃に買いました。でも最初に聴いた時はなんだか百貨店の特売場ででもかかってそうな音楽っていう印象でした。まさしく究極のイージーリスニングっていうのをわたしも体験したような感じでした。
わたしはこのPVみたいなちょっと溌剌としたアレンジのほうが好みに合ってます。アルバムのほうは聴きこんでみるとジャケットの写真みたいにクールなのに色彩的で幻想的な側面も感じ取れるんですけど、ラテン系とは違う方向が結構見えてくる感じで、もうちょっとラテンっぽい雰囲気も欲しいと思うことがあります。
このジョビンの演奏は元気いいけどその割にちょっとあっさりしてた感じでしたね。でも荒れ狂う大波をイメージするような曲でもないだろうし、くつろぐにはこのくらいの密度がちょうどいいのかな。夏の午後に木陰でハンモックにでも寝そべりながらこういうのを聴いてると結構至福の時が過ごせそうです。
そんな生活が一度してみたいです。
Re: 直感馬券師さん
いつも訪ねて下さり、さらには、お初のコメント、ありがとうございます。
そして、スポーツを中心に、鋭い指摘を織り込んだ、直感馬券師さんのブログ、面白く拝見させてもらってます。

ボサノヴァはお好きでしたか。
リズミカルなんだけれども、派手になり過ぎず優雅みたいなのが、心地良いですよね。
マイケル・フランクスの「アントニオの歌」だと思いますが、そうそう、このアントニオは、ジョビンのことでした。
これも良い曲ですよね~^^、日本でも流行りましたが、そうですね、もう十年以上前のことです。でも、観にいかれたんですね、羨ましいです。

で、さらに古い「Wave」なんですけど、60年代の曲というのは、記事を書いてる時に調べて知ったんですけど、こんなに昔だったというのは、私も驚きでした。仰るとおり、古さを感じさせない曲、時代を超えて美しいメロディーって感じですよね。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

こちらでは、台風はちょうどいいお湿りになったという感じでしょうか。最近は雨が降ることもなかったですし。さらに、台風一過の今日は、爽やかだし、涼しいしということで、過ごしやすかったです。今夜は、久々に快適に眠れそうといった様子です。でも、それも今日限りなんでしょうね、そちらが蒸し暑いということは^^
「琵琶湖周航の歌」の時にも聞かせてもらったと思いますが、そちらでは、本当に湖水浴なんですね、海とは縁遠いようですが、私も人のことは言えなくて、海に行くとなると一大決心が必要となるような、海のない県に住んでいる分けで、なので、逆に海への憧れは大きいものがあるように思います。海は見ただけで感動してしまうようなところがあります。

この映像のタイトルが、Tom Jobimとなっていて、実は、私も最初、アントニオ・カルロス・ジョビンとは、別人と思ってしまいました(笑)
ってくらい、詳しくない分けで、今回の記事は、やはり調べながら書いてます^^;、でも、やっぱ良い曲ということでアップすることにしました。確かに、トム・ジョビンだと、フランクなアメリカ人といった感じで、ありがたみがないというか^^・・・付き合いやすそうですけどね^^、でも、アントニオ~の方が、音楽家としては、カッコいいということになるでしょうね。
もちろん、薄荷グリーンさんは、この辺の音は聴かれてるだろうと思ってました。いろいろ教えてもらってるのは、私の方ですしね^^、アルバムの方の音源は今回YouTubeでじっくり聴いた分けなんですけど、仰る通りですね、大分アメリカナイズというか大衆化ということなんでしょう、イージーリスリング化されてると思います。でも、これはこれで良いと思ったし、CTIというレーベルは、ジム・ホールとか、パット・メセニーなんかもここからアルバムを出してるんですけど、決して嫌いではないです。
で、映像の演奏なんですけど、確かにあっさり目ですね。もっと長くてもいいように思ったんですけど、メロディーの良さは引き立つ感じになってると思います。溌剌とした感じも私も良いと思いましたが、もうちょっと長い時間この心地よさに浸っていたいというか、食い足らなさが残る感じもありますよね。
南の島辺りで、ハンモックに揺られながら流れてくる音楽ということであれば、それはもう極楽、最高のシチュエーションということになるんでしょうけどね、はたして、これから先、そんな体験できたらいいのですが^^
No title
名曲ですよね。
私、ボサの中で一番好きな曲です。
Re: 浦太さん
確かに、名曲です。
でも、ボサノヴァの一つもギターで弾いてみたいって思うんですけど、コード難しいですよね~、断念してま~す(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。