スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

冷やし中華始めました的一曲

え~、今週はスムース・ジャズ的な音でお送りしようというこで、

月曜の時点では始めたつもりだったんですけどね、

その時には、全くのノーマークだった七夕というイベントに

気付いてしまったこともあり、前回はグレン・ミラー・オーケストラの

「スターダスト」をチョイスしてみたんですけど、

やはりスムース・ジャズというところでは脱線しているなぁと、

今からしてみれば、思ってしまうわけですが、

ならば、ということで、本格的なスムース・ジャズはまたの機会

にさせていただくとして、さらなる脱線ついでの七夕続き、本日は、

コリーヌ・ベイリー・レイの「ライク・ア・スター(Like A Star)」を

お送りしたいと思います。 まぁ、七夕といえば星なんですけどね、

「あなたはまるで星のよう」と歌う歌詞は、七夕とはあまり関係ないような

気もするところですが、まぁ、良い曲なのでね・・・^^

原詞はコチラ、訳詞はコチラに掲載されてます。

コリーヌ・ベイリー・レイは、イギリスのシンガー・ソングライターで、

実にソフトな歌い口、それでいて、強く訴えかけてくるものがあり、

か細そくてキュンとさせられてしまうのだけれども、芯は強い

といった印象が、多くの人に指示されている人になるかと思います。

変にこだわるようですが、スムース・ジャズといったところに強引に

結びつけるとするならば、私が思うに、一般的にはもっと

メジャーで、多くの人にジャズ・シンガーとして認知されている

ノラ・ジョーンズあたりの流れに乗って出てきた人のように思います。

要するに、大人のくつろぎ、リラックス感満載シンガーってことに

なります。

今日も暑かったですけどね、これから本格的に激しく暑くなる季節を前に、

ちょっとホロっとしてしまう音楽で鋭気を養うって感じには、

もってこいなんじゃないでしょうか・・・暑い日の冷やし中華みたいな(笑)

ということで、これは、彼女のデビュー・シングルにして、

2006年発表のデビュー・アルバムの一曲目に収録されてます、

コリーヌ・ベイリー・レイで「ライク・ア・スター」です。

(彼女について詳しくはコチラでどうぞ)



Corrine Bailey Rae - Like A Star

Like a Star - Corinne Bailey Rae




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
お陰さまで少し涼しい思いをさせて頂きました。
Re: 浦太さん
アハハ、最近はコラボ企画等でお忙しそうなところ、ささやかながらでも、涼が取れたということで良かったです^^
No title
こんばんは!

なんだか捨て台詞のような雨が何日か降ったのを最後に梅雨が明けたと思ったら、これまたむちゃくちゃ暑い夏が始まりましたね。
ひょっとして去年並みの暑い夏がまたやってきたんじゃないかと思うと、若干恐怖心すらわきかねないような心情になってます。
もう外出してあまり時間が経たないうちに、あまりの暑さに思考停止状態になるような感じ。今年は関西でも節電風潮なので涼みに入った場所のどこもかしこもぬるい湿気をまとわりつかせた空気で充満していて、汗が引くこともなくてうんざりです。

冷やし中華ということでグッドタイミングというか、昨日外出の折に昼ごはん食べようと「トムヤムフォー」って云うのを頼んだんですけど、冷たい杏仁豆腐もついてるし、わたしは季節柄てっきりピリ辛の冷製スープのものだと勝手に勘違いしてたら、暑いので気をつけてくださいという警告とともに店員さんが目の前に持ってきてくれました。
もうぜんぜん汗が引いてない状態で熱々のフォーをしかもラー油が効いてるような辛い状態で食べる羽目になってしまって、どうにかなってしまうんじゃないかと思いましたよ。冷やし中華、いいですね。わたしはすっぱいたれよりもゴマの風味が効いてるようなのが好きなんですけど、これだけ暑くなるとこういう冷たい食べ物を食べる醍醐味みたいなものの普段以上に楽しめるんじゃないかと思うので、暑さに仕返しでもするつもりで冷やし中華を楽しみつく夏にしてしまいましょうか。

最初のほうの同一フレーズが繰り返されるバックでコードがどんどん変化していくような、こういう曲は大好きです。メロディに付けられる彩のようなものが色彩感豊かに変化していくのが目に見えて分かるような感じがするから。メロディのほうもコードにあわせて変わっていくと、これはありきたりな進行なので、陽射しが移ろうようなこういう微妙な変化はあまり味わえないように思います。陽射しが移ろう、自分で書いてみてPVをこんなイメージで聴き終えたと改めて確認してしまいました。
最初はロリ声の囁くような歌唱の歌い手さんなのかなと思ったけど、わりと大人のイメージを崩さなかったですね。あまり甘さに寄りかからない囁き声の歌がキュンとさせられて芯が強いという印象に結びついてるのかなぁ。わたしもそんな印象でした。
こんな淡い光が差し込んでくるような部屋で時間を過ごしてみたいと、ぎらぎら太陽の熱波にさらされるような予感の夏を前にして切実に思いました。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

こちらも梅雨は明けましたけど同様に酷く暑い毎日です。
そちらでは、梅雨の終わりに捨て台詞のような雨、というか豪雨があったようですけど、今にして思うと、こちらは、空梅雨気味、さしてまとまった雨はなかったようでした。
それにしても暑い、昨年並み、いやそれ以上の猛暑は、やはり覚悟しておかなければならないだろうなぁと思ってます。
そうですね、恐怖心、っていうか、まさにサバイバル状態という気がしてます^^
あと、そちらも節電風潮ということで、どこもあまり冷房は効いてないようですけど、まぁ、うんざりという気持ちも分かります。が、この辺はやはり我慢ということになるんでしょうね。ってか、これからは、これが普通と思うのが人類のためには良いって感じもします。

「トムヤムフォー」って私も聞いたことないです。なんかタイ料理っぽいですけど、大変な思いをされたようですね^^。とにかく辛い「トムヤムクン」は食べたことあるので大体想像つきます。やはり、この時期冷たいのが出てくると想像しますよね。でも、そうですか、熱かったですか^^、しかも辛いとなると、発汗効果抜群ということになってしまいますよね^^
えぇ、夏は冷やし中華に限ります(笑)、まぁ、この時期しか美味しくないし。私は、酸っぱいのもいけますが、そうですね、ゴマの甘じょっぱいのも美味しいです。野菜もいっぱい乗っかったやつを、仰るとおり、暑さに仕返しするつもりでモリモリ食べるってのが良いかと思います。

なるほど、同一メロディーで、コードだけがどんどん変わっていく感じって言われてみるとそうですね。改めて聴き返してみましたが、ホント言われるとおりです。なんだか、ズルイ作曲法という気もしますが、この手法でしか出さない感じというのがありますね。アドリブ・ソロなんかだとコードが変わっても延々同じフレーズを繰り返すっていうのがありますが、この手法が生み出す感じをさらに強調したもののように思います。そして、この曲には、陽射しが移ろうような感じがあるというのもよく分かります。そんな、ソフトな肌触りっていうのが良いですよね。で、確かにロリ声、でも大人の佇まい、まぁ、アンニュイってことになりますかね^^

確かに、このPV、実に快適そうな空間を醸し出してますけど、これに比べたら、身の回りの現実は灼熱地獄ということになるでしょうね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。