スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

雨に唄う危ない人

毎日が雨模様、からっと晴れる日のほとんどない

いかにもな梅雨の候、今週は、何のヒネリもない臆面のなさで、

雨にまつわる音楽をということでやってみました。

まぁ、雨も音楽に乗せてしまえば、楽しむことも

できるんじゃないかということなんですけどね。

本日は、ブログ★ラヂオとしては、ちょっと変わったところに

なりますか、映画系なんですけど、まぁ、若い方は知らなくても

普通だと思いますが、多くの方には、知られているであろう名シーン、

・・・ってかベタなんですけど^^、ミュージカル・コメディ映画

「雨に唄えば(Singin' in the Rain)」から同名曲を

映画のシーンそのままに、お送りしたいと思います。

1952年に、公開された映画となり、アメリカの俳優、ジーン・ケリー

タップダンスの超熱演ということになります。

雨にまつわる曲ということで、今回、YouTubeに置かれてあるその映像を

じっくり観させてもらった分けなんですけどね、やはり、

かなり面白いということで、皆様にも楽しんでもらえるのではと思い、

ココに貼らせていただくことにしました。

日常では見られない動きをする人間っていうんですか、

にこやかにやってますけどね、これ、結構な極限状態で撮られてるんじゃ

ないでしょうか、少々キレ気味のようにも思えるし、

せまってくるような迫力さえ感じます。

でもですねぇ~、実は私、この映画観てないので^^;、

どういう経緯でこのような「うかれシーン」になっているのか

分からないのですけど、たとえコメディー映画であるにしても

やはりこれは、かなり危ない人ですね(笑)

でも、まぁ、このくらいやって初めて警察が止めにくるという

オチにつながるものなのしょう^^

ということで、ジーン・ケリーの名シーン、「雨に唄えば」です。

(映画「雨に唄えば」について詳しくはコチラをどうぞ)



Gene Kelly - Singing In The Rain

Singin' In the Rain - Classic Years of Gene Kelly




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんわ。。

この 映画 "雨に歌えば"は観てないんですがジーン・ケリーの この雨の中で歌い、踊るシーンはなぜか強烈に印象に焼きついてます。
この雰囲気がたまらなくいいですね。
そしてタップダンス
ほんと ここまでくればもうアート 素晴らしいエンターティナーだなって感じます。
Re: 諸星輝々さん
こんばんは

私も、今回改めてじっくりと観てたら、強烈なシーンに思えてきたんですよね。なんか凄いって思いました^^
そうですね、ここまでくると、もうアートなのかもしれません。
あと、どうやら輝々さんは、ダンス的でリズミックなものへの反応が良いようなんですけど、ドラムをやられる方としては、大事なことなんだと思います。まず自分が反応しないことには、人を踊らせることなんてできないですしね^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。