スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

想い出のグリーン・グラスの真実

最近は、爽やかな晴天続き、やっぱ5月はこれだぜといった

初夏の陽気が続いていて、なかなか清々しいわけですが、

今週のブログ★ラヂオはそんな気候にも乗せられつつ、

目に青葉って言うんですか、新緑の季節とでも言いましょうか、

そんなフレッシュな緑を思わせるような音楽を何曲か、ということで

また一週間綴らせていただこうと思ってます。

で、本日の一曲となりますのは、

「想い出のグリーン・グラス」、今回のお題には申し分のない

タイトルとなりますけどね、原題はさらに申し分なく、

「Green, Green Grass Of Home」です。

カントリーのスタンダードになりますが、

この曲で、おそらく最も知られているのは、

トム・ジョーンズのバージョンということになります。

コチラ←クリックで聴けます)

1966年にヒットし、7週連続で全英のNo.1になってます。

・・・が、この方は先週も登場してるし、今回の、爽やかな感じも

出していこうという線からは、ちょっと外れるところがあるので^^、

敢えて今回は、ジョーン・バエズのバージョンで、

行ってみたいと思います。

まぁ、YouTubeで、良い映像を発見したということもあり、

貼らせて頂き、お送りしてみようということです。

ジョーン・バエズは、1960年代に人気のピークを迎えたアメリカの

フォーク歌手になり、反戦活動や公民権運動といった社会的な

活動でも知られている人です。(詳しくはコチラでどうぞ)

映像からも、強い目力を感じる鋭い目線から、その辺の

意志の強さをうかがい知ることが出来ると思います。

といっても、女性らしい優しい歌声で、なかなかこの曲の癒しの

メロディーにマッチしています。

そう、単にメロディーといった観点から言うとそういことに

なるんですけどね、実は、この曲の主人公は男で、

しかも、刑の執行を翌日に控えた死刑囚の歌なんですよね。

1、2番の歌詞こそ久々に帰ってきた故郷の緑に安らぎを

覚えたって感じなんですけど、3番になって夢から覚めて

みると現実には死刑囚だったという、そういう歌です。

(歌詞の和訳はコチラでどうぞ)

って感じで、今回調べてみてビックリなんですけど、

なので、本来はやはり、トム・ジョーンズのような歌手が歌うのが

本筋ということになるようです。

でも、まぁ、日本人なので、やはり曲の雰囲気やメロディーを

楽しむという感覚が洋楽を聴く上では主になるだろうし、

そんな感じで今回も行ってみましょうって事になりますかね^^、

ジョーン・バエズで「想い出のグリーン・グラス」です。



Joan Baez - Green, Green Grass Of Home

Green, Green Grass of Home - Green, Green Grass Of Home ← トム・ジョーンズのバージョンです。




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは!

漸く初夏らしい気候になってきて気持ち良いですね。今くらいの季節が一番好きかな。暑くもなく寒くもなくというなら秋もそうなんですけど、これから寒くなっていくという季節よりはやっぱり太陽の季節に向かってる今の方がわたしは好きです。
「思い出のグリーン・グラス」まさしく季節にぴったり。優しいメロディだけど哀愁感の方向には落ち込まない感じの曲だから爽やかな感じとして受け取ることが出来ますよね。日本だと昔から美メロイコール哀しい曲って云うパターンになることが多かったから、爽やか方向に連れて行ってくれるような曲は大好きです。
わたしはこの曲はフォークシンガーがうたってることが多いような気がして、フォークソングだと思ってたんですけど、元はカントリーなんですね。しかも歌詞の内容がそんな内容だったとはまったく予想外でした。
ジョーン・バエズが取り上げてるのもひょっとしたら内容の社会的な側面が気に入ってのことだったんだろうかって思いました。
ジョーン・バエズが歌ってるのを実際に見たのも初めてじゃなかったかな。フォークソングは割りと好きで聴いてたところはあるんですけど、ジョーン・バエズは何故かあまり聴かなかったです。今思い出す曲といえば「We shall overcome」とか「風に吹かれて」とか「ドナドナ」とか。PPMとかブラザーズ・フオーだとかあとは日本のフォークソングなんかは割と聴いたんだけど、やっぱり社会活動の一環として歌手をやってるようなイメージがついてたからなのかなぁ。音楽的な側面は聴ける程度で十分で、メッセージのほうに重点が置かれる類のミュージシャンだと思ってました。
聴いてみると、これを主張するぞって言う意気込みも見せずに意外と素直に歌ってるんですね。メッセージ性が仮になかったとしても伸びのいい声で歌手として確実に成立してる歌唱だなって思いました。でも確かに目の力が凄そう。ラブソングなんか歌った日には男に詰め寄るような歌しか歌えないかもしれないと思うくらい。これはプロテストソングなんかを歌ってたからこんな目つきになったのか、この目で男女の機微なんか歌われたらちょっと怖いかもしれないです。

ウッドベースのシンプルなリズムと生ギターの伴奏も久しぶりに聴くと素朴でいいです。フォークギターじゃないんですよね。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

えぇ、気持ちの良い日が続いてますね。今日あたりは、ちょっと暑いくらいでしたが。でも、ホント、1年中こんな陽気だったら良いと思うし、これから寒くなるような秋とは違って、気分的にも元気な感じになります。

「思い出のグリーン・グラス」、この季節にぴったりと思ってもらえて良かったです。
穏やかで、優しいメロディが爽やかになるっていう感じは、言われてみると、邦楽にはなかなかない感性のような気がします。
仰る通り邦楽の場合は悲しみの方向に行きますよね。と言って、爽やかな曲と言えば、体操のお兄さんのような、松田聖子のアップテンポの曲とか、なんだか良く分かりませんが^^、なんだろう、安らぎと爽やかさを兼ね備える感じってあまりないのかもしれません。
作者はカーリー・プットマンという人だそうで、やはり元はカントリーということになるそうです。
歌詞はとんだブラック・ユーモアというか、オチは大人向けですよね^^、こういった大人向けポップスという感覚も日本にはなかなかないように思います。で、そうですね、ジョーン・バエズもそんな死刑囚の歌といった社会的な側面で取り上げたのかもしれません。
ジョーン・バエズは、なにやら、本格派というか、恐い人というイメージがありました。いい加減には手を出せないなみたいな、ボブ・ディランにも言えることなんでしょうけど。
その割りには、音楽的な面白さという点では、人と違っているところで、そんなに秀でてることもないだろうということで、積極的に手をだす感じにはならないですよね。確かに「ドナドナ」のイメージが一番です。
フォークは、一時日本で大流行した時、私もそれなりに、周りと一緒になって聴いてたように思います。でも、やっぱり、ビートルズでしたけどね^^、ブラザース・フォーは、今回の企画で取り上げようかと考えたところです。さすが鋭いところ突いてきます(笑)
私も、今回ジョーン・バエズの映像初めて見ましたが、仰る通り、飾り気のない素直で伸びやかな歌声が良いですよね。先行イメージは、むしろ仇になってるように思います。でも、仰るように、プロテストソングを歌ってたせいなのかなぁ~、目には力がありますよね。確かにこの目で、ラヴソングを歌ったら男に詰め寄り、さらには、攻めてくる感じになるんでしょうね、まぁ、引いてしまうように思いますが(笑)

アコースティックな編成のバンドもいい感じですよね。ギターはリゾネーター(ドブロ)っていう、愛用するブルースマンも多い渋いやつですね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。