スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ドイツのフュージョン野郎

おぉ!、早い!、桜の季節も終わったと思ったら、

さらには、4月も今週で終わりということになりますか。

今年は、考えさせられることもいろいろとあったりで、

時の経つのは、例年よりさらに早く感じます。

一般的には、落ち着きを取り戻し沈静化をみせているとは

言っても、現実的に、解決へとは、ほとんど進展をみせていない

状況にある、避難生活を送られている方々、そして、原発の

問題を引き起こした3月11日の出来事は、忘れ得ぬこととして、

いくら季節が過ぎていくのが早く感じられても、

これからも、まだまだ心に留め置かなけれればならない

事と思ってます。

にしても、まぁ、今週の終わりには、ゴールデンウィークも

控えているということで、それぞれの立場の違いこそ

あるのでしょうけど、それなりに楽しむことも、悪いことでは

ないと思います。

ということで、今週は、ちょいと車でドライヴなんていう

シチュエーションのBGMとしても合いそうな、ご機嫌な

フュージョン・サウンドで何曲かお送りしたいと考えている

ブログ★ラヂオってことで行ってみます。

本日は、ほとんど誰も知ることはないと思われますが(笑)、

ニルス・ゲシンガーの登場です。

とにかく、私が、フュージョン・ジャズ系のサウンドが取り分け好き

だった頃に、なにげに購入してしまい所有しているCDからの

曲なんですけど、経歴とかよく分からないし、ネットで調べても

これといった情報を得ることはできませんでした^^

CDそのものは、ジャズ・フュージョン・ファンの間では

よく知られているレーベル、GRPから出ているのですけどね。

GRPの主催者でもあり、キーボーディストのデイヴ・グルーシン

サウンド的にも似ていることから、第二のデイヴ・グルーシン

なんて言われ方もしている人のようです。

それと、もう一つ重要な情報として分かっているのは、

ドイツのミュージシャンということぐらいです^^

ドイツ人気質っていうんですかね、今回貼らせてもらった映像は、

確かにご機嫌でノリの良いものではありますが、かなり真面目な

演奏といった雰囲気も伝わってきます。・・・ちょっと、固いかな^^;、

でも、まぁ、その辺は、日本人にも相通じるものも

あるように思え、むしろ好印象と映るかもしれません。

ということで、ニルス・ゲシンガー、1996年に発表され、

なかなか良い曲、良い演奏揃い、コンポーザーとして、

サウンド・クリエイターとして、そして、キーボーディスト

として結構な実力が発揮されいる、同名のデビュー・アルバム

よりのタイトル曲、ファンキーなキーボード、

フェンダー・ローズの響きがなかなかカッコいい、

「ダックス・ン・クッキーズ」です。



Nils Gessinger - Ducks´n´cookies




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは!

なんだかニュースでも特別なものとして扱わないような感じになってきて、原発もそろそろ落ち着いてきたのかと勝手に思ってますけど、実際は殆ど何の進展もなくて依然として放射性物質垂れ流し状態なんでしょ。垂れ流された量は問題にされるけど、垂れ流してること自体は妙に納得して受け入れてしまってる感じになってますよね。本当に早急に何とかして欲しいんですけど、復旧の予定表はこうなったらいいなぁという願望の集積物だというし、これからどうなっていくのか、本気で日本の行く末が心配です。
ドライブに聴く音楽ですか。わたしは車の免許持ってないので車に関してはまるっきり何も知らないのと同じ状態です。何かの事件の目撃者になって逃走した車の種類なんか訊かれた日には、色くらいしか答える術を持ってなかったりします。だから音楽を聴く目的の中に車の中で聴くというカテゴリーが存在してないんですよね。ひょっとしたら車で聴いたらものすごく面白く聴けるのに、車で聴かないせいであまり面白くないなぁと思って素通りしてる音楽もあるかもしれないなぁって思いました。

この人は知らないですねぇ。大体ドイツの音楽家ってクラシック以外だったらクラフトワークだとかほんのちょっとしか知らないです。
細かい音がきっちりと緻密に組み合わさって曲を構成していくこういうのは、ひょとしたらドイツ人こそ演奏するのに一番相応しいんじゃないかなんて思って聴いてました。どこか醒めたところがある感じが意外と曲想に反発してない印象というか。フェンダー・ローズもどちらかというとクールな音出しますよね。黒っぽいシャツに黒っぽいジャケットっていうのも、のりがいいだけじゃないんだよって主張してるみたいでかっこいいです。何故かスーツで演奏してる人を見ると妙にかっこよく見えるんですよね。
それとパーカッション。これも結構クールというかラテンで聴くのとはまたタッチが全然違って聴こえて面白かったです。

反対に駄目なのがギターの人かなぁ。ギターの腕はともかく、まるで田舎ものみたいなファッションなんだもの。
聴いていて思ったんですけど、フュージョンってこのベースの弾き方がやっぱりかなり決定的な印象になってますね。この演奏だとスラップ全開というほどでもないけど、ひょっとしたらベースの人ってスラップ奏法がスタイルとしてあまりに強烈なのでその呪縛から逃れられない人が多いんじゃないかって。ジャスから発展してながら、随分と違う音楽になってるんだなというのも思いました。もはや4ビートでもないし、ギターも箱ギターじゃなくてストラト使ってるし。なぜかジャズギターの人ってストラトとか頑なに使わないですよね。普段は古臭いジャズをメインに聴いてるからそんなことをちょっと思って聴きました。
No title
こんにちわ*☆

ファンクなスムース・ジャズ系サウンドは自分も好きです。

この手の曲って(どの曲もそうですが)、個々の演奏のデキは勿論ですがそれ以上に、トータルなアンサンブルがバッチシ決まってないと聴くに絶えないものになってしまいますが、ジャストフィットなフィーリングで決めてて安心して聴ける1曲だと思います。
そういう点でも彼の力量が感じ取れるナンバーですね。

それと、サウンドを引き締め、グルーヴを生み出すベース・ドラムス そしてパーカッション この3人がまたなかなか頑張ってますね。
ビシっとタイトにビートを刻んでいて曲にイカシたノリを生み出してます。
ホーンセクションの起用も曲にほどよくスパイスを加える意味で成功してますね。
なんか、ドイツのユニットって聞くと音も固い感じなのかなって思ってましたが、心地よく聴けた1曲でした。



Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

どうも原発は、電力会社とメディアが結託しているような印象があって、騒がなくなったのは、問題が解決されつつあるからという風にはとれないです。
できるだけ穏便に、今後の原子力のことも考えてというように思えてしまうんですよね。
本当に安全な状態になるまでは、毎日、放射能の状態も含め、今日はどういう作業をして、どういう進展があったということを伝えて欲しいところです。
放射能物質の垂れ流し、恐ろし過ぎますよね。こればかりは、絶対にうやむやにさせてはいけないことですよ。
そんなことがないよう、そして、日本の将来のためにも、まだまだ、皆で関心を持ち続けなければならないと思います。

そうでしたね。車にまったく関心のない人からすれば、ドライブに合う音楽と言われても・・・って感じでしょうね。
まぁ、基本運転に集中している分けですから、BGMとしても気持ちの良い音ってくらいに捉えてもらえたらと思います。
移動しつつ、通りすぎていく風景を見ながら聴く音楽というのは、部屋で聴いているとはまた違った感覚になるというのはあります。
でも、車で聴くといきなり良くなる音楽というのはなくて、やはり、部屋で聴いても良いというのは前提になると思いますけどね^^

えぇ、この人は普段スムース・ジャズ系の音楽に関心のある人でも、知る人は少ないと思います。
もともと、そんなにファン数の多いジャンルとは思えないですし、さらにはドイツ人ですからね(笑)
なるほど、細部にまでこだわって緻密に計算して音を組みたてていった演奏という感じはありますね。
このシャープな感じがドイツ人ということになりますかね^^
確かに、スーツを着ての演奏というのもそんなスタイルに合ってて良いです。
ラテンで聴くパーカッションって粘りのようなものがあるんですけど、このあっさりとしたタッチも面白いですよね。
まぁ、線が細いっていうのはあるようにも思いますが^^

チェックのシャツのギタリスト、ダメだったですか^^
思うに、この人は、ロックからジャズの世界へ進んでいった人なんでしょうね。
やっぱジミヘン最高みたいな(笑)
そうですね、スラップのベースが絡むといきなりフュージョンといった風情が出てきます。
えぇ、私も、どこか呪縛にでも囚われているような感じもあります。でも、取りあえず目立つ華のある演奏にするには手っ取り早いということになるんですかね。まぁ、昔ながらのジャズと比較すると、まず、ビート感はまったく違うものですよね。共通点といえば、たくさんの音が使われた楽器演奏がメインの音楽ってことくらいかなぁ^^
Re: 諸星輝々さん
こんばんは☆

えぇ、いつも諸星輝々さんのところでは、トム・スコット等、聴かせてもらってるのでそうだと思ってました。

そうですね、アマチュアがこの手の演奏をするとグズグズになってしまうケースがほとんどだと思われます^^
難しいですよ、こういう演奏は。
でも、まぁ、ここでは、カチっと、キッチリとまとまった、なかなか手応えの演奏だったんじゃないでしょうかね。

粘りを感じる黒人系のグルーヴとはまた違う、シャープで、クールなノリっていうんですかね。
仰るように結構ビシビシきてますよね。
で、そうですね、ホーン・セクションの感じもセンス良い味付けになってて良いです。
心地良く聴いていただけたとのこと、良かったです^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。