スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

そっくりさんの恋のアタック

ってことで、今週はゴールデンウィークを前に

気持ちが上向きになるような、春のウキウキポップスと

いうことでやれせていただきましたが、

本日の登場はビリー・ジョエル

曲は、「あの娘にアタック」、原題が、

「Tell Her About It」で行ってみます。

前回は、ギャル・カルチャーを思わせるアクアということ

でしたが、今回は、無茶せず従来どおり、まさにココらしい、

オジさんカルチャーの代表ということになりますかね(笑)

とは言っても、「Tell Her About It」、「コクっちまいなよ」

くらいの意味になるんでしょうか、そんな嬉し恥ずかしな

恋愛行動を盛り上げて後押しするといった様相で、

アクティヴさをかき立てるようなイケイケな一曲になってます。

1983年発表のアルバム「イノセント・マン」からの

シングル・カットになりますが、このアルバムは、

リズム・アンド・ブルースやドゥー・ワップの影響を大胆に

取り入れた作風になっていて、数あるビリーの作品の中でも、

異色な意欲作といった一枚になるかと思います。

ビリー一流のポップなメロディーを持つ明朗な曲が、

最初から最後までずらりと並ぶ好盤ということになってます。

で、この「あの娘にアタック」は、一聴して分かる通りの

明らかなモータウン・サウンド、やっぱ、ウキウキな

サウンドといえばコレでしょうといった定番で、今や

普遍性を獲得しているもののように思います。

アメリカでチャート1位となる大ヒットになってます。

(ビリー・ジョエルについて詳しくはコチラ

アルバム「イノセント・マン」はコチラ←クリックで

ご覧下さい)

で、今回YouTubeより貼らせていただいた映像がですね、

何て言いましょうか、はっきり言ってしまうと、

そっくりさん映像ということになるんですけどね(笑)

でも、まぁ、悪ふざけというよりは、ちゃんと笑える

エンターテイメントになってると思います。

私は、最初に見た時は、マジなプロモーションビデオ

なのかな?と思ったほどの出来です。

ちょっと出所は分かりませんが、何かの映画からの抜粋

なのかもしれません。設定は、アメリカで超人気のあった

娯楽音楽テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」の

パロディーなんだと思いますけどね。

首のない司会者、エド・サリヴァン(詳しくはコチラ)の

そっくりさん、笑わせてもらいました。

ということで、ビリー・ジョエル、

「あの娘にアタック」です。



Billy Joel - Tell Her About It

本物のライブ映像はコチラ←クリックでどうぞ。




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは!

東京はどうだったか分からないですけど、振り返ってみればこの一週間、わたしの周囲では雨ばかり降っていたような感じです。
ちっとも春らしくない鬱陶しい一週間だったのでウキウキポップスはちょうど良かったんじゃないかと思います。
ところでギャルカルチャーの探索の旅はもうやめるんですか。もっと深みにまで突っ走って欲しかったのに。

エド・サリバンは本当にそっくりですね♪
こんなユニークな見かけの人は他にいないと思ってたのに、世の中にはいるんですね。それとも実は似ても似つかない人だけど仕草とかのまねだけでここまで似た感じにもっていってるのかなぁ。どっちなんでしょうね。そういうことをあれこれ思わせるくらいエド・サリバンは似てました。
PVの歌の部分と大枠のエド・サリバンショー以外のドラマっぽい部分は全く理解不能でした。最後のおじさんも誰?って云う感じ。
これはビリー・ジョエルも物まね師がやってるんでしょ?だったらビリー・ジョエル本人がこの曲を歌うときにはこんな派手なアクションで歌ってるとは限らないって云うことですよね。そうじゃなくてこれも物まねなんだから本人もこの歌はこんな風なアクションつけて歌ってるんでしょうか。わたしはビリー・ジョエルというとあまり聴いた事もないしピアノの前に座ってるイメージしかなかったから、なんだか違和感がありました。でもこののりの歌はこんな感じで歌わないと様にならないですよね。

それと最初にサリバンもどきの人がトッポ・ジージョって云ってますよね。これはトッポ・ジージョの出し物が終わって、ビリー・ジョエルのステージが始まったという設定なんでしょうけど、わたしはこの前にあったはずのトッポ・ジージョも観てみたかったです。
No title
こんばんはv-85

わたくしも、このアルバムを所有しておりますが、全体的にポップな楽曲が多くて、春には持って来いな仕上がりになっていると思います。
まぁ、わたくしの場合「THIS NIGHT」が聴きたかったから購入したんですけどね!^^
ビリー・ジョエルの中では一押しと言ってもいいアルバムだと思いますよ!

ほほぉ~、「コクっちまいなよ」ですか。
まぁ、たしかにこのポップさ加減からは、コクるかコクらないか迷える子羊になっている当人の重い心情などお構い無しに、笑顔で「当たって砕けろ」などという無責任極まりない発言をのうのうと言ってのける第三者の能天気さが窺えますが・・・(笑)

どうやら、このビリー・ジョエルもそっくりさんのようですが、歌はビリー本人だよね。
コーラスも原曲のままな感じだし・・・
でも、歌もこのそっくりさんが歌っているなら、たいしたもんだよ!
パフォーマンスのみなら・・・杉山清貴がやっても変わらないかなぁ~?
サングラスかけてたら、誰がやっても同じに見えると思うし・・・(笑)
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

こちらは(東京じゃなくて、北関東になりますが^^)、一日ごと違う落ち着かない天気でした。
季節の変わり目、春らしいといえば、まぁ、そうなんですけど、そちらは、雨ばかりでしたか。
でも、桜が咲いて終わりの頃って、毎年雨の日は多いような気もします。
そんな最中、ウキウキポップスはちょうど良かったということで、これは予期せぬこととはいえ、良かったと思います。
ギャルカルチャーの探索の旅ですか・・・面白そうですけど、ん~、前回のように表面的にならまだしも、深みへとなるとねぇ~、私のような者には手に負えない、付いていけないような気がしますが^^・・・アクアは他にも良い曲があるので、今後再びの登場があるかと思います。

エド・サリヴァン似てますよね(笑)
私は、元々似てる人なんだと思うんですけど、さらに仕草や表情で、本人の特徴を強調しデフォルメしてるのが笑えます。
えぇ、意味不明の部分も多い映像ですよね。そんな訳の分からない感じも面白いのでは、と思ったんですけど、どうでしょう^^
この曲でYouTubeを検索してたら偶然見つけた映像なんですけど、私も、ビリー・ジョエルがこんな感じで歌ってたというのは知りませんでした、が、本人のライヴ映像もコチラ(http://www.youtube.com/watch?v=ZL2XpiEuXNQ)にあって確認した分けですが、実は、本物の方がもっと大きなアクションと切れの良い動きで歌ってたりします^^

良くは知らないのですが、エド・サリヴァン・ショーでのトッポ・ジージョの出演シーンというのは有名なんですかね?
前にテレビで見たような気がします。
それから、このいかつい感じのエド・サリヴァンが真面目にトッポ・ジージョを紹介するというのも面白いのだと思います^^
トッポ・ジージョがエド・サリヴァン・ショーに出ているところもYouTubeにはあったので、まぁ、ご覧になってみるのも面白いかと思います。コチラ→http://www.youtube.com/watch?v=garNxavx8gY
Re: ともさん
こんばんはv-484

このアルバム良いですよね!、私も一押しです。
黒人音楽へのオマージュといった感じが良いと思います。
ロックが好きで、黒人音楽が好きといった人には好感をもって受け入れられるアルバムなんじゃないでしょうか。
ただ、ロックが主に好きというタイプには、ひたすらポップなアルバムということになってしまうのかもしれませんね。
でも、そういった人達の音楽世界を拡げていくようなパワーも秘めているアルバムだと思います。
で、ヒットしたこの曲や「Uptown Girl」、「The Longest Time」でもなく「THIS NIGHT」ですか・・・さすが、渋いところついてきますね^^、もちろん私もいい曲だと思います。

そっか~、こんな感じの「コクっちまいなよ」で、当たって砕けろ的では、本当に相手のことが好きで、砕けたくないと思っている人には無責任ということになってしまうでしょうね^^
ただ、わたしが思うに、ビリー・ジョエルという人は、そうい面では、むしろ人一倍悩める子羊になってしまう人なんじゃないかなぁと、自分で自分に言い聞かせてるってことなのかもしれませんね^^

そうですね、歌は、CDの音源のまま、これは口パクでしょう。
確かに、杉山清貴でも良さそうです(爆)、でも、同じサングラスでも、舘ひろしでは無理なように思いますけどね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。