スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

才女の優雅春ジャズ

いよいよ今日は暖かで、これからまた、暑い夏へと

向かっていくような、そんなことも思わせる陽気でした。

ホント、ちょうど良いというか、そして、ちょうど良いというのも

そうは長く続かない分けで、結構微妙な感じもするし、

せっかくの春の訪れ、満喫したいとも思ってます。

といったところで、今週は、そんな春の陽気に誘われて、

ちょっと華やいだ気分になる、オシャレな装いの音楽で

お送りしようと思っているブログ★ラヂオ、本日は、

エスペランサ・スポルディングの登場になります。

前々回、アーケイド・ファイアの今年のグラミー最優秀賞の話題を

してみましたが、このエスペランサ・スポルディング"は、

今年のグラミーで、最優秀新人賞に輝いてます。

まったく凄い才能の持ち主が出てきたもんだと思います。

今回チョイスさせてもらったYouTubeのライヴ映像でご覧になれますが、

ベースを弾き、歌を歌い、曲も書くという、シンガー・ソング・ライター・

ジャズ・プレイヤーみたいな、結構なユニークっぷりで、

十分にその才気のようなものが伝わってくる映像だと思います。

20才にして、バークリー音楽大学を飛び級で卒業、その後同学校で、

史上最も若い教授にもなったというのですから、そちらの学業面においても

すこぶる優秀な能力を持っているということになります。

(詳しくはコチラをご覧下さい)

実は、最初に耳にしたのは、ココによく有り難いコメントを

残してくれている、薄荷グリーンさんの主催するブログ「彗星絵具箱」で

なんですけどね。センスが良い上に早耳でもあったということで、

恐れ入りましたという感じです^^

曲は、「プレシャス」、前述のように、ほとばしる才能のようなものを

感じる映像ではありますが、ガチガチにアカデミックという分けでもなく、

今回のお題、春らしいオシャレな装いというところにも合致した、

ある種ポップな演奏にもなっていると思います。

2008年発表の2枚目のアルバム「エスペランサ」に収録されています。

ということで、見た目は博学の才女というよりも、可愛らしかったりする、

エスペランサ・スポルディング、多分、天然で凄いことになってるってこと

なんでしょうね・・・といった感じで、「プレシャス」です。



Esperanza Spalding - Precious

Precious - Esperanza




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
ジオヤーさん こんばんわ*☆

エスペランサ・スポルディング  恐れ入りました。
思い切り伸び伸びと弾けてミュージックしてるって感じがたまらなくいいですね。

ヴォーカルもですが、ベースも、もう体でほんとに気持ちよさそうにはじいていて、今後の活躍が大いに期待されるアーティストって感じがします。
No title
うほっ、こりゃ凄い!!
大型トレーラーを軽々と乗りこなしながら、
同時に楽しそうにフランス刺繍をしている少女を見た様な気分です!!
No title
こんにちは!

おぉ、わたしのブログが紹介してあるじゃないですか。どうもありがとうございます♪
訪問してくれる人が増えたらいいなぁ。

本気で暑くなって来てますね。昨日なんか薄手のコートにしてたのに、もうちょっと歩くだけで暑さで目が眩みそうになってました。
今の時期どうあがいても適切な服装で過ごした事がなくて、幾ら思案して着る服を決めても結果は大抵暑いか寒いかのどちらかだったりします。
気温的には極端に暑くも寒くもないから過ごし易いはずなのに、着る服でミスすることが多くて、どちらかというと初夏くらいの気温で安定してくれた方がいいかもしれません。5月くらいがいいかなぁ。直ぐに梅雨になったりするから期間としては凄く短いですけどね。

エスペランサ・スポルディングいいですね♪
わたしは春の気分と結び付けて聴く発想はなかったですけど、云われてみたらすごい相応しい感じがしますね。凄い軽やかなベースで本来だったら重厚な迫力で迫ってきそうなのに、そんな重さとは殆ど無縁の、空を舞ってる鳥のような演奏は、聴いてると気分も軽くなってきそうです。モダンな音楽語法で語ってる割には凄い聴きやすいし。しかしそれにしてもベースなんていう大掛かりな楽器を、そんなに力んでる様子でもなく自在に操ってるようで、やっぱり大した才女なんだと思います。
これ、エレキベースを持ってたらまた随分と違う印象になってると思うんですけど、ウッドベースを選んでるというのも見た目も含めて相当重要な要素になってるみたいですね。

ところで、ピアノの人が途中で弾いてるのって、ひょっとしてピアニカ?
Re: 諸星輝々さん
こんばんは☆

そうですね、これだけ自由な感じで伸び伸びと演奏されると羨ましいとも思うし、気持ち良さそうです。

諸星輝々さんのコメントを見て思ったんですけど、体で演奏し表現している感じが、この人は、ひょっとして女ジミヘンなんじゃないかと思ってしまいました(笑)
えぇ、現時点でもかなり凄いですが、今後も注目していきたいと思います。
Re: 浦太さん
アハハ、まさに、大型トレーラーを運転しながら、フランス刺繍をしている少女です(爆)
警察も笑顔で見逃してくれることでしょうね(笑)
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

あっ、すみません「さん」の付け忘れ、呼び捨てにしてしまいました、ごめんなさい^^;
いえいえこちらこそ教えていただきありがとうございます。
薄荷グリーンさんのところで耳にして以来、気にはなってたアーティストだったのですけど、今回グラーミーも受賞したということで、思わずアップということになりました。

えぇ、今日はこちらでも暑いと思いました。
ただ、そうですね、暑くもなく寒くもないというのも服装には困りますね。
真夏とか真冬の選択肢のまったくない状況の方がそういった点では楽です。
私は、最近は、ちょっと寒いくらいでもいいかなと。厚着をするよりも、そのくらいの刺激で春を感じる方が気持ち良いように思ってます^^

以前薄荷グリーンさんのところで聴かせてもらったものは、もっとモダンなジャズ演奏家としての資質が前面に出たようなものだったんですけど、今回YouTubeで見つけた映像がたまたま軽やかな、仰るように空を舞う鳥のような演奏で、こりゃ春だということにさせて頂きました^^
確かに、エレキベースだったら、また違う印象、こんなに柔らかでふわっとした浮遊感は出ないでしょうね。
私もウッドベースを弾いているのが、この人の印象を決定付けている重要な要素になってると思います。

他に、もっと明るいところで演奏している映像も見ましたが、間違いないです、ピアニカです^^
チープな感じが、親しみやすさをさらに醸し出しているんじゃないでしょうかね。
No title
こんばんはv-85

今まで何度も口を酸っぱくして言って来ましたけど、わたくし、女性ヴォーカルが苦手なんですよね。
でも、このエスペランサ・スポルディングさんの声は、とても気分よく耳に入って来ます。
たぶんわたくし、この人のアルバム買いに行きますよ。さっそく明日あたりにでも・・・(笑)

どうやら、相当な才女のようですが、やはり秀でた才能の持ち主というのは、多少趣向が変わっているんですかね?
シンガーソングライターの人って、わりとギターとかキーボードとか管楽器とか、そういう楽器を選ぶ人が多いように思うんですけど・・・
おそらくそれは、曲作りがしやすいから・・・っていうのもあるんじゃないのかしら?
でも、この人の場合は、リズム担当のベースでしょ?
まぁ、だからこそ、リズミカルでポップな仕上がりになっているのかもしれないけど・・・^^
それと、ウッド・ベースというところもいいですね。
女性が弾くと、一段とカッコよく映って素敵です!

あと、この人って、生まれ持った声質にも恵まれてますよね。
コレばっかりは、才能だけではどうにもなりませんから・・・
あ、べつにアーケイド・ファイアの嫁の事言ってるわけじゃないんですけどね!(爆
Re: ともさん
こんばんはv-484

えぇ、ともさんが普段女性ヴォーカルを聴かないというのは散々聞いてきたように思います。
でも、まぁ、最近は花などを育ててるようですしね、う〇こばかりじゃなく綺麗な感じなものにも目が向くようなことになってるんじゃないでしょうか^^
ブログでもここのところは、う〇この登場がないですし。
そんなところで、エスペランサの声が気分良く聴けたのかもしれないですねぇ~。
エスペランサを聴きながら花を愛でる女、イケてるんじゃないでしょうか(笑)

この人は、まずは、ベース・プレイヤーであることが本業のようです。
プラス、歌も歌えるという感じで、普通のシンガー・ソングライターとは出所が違ってるんですよね。
ベースって、リズムとメロディーの繋ぎ役になる分けで、ベース・プレイヤーは、どのバンドでも音楽を深いところで理解しているっていうのが私の印象です。
そして、才能ある人がベースを担当すると、鬼に金棒みたいなことになるように思います。
ポール・マッカートニーとかスティングとか、YAZAWAもベースをやってたのは、かなり重要なことだったんじゃないかという気がします。
で、エスペランサもまさに、鬼に金棒ということで、このウッド・ベースが金棒に見えないこともないし(笑)、仰るとおりカッコいいです。

多分この声は、押しつけがましくないし、そんなところが、ともさんが気に入られたということにもなるのかもしれませんね。
私も自然な感じのする良い声だと思います。
アーケイド・ファイアの嫁、ん~、まぁ、残念でしたけど、バンドのスパイスということならいんじゃないでしょうか(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。