スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

自然&生きる&レゲエ

前回は「頑張ろう」よりも「育てよう」的なスタンスで、

この難局に臨んでいきたいみたいなことを書いてますが、

今回はもっと根元的な、やっぱ突き詰めればそうだよねといった、

「生きよう」といった感じで参りたいと思います。

そもそもこの悲劇は、自然の猛威にされされてしまったことに

よってもたらされているのですが、かといって、人は自然の恵みを

得ることでしか生きられない分けだし、人にとって自然は

脅威でもあれば、無くてはならない有り難いものでもある分けです。

この矛盾した感じを、できれば大らかな心持ちで受け入れて生きて

いった方が健康的だろうと私は思っていて、

やはり、自然によって人は「生かされている」といったところに

思いが至る分けです。

人は自然に抗(あらが)うことはできないというか・・・

そりゃ、人というのは弱い生き物で、動物のように丸裸で自然の中で

生きていくことはできなくて、ある程度、人工的な方法で身を

守らなくてはならないのですけど、それが、行き過ぎたことに

なってしまい、自然を克服したなどと思い上がってしまうと

とんだしっぺ返しを食らうってことになるんじゃないでしょうか。

今回の原発事故に私はそれを見ます。

自然に対する「畏怖の念」というのは忘れてはならないし、

どんなに文明が進歩したところで、良い面も悪い面もある自然と

共にあるという思いは持ち続けていたいものだと思います。

・・・とそんな感じの自然の中で、何があっても共に「生きよう」

というのが今回のテーマになりますが、そんな自然から思い切り

生命力を授かり、発散させて「生きよう」とする思いに

力を与えてくれるアーティストということで、私が最初に

思い浮かべる、ボブ・マーリーの「ライヴリィ・アップ・ユアセルフ」を

本日の一曲としてお送りしたいと思います。

まぁ、レゲエなんですけど、基本的にレゲエにはそのような

イメージを持ってます。

「Lively Up Yourself」、「元気だしなよ!」って感じの

曲になりますかね(コチラ

ってことで、このリズム、ホント、元気出てくるんですけど、

ボブ・マーリーで、「ライヴリィ・アップ・ユアセルフ」です。

(ボブ・マーリーについて詳しくはコチラをどうぞ)



Bob Marley - Lively Up Yourself

Lively Up Yourself - Live! (Remastered)




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

音楽って、そもそもが「平和」とか「生きる」という事をテーマにしたものが多いとは思うのですが、「レゲエ」というのは、その中でも極めて明るい音で表現したジャンルなんじゃないでしょうか?
その明るさの裏には、長く根付いた人種差別等の「負」の歴史があるわけですが、同じような歴史を持つ「ブルース」との違いは、やはり「明るさ」ではないか?と。
ブルースって、眉間にシワが寄る事が多いもんね~!(ま、好きだけど・・・笑)
最近じゃ「ジャパレゲ(ジャパニーズ・レゲエっつーの?)」とかいうジャンルがあるようですが、どういうもんなんですかね~?
「ラスタ精神」から一番遠いところにいるのが日本人のような気もするんですけどね。

ラスタと言えば・・・
ウチの同級生で、息子に「ラスタ」という名前を付けてしまうほどボブ・マーリーが好きな男子がいるんですけど・・・このラスタがどうしようもなくて・・・(笑)
掛け算九九の「3の段」でつまづいたりしてるんですの(笑)
何しろ「3×3が6」ですからね!まったく・・・足し算じゃねえっつーの!(爆

4月になった事ですし、わたくしもそろそろ元気を出して行こうと思います!
No title
こんにちは!

自然って命をはぐくむ母なる大地のような感じで崇拝の対象になったりしますけど、今回の出来事のようなことが起こると物語で言えばまるで悪役のような様相を帯びてきますよね。
今まで世の中に存在したどんな悪人よりも大量殺戮してる極悪人みたいな。
実際のところ生命を生み出したのは自然だけど、自然は自分が生み出した生命なんてあまり重要に考えてないんじゃないかと思います。
生きるものたちにとっては時にものすごく無慈悲になってためらわないっていうような部分は自然の持つ悪い面ですよね。
これが本気で極悪人だったらまだ怒りの矛先を向ける対象になるんですが、自然相手だと怒るに怒れないという感じで怒りのやり場が無いです。
わたしは自然はある種生命に対して無頓着なところがある限り、そういう無慈悲な世界で生きていくためには立ち向かうべき相手なんだと思います。
ともに生きる対象はわたしの場合も自然というよりも、この残酷な世界に放り出されてしまった生きているもの同士という感じのほうかな。

何で地震なんか起こすんだよ、こんなことして何が楽しい?って、目の前に自然がいたらちょっと問い詰めてみたいです。

わたしはレゲエに始めて接したのはポリスだったと思うんですが、その時はちょっとかっこいい響きとノリ具合と思ったものの、レゲエそのものは何か暢気な音楽だなぁと云う印象でした。それにのんびりしてる割にかなり宗教的な気配もあって、教祖と信者っていう雰囲気も感じられたからもう一つ入り込めない音楽だったんですよね。
去年だったかな、ヴィレッジ・ヴァンガードで日本のポップスをレゲエに乗せて歌うというCDがかかっていて、そのなかでハイスピードのレゲエがかなり疾走感のある雰囲気だったので、のんびりという印象が強かったレゲエが随分と面白い響きとして耳に入ってきました。
ハードなロックみたいなのだと無理にでも元気出さないと置いていかれそうだけど、元気出していっしょに生きていこうよって云う感じなら、こういうテンポとノリが一番相応しいかもしれませんね。
Re: ともさん
こんばんはv-484

レゲエって生まれたのは1960年代以降、割と最近になりますかね。
だから、下地にブルースがあったりで、影響も受けてるし、人種差別への反感といった面でも共通してますよね。
でも、レゲエには、ボブ・マーリーなんかでも、社会と闘うといったアグレッシブなところがあって、その辺がブルースと違うってことになりますか。
ブルースはそんな感じが前面にでることはあまりないので、どこか優しい感じがするのだと思います。
そして、レゲエは、やはりジャマイカ産、どんなに重たい内容の曲でも、仰るようにどこかに「明るさ」は感じます。
まぁ、そんなところが良いところとも言えるのですけど。
で、そんな明るい生命力に溢れたところに共感し、自分も演奏してみたいという日本人もいるのかもしれませんが、「ジャパレゲ」ですか(知らなかったです、笑)
考えてみたら「スカ」とかレゲエに類似するものだし、スカパラなんて立派に成功してますよね。
でも、どうなんでしょう、私も「ラスタ精神」と日本人ってやっぱ違うように思うし、ドレッドへアーはやめた方がいいかなと思います^^

息子に「ラスタ」って名前、凄いです(爆)
もちろんラスタファリや、ジャマイカの人達が掛け算ができないとは言いませんが、名は体を表すというのは、本当なんじゃないでしょうか(爆)

そうですね、いくらくよくよしてもくよくよしきれない出来事でもあった分けですし、仕方がないということも含め、そして、暖かくなってきたこともあり元気出していくのが良いと思います。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

そうですか、薄荷グリーンさんは自然に立ち向かう派だったのですね。
確かに、文明は自然に立ち向かうことで進歩してきたのだと思うし、人の本能というかDNAは自然と立ち向かう的なものを持ち合わせているように思います。
私も、例えば、地震予知が進歩していって、地震が起こりそうなら逃げるとか、そういうのは良いと思います。
でも、人にとって都合の悪い、自然の悪い面を駆逐するやり方、例えば、身の回りは全てコンクリートやアスファルトにしてしまうとか、そういった人が快適に過ごすことを全てにおいて優先させるみたいなのはどうかと思うということです。
どこかで、悪い面と妥協し、恐ろしいものはやはり恐ろしいということにしておいて、共存するといった感じも必要なのではと思ってます。
そして、原発はやはり自然は恐ろしいという感覚を麻痺させないと成立しないように思うんですよね。

まぁ、この世界、良い事の裏側には必ず良い事と同じくらいの悪い事があって、本当に創造主がいたとしたら、よくこの世界を考え出したものだ感心するしかないといったところでしょうか。でも、私も、文句言って問い詰めてみたいとも思います^^

そうですね、ポリスがレゲエを前面に打ち出して成功した最初のバンドということになりますかね。
モダンでカッコ良かったです。
私は、クラプトンやストーンズがやってたのを聴いて、ボブ・マーリーを聴いたらやはり良かったということだったと思います。
あとそうですね、馴染みがなかったら、一部の信者のような人達が聴く特権的な音楽という印象を持たれてしまうという面もあるかもしれませんね。
仰るように、日本のポップスをレゲエにアレンジした形というのも一つのアイデアだと思うし、もっと普通に皆の耳に届くようにしたらきっとファンは増えていくんじゃないかという気もします。
そして、そうです、無理にじゃなく自然治癒的な感じで元気がでるように思えるのが良いところでしょう。自然は、立ち向かっていくばかりではないという感じにもなったんじゃないでしょうか?^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。