スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

うららかSUN

春の穏やかで暖かな日差しをイメージする楽曲を

何曲かお送りいたしたい、という事で始めた今週の

ブログ★ラヂオ、本日は、ジョージ・ハリスン

「ヒア・カムズ・ザ・サン」を聴いてみたいと思います。

初演はビートルズ時代、発表こそ「レット・イット・ビー」と

前後しますが、事実上ビートルズのラスト・レコーディング・

アルバムになる「アビイ・ロード」に収録された一曲です。

1969年の発売で、ビートルズの最高傑作と評する人も

多いアルバムでもあります。(「アビイ・ロード」について、

詳しくは、コチラを)

実は、ジョージの本領が発揮されるようになるのは、

ビートルズ解散間際のこの頃からということに

なるように思う分けです。

この、「アビイ・ロード」には、この曲の他にも、

「サムシング」という、ビートルズ時代、彼の作で唯一

ナンバー・ワン・ヒットになった曲も収録されていますし、

(ココでは過去にコチラで取り上げてます)

解散後、一番最初にブレイクしたのは、このジョージ・ハリスンです。

それまでに、ビートルズで培ってきた実力と、

さらには、あの巨匠二人の間で、貢献し、振り回され、

仲を取り持ち、苦労に苦労を重ねてきた、

溜まりに溜まったウップンを爆発させるがごとく、

以後しばらくの間はキャリアの中でも一番のピークを迎え、

目覚ましい作品を発表していくようになる分けです。

まぁ、ビートルズ時代は、彼が宗教に没頭し救いを求めたのも

分かるところだし、残念ながら、寿命をまっとうしたという

形では、最初に旅立たれることになってしまった

ということになるのかもしれません。

というか・・・こんなことを書いてると取りとめがなくなってきて、

春の穏やかさ、うららかさということでの

「ヒア・カムズ・ザ・サン」が、ないがしろになってしまう

分けですが・・・まぁ、前回のジョン・デンバーに続き、

アコースティックな響きが実に「穏やかな太陽」、

「穏やかSUN」を思い起こさせてくれる分けでして・・・

で、今回は、まぁ、「うららかさん」ってことで行って

みたいと思います^^(この曲については、コチラに詳しいです)

YouTubeより貼らせていただいた、映像は、

1987年の「プリンス・トラスト」と呼ばれる、イギリスで行われた

若年失業者のためのチャリティ・コンサートの模様で、

いわゆるオール・スター・キャスト、リンゴ・スターや、

エルトン・ジョン、フィル・コリンズ、ジェフ・リン(ELO)他が、

演奏していて、それなりの世代の人には、有り難いものになっており、

楽しんでいただけることと思います。

それでは、ジョージ・ハリスンとその仲間達(笑)で、

「ヒア・カムズ・ザ・サン」です。



George Harrison - Here Comes The Sun

ビートルズ・バージョンはコチラでどうぞ

Here Comes the Sun - Abbey Road




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

ビートルズ解散後、最も才能を開花させた人と言っても過言ではないでしょう!
わたくし、ジョン・レノンとポール・マッカートニーに関しては、活躍の度合いで言えば、ビートルズ時代も解散後も、そんなに大差ないような気がするんですよね。
まぁ、一貫して素晴らしいメロディーメーカーだな・・・と。
ジョージの場合は、どちらかと言えば陰に隠れた存在でしたからね~。
だから、「Love Comes To Everyone」を初めて聴いた時には驚きましたよ!
「この人、こんな良い曲書けるんだ!」って。
まぁ、朴訥とした雰囲気といい、ビートルズのメンバーの中ではジョージが一番好きですね。

それにしても、ジョージは白いギターが好きですよね。
バングラデシュ・コンサートの時の、白いスーツ&白いストラト・・・アレはカッコよかった!
でも、今回のは「アコギ」という事で、「テレビジョッキーの奇人変人コーナー」を思い出してしまいましたぁー!(爆
しかも、二人並んで白いギターだしww
おかげで、すっかり「フォーク・デュオ」のようになってしまっているところが、まさに「土居まさる」ではないかと・・・(笑)

前回は「穏やかすん」、そして今回は「うららかすん」という事で、「すんすん祭り」を絶賛開催中のブログ★ラヂオ!
果たして、ラストの金曜日は「何すん」の?(ぃよぉ~っ!座布団10枚!爆
ふふん・・・乞うご期待だ!
Re: ともさん
こんばんはv-484

そうですね、ビートルズ以降の活躍の方が、単なるギタリストということではなく、ジョージのアーティストとしての才能が開花していると言えるでしょうね。
多分それも、とても常人とは思えない、ジョンとポールの間で頑張ってきたご褒美とでも言うんでしょうか、私、思うんですけど、この二人について行くには並の人では無理だったでしょうし、ジョージでさえ、おそらくは120%の力を振り絞って頑張ってたんじゃないかって思う分けですよ。で、そこで学び鍛えられた結果が後の成果に繋がっていったんじゃないでしょうか。
っていうか、ジョージが一人前に育ったからビートルズは解散した、みたいな、まぁメチャメチャですけど(笑)、そんなことも考えたくなります。

「Love Comes To Everyone」、ホント良い曲ですね!、ジョージの曲ってコード進行が凝ってる感じのもの、ある意味変態的コード進行とも言える分けですが^^、それでも、ポップにまとめてるところがいいですよね。そして、この曲で聴ける明らかにスティーヴ・ウィンウッドのものと分かるシンセ・ソロは絶品です。

どうなんでしょう、ココ一番でのコンサートのジョージは白ということになるんですかね?^^
そして、もう一人の白ギター、エレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)のジェフ・リンなんですけど、まぁ、この人はビートルズマニアとしても知られていて、「ビートルズよりもビートルズらしい曲を作る人」という分けの分からないことを言われてる人なんですが、おそらくこの時は、一番の至福の時を迎えていたと思われます。
さらには二人で、おそろの「TVジョッキー・土居まさる的白いギター」、さぞかし幸せだったんじゃないでしょうか^^
そういえば、土居まさるは、「ヒントでピント」というのもよく見てました(笑)

次回「何すん」の?、上手い!・・・私も座布団724(ナニスン)枚!
「すんすん祭り」最終回、というか、パンダの名前は、リーリー、シンシンに決定だそうですが・・・関係ないですけど^^・・・まぁ、次回期待に応えられるよう頑張ってみたいと思います^^
No title
私、中学の時、初めて組んだバンドで初めて人前で演奏した曲(当時はヴォーカルで、ギターはやってませんでしたが)が、
 ヒア・カムズ・ザ・サン
 ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
 ゲット・バック
 ヘイ・ジュード
の4曲、全てビートルズ・ナンバー、
しかも、内2曲がジョージ・ハリスンの作品でした。
ひあかむざさん♪
ジオやーさま♪

ジョージ♪
ジョージ♪

りんごりんご♪

ぼくは
バングラディシュコンサートを
こよなく愛していますので、
こちらもとうぜんヨダレっす。

やっぱ
りんごの生ドラムさいこーですね♪
ジョージは
ビートルズで
いちばんすきなひと。
でもみんなすきです(^o^)♪

Ryoji Suzuki
Re: 浦太さん
私も中学の時は、何であんなにビートルズばかり聴いてたんだろうというくらい、めちゃめちゃハマってました。
恥ずかしながら私も、高校でしたけど、初めてバンドやった時、ゲット・バックはレパートリーでしたよ。
ジョージの曲は、多分同じ学校の他のバンドと被るからやらなかったように思うんですけど、当時は、ジョージの曲、ジョージのカッコ良さが分かると「大人」っていう感じはありました。
でも、浦太さんって、最初はヴォーカリストだったんですね^^、しかも、中学生にしてヘイ・ジュードっていうのもなんか凄いと思います。
Re: Ryoji Suzukiさん
こんばんは♪

ほほ~、バングラディシュコンサートを愛されてましたか。
間違いなくジョージのファンですね^^

そうそう、私も思いましたが、リンゴのドラム、キレてますよね。
リンゴって、ビートルズの中ではただ一人、ビートルズに参加しなくても成功していたミュージシャンのように思うのですけどね。
もちろん、ビートルズほどの大成功はないにしても、スタジオとか、セッション・ミュージシャンとして十分やっていけたんじゃないでしょうか。なんだか職人っぽいし、初期のビートルズのライヴ音源を聴くと、演奏面でリードしていたのは、リンゴのように聴こえます。
ひょっとしたら、ビートルズに参加しなかった方が、彼らしい穏やかで幸せな人生を送れたんじゃないか、なんて思ったりします。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。