スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2011ひな祭りファイナル

さて、今週は、ひな祭りという女子的なイベントも

あったということで、女性シンガーの登場、そして、

最近注目の、というナウな感じでやってきましたが、

本日で一応このシリーズも締めを迎える分けですが、

まぁ、そんなところでも相応しい、

もちろん、最近でも注目ということで、今日は、

アリシア・キーズの登場で行ってみます。

この人は、ココでは以前にも登場してますが(コチラ)、

その時は、音楽の教育をバッチリ受けてきたという印象から、

まぁ、実際そうなんですけど、天才というよりも

秀才なんて書いてますけどね^^、2001年、弱冠19才に

して自身で作詞・作曲を手がけ完成させたフルアルバム、

ソングス・イン・A・マイナー」で大成功して以来、

ずっとポピュラーミュージック界、もしくはR&Bのジャンル

においてトップで活躍している人です。

(彼女については、コチラを見て頂けると詳しいです^^)

で、本日の一曲は、2003年発表のセカンドアルバム

ダイアリー・オブ・アリシア・キーズ」からの

「イフ・アイ・エイント・ガット・ユー(If I Ain't Got You)」

です。なかなかに、切ない感じが、泣かせる曲、今年のひな祭りという

「祭り」を締めくくるのにも相応しいところだと思うし、

名曲だと思います。

YouTubeより貼らせてもらった映像は、冒頭GRとAWの文字が

後ろに見えることから、何年か前のグラミー賞授賞式の模様だと

思うんですけどね、歌唱力の素晴らしさという点でも、

目を見張る物があると思います。

グラミー賞と言えば、先月には今年の受賞者の発表もありましが、

このアリシア・キーズも人気ラッパー、ジェイ・Zとコラボし、

ヒット映画「セックス・アンド・ザ・シティ2」の挿入歌としても

使われた、「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」で、

目出度く賞を受賞しています。

この曲もすこぶる良い曲、いずれココでも紹介できたらと思ってます。

ってことで、映像のしょっぱなに、前回のブラック・アイド・ピーズの

映像にも登場していた、写メ好きの「黄色」が出ているのには、

驚かされましたが(この人は誰?)、なかなか良い繋がりでも

あると思います(笑)、アリシア・キーズで、

「イフ・アイ・エイント・ガット・ユー」です。



Alicia Keys - If I ain't Got You

If I Ain't Got You - The Diary of Alicia Keys




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
んー、カッコエエです。
天が二物与えちゃったんですねぇ。
黄色い女性
突然のコメント申しわけありません、昨日初めて訪れた通りすがりの者です。
ジオヤーさんの音楽的知識の豊富さにビックリです。
で、ここで問題になっている黄色い女性というのはQueen Latifah(クイーン・ラティファ)さんではないでしょうか?昔はラップ・アーティストとして認識されていましたが、現在は普通の歌も歌っているようです(詳しくなくてすみません)女優としても活躍されていた記憶があり映画「TAXI 」などにも出演されていたと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=f8cHxydDb7o
http://www.youtube.com/watch?v=e7MnErvbvYw&playnext=1&list=PLC0B76A733A2C84C5
ちゃんと調べたわけではないので間違っていたらごめんなさい。
No title
こんばんはv-85

やはり、いつの時代も「生音」に拘りたいわたくしといたしましては、このアリシア・キースの体の奥底から奏でられる音楽と言いましょうか、そういったところの素晴らしさを感じる演奏に共感を覚えるところでございます!
やっぱさ、音楽ってビジュアルより演奏なんじゃね?みたいな・・・^^
まぁ、アリシア・キーズに関しては、十分ビジュアルも素晴らしいとは思いますがね^^

それにしても、この人キレイだよね~。
女性のわたくしが見ても、ハっとするくらい・・・
でも、この人の美しさは、元より整った顔立ちだけじゃなく、もっと内側から出てくるアーティストとしてのソレのような気もするんですけどね。
おそらく、このライブの感動が、美しさを引き立てているのでは・・・?
何しろラストで、あのブラッド・ピットもスタンディング ・オベーションで祭っちゃってるんですからね!(笑)

ほほぉ~、前のコメントの方のご報告により、「黄色」の正体が判明いたしましたね!
どうやら昔はラップ・アーティストとして認識されていたとの事ですが、今では多方面で活躍されているんですね。
前回の「黄色」、そして今回の「ピンク」に関しては、日本でいう「玉置宏」的な活躍という事になりましょうか?(爆
No title
こんばんは!

ひな祭り週間、女性ばかり連なるとやっぱりちょっと華やかでしたね。
わたしはひな祭りは散らし寿司食べて、もう直ぐやってくる春の予感を楽しむような割と穏やかなイメージなんですけど、ジオヤーさんはまた違う感覚なんだ。
オーケストラをバックに浪々と歌われて、なかなかエモーショナルでよかったです。
これ、ちょっと思ったんですけど、静かな曲ならまだしも、こういうタイプの曲を座ったままでここまで盛り上げるように良く歌えるものですね。座ってここまで良く声が出るものだなって感心してみてました。
ピアノ弾けて歌えるってやっぱり秀才なんでしょうね。わたしはピアノが弾けたら面白いだろうなぁって思ってます。楽器の中では一番弾いてみたいのがピアノなんですよね、そしてその次がボンゴだったりするので、若干節操が無いですけど。
Re: 浦太さん
えぇ、カッコいいです、二物を思いっきり授かってますよね。
さらには、音楽的バックグラウンドもしっかりとしているという感じは、理論派でもある浦太さんの好みなんじゃないですかね。
Re: ミュマさん
初めまして、コメントありがとうございます♪

音楽的知識というか、その辺は調べながらやってるところも多々あって、私自身、ボケ防止とでも言いましょうか^^、知識を蓄えながら続けている感じです。
そして、また一つ知識が増えることにもなりましたが^^、まさか、教えて頂ける人が現れるとは、思ってもいなくて、なんか感激です!
入試問題をネットで訊いてしまう人の気持が分かったような気がします(笑)
Wikiも見てみたのですが、クイーン・ラティファは女性ラッパーとして、古くから活躍する第一人者ということらしく、皆に慕われているという感じになるんでしょうね。
教えて頂いた曲も、彼女のメッセージはともかくとして、音は、気持ち良く聴けるヒップ・ホップといった感じが良かったです。
ありがとうございました♪
Re: ともさん
こんばんはv-484

やはり、ともさんは、演奏している人の感覚がダイレクトに伝わってくるような、「生音」好きということになるんでしょうね^^
そうですね、音楽は、何はさておいても「音」から入ってもらいたいところだと思います。
ってか、ヴィジュアルから入ってミュージシャンのファンになるっていう感覚が、私にはよく分からなかったりする訳ですが・・・

私は、アリシア・キーズって基本的に、もの凄い美人という分けではないと思うんですよね^^
でも、歌って演奏している姿は美しく見えてしまう・・・多分この「見えてしまう」という詐欺的なところが大事で(笑)、それは仰る通り、内面から出てくるアーティスト性というか、人を感動させる力みたいなのがそうさせているんだと思います。
そりゃ、ヴィジュアルから入っても一向に差し支えのないブラッド・ピットもスタンディング・オベーションで祭ってしまう事でしょう(爆)

えぇ、「黄色」の正体が判明して良かったです。
ってか、「黄色」なんて言ってしまっては、音楽ブログをやってる人間としてはマズイ事だったみたいです(笑)
まぁ、ラッパーもMCハマーじゃないですが、MC(司会者)と呼ばれることもある分けで・・・って、でも、「玉置宏」・・・「ロッテ歌のアルバム」だけは勘弁してちょ(爆)
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

まぁ、コレはあくまでも、ブログ★ラヂオ的「ひな祭り」ということで^^
でも、華やかに感じてもらえたのは良かったと思います♪
そうですね、本来は、散らし寿司食べて、穏やかにお祝いするものなんだと思います^^
ウチは、太巻きでしたが・・・(笑)

えぇ、エモーショナルに盛り上がるいい演奏ですよね。
確かに、座った姿勢で、あそこまで声が出るっていうのも、逆に、不自然に感じてしまいそうです^^
そして、これだけ本人も盛り上がっている様子なのに、よくピアノを間違えずに弾けるなと思います・・・実は、どこかで、冷静な部分もあるんでしょうね、それが、プロというものなんだと思います。

私もピアノが弾けたらなぁと思います。
このような映像を見てしまうと、やはり、羨ましい感じがしますよね^^
で、その次は、ボンゴですか(笑)・・・ラテン好きの薄荷グリーンさんらしいというか^^
まぁ、ピアノも打楽器の側面もあるということで・・・というか、確かクラシックでは打楽器の範疇だったような。
No title
んー、気に入っちゃって何回も見に来てしまいます。
なんか全身全霊ってのが伝わってくるって言うか・・・
最後の笑顔がとても美しいのは、きっと、
「やり切った清清しさ」
なんでしょうねぇ・・・
Re: 浦太さん
なんか、気に入ってもらえたようで嬉しいです。
そうですね、最後の笑顔に全てが表されてるような、
良いパフォーマンスが出来た様子がうかがえるし、観ている方も、彼女と一緒に素直に喜べる良い笑顔ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。