スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

乾燥で輝く☆

一年で一番寒い時期になるんでしょうね。

とにかく、毎日寒いです。

しかも、ここは、雪はあまり降らない地域

ということで、空気はカラカラだったりします。

風邪、インフルエンザ等には、十分な注意が

必要になるかと思います。

でも、寒くて乾燥しているこの時期でも、

一つだけ良いことがあります。

毎晩、星のまたたきが綺麗です☆

・・・ってココにはあまり似つかわしくない、

ロマンチックな展開を見せ始めてますが(笑)

でも、いつになく、夜空に星が沢山輝いてると、

ついつい、寒いのも一瞬だけ忘れて、見上げて

見入ってしまう今日この頃という感じはあります。

ってことで、今週は、「星」と言えば・・・といった

ところの音楽で、また一週間やってみたいと思ってます。

本日の登場は、シンプリー・レッド

曲は「スターズ」で行ってみます。

シンプリー・レッドは、ヴォーカルのミック・ハックネルが

ヴォーカルを努めるイギリスのバンドになりますが、

実質的には、ミック・ハックネルのソロプロジェクト

という性質の強いバンドです。

黒人音楽に影響を受けたシンガー、ブルー・アイド・ソウル

歌手で、その歌いっぷりは、安定した余裕な感じが、

オシャレに聴こえもし、センスもいい、さらには、感情も十分に

伝わってくるということで、やはり上手い、

UK白人ソウルシーンを代表する歌手になります。

「スターズ」は1991年発表の同名のアルバムの表題曲で、

シンプリー・レッドとして、人気も実力もこのアルバムで

頂点を迎えています。

たしか、CMでも流れてたように思いますが、

調べてみると、どうやら、車(スバル、インプレッサ)の

CMで使われていたようです。

そして、さらに、日本絡みでいえば、このアルバム

「スターズ」は正式メンバーとして屋敷豪太が、

ドラマーとして参加しています。

淡々としたメロディーが続くかと思えば、

開放感満載の聴き覚えのあるサビへと続き、

この寒さに緊張して凝り固まった体を解きほぐして

くれる、そんな一曲になるかと思います。

シンプリー・レッドで「スターズ」です。

(原詞、訳詞はコチラにあります)



Simply Red - Stars

Stars - Stars (Collectors Edition) [Remastered]




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

記事を買い取らせて下さい!!【稼げるよ!JP AdMedia】
こんにちは、口コミ広告を取り扱っております【稼げるよ!JP AdMedia】成田と申します。
ジオヤー様のブログ『ブログ★ラヂオ』興味深く拝読させていただきました。

情報提供についての選択がユニークで面白いと感嘆しました。
文章も読みやすくクオリティの高さを感じました。

ジオヤー様の情報提供のセンスを活かして弊社の案件をぜひ掲載してみては頂けませんか?ジオヤー様のブログ記事を買い取りたいのです。
普段ブログを書いてる方には、副業としてとても入りやすいんじゃないかと思います。

現在、新たな案件を積極的に取り入れております。
気になった案件だけで構いません!

もちろん、ブログライターとしてのお仕事となるわけですので、その分の報酬のお支払いはお約束します。
登録料は無料です。
報酬・申請はいつでも確認できるので自分のペースで進めていけます。
システム・内容など、詳しくはサイトをご覧下さい!

ご参加を心よりお待ちしております!!


【稼げるよ!JP AdMedia】は
あなたのブログ記事にライティング料金をお支払いするサービスです。
詳しくはコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kasegeruyo.jp/about.html

ご意見・ご質問はコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kasegeruyo.jp/contact.html
No title
こんばんは!

シオヤーさんは冬の星空を見上げることがあるんですか。
わたしはロマンチックな曲は聴きますけど、そういう方面でのロマンチシズムはあまり見当たらなくて、夜空ってたまに思いついたとき以外はあまり見上げたことないです。
たまに見上げた時はUFOでも飛んでないかと思ってますね。でも満天の星はこの一つ一つが宇宙に存在する恒星だと思うと目の眩む思いをするのも確かで、宇宙の広大さに思いをはせるのも時には悪くないと思います。
シンプリー・レッドって言うバンド名がまず洒落てる感じ。歌はCMに使われてたそうですけど、わたしはCMで聴いた記憶はなかったです。もう20年近く前の曲なんですね。
伸びやかに歌い上げてるサビの部分が開放感に満ちてるって云うのはなんかよく分かりました。寒さで凝り固まった体がほぐれたらいいです。冬って無意味に体に力が入ってそういうところも苦手です。
イギリス人って結構ソウル好きのミュージシャンが多いんですか?
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

私は、ねぐらに戻る時、ちょっと外に出ないとならない環境ということになっていて、その時はいつも夜で、最近は、ほんの少しの間ですけど、夜空を見上げて星が綺麗だなぁと思ってます^^
あと、目の疲れが治るような気がするし、何かいいことがあればいいのにとか、流れ星見れないかなぁとか、そして、私も、UFOでも飛んでないかなぁとか思ってます(笑)
さらには、そうですね、あの輝いてる星の全ては恒星、すなわち太陽だと思うと、宇宙の広大さはもちろん感じずにはいられないですし、人のちっぽけさを感じるというのも、よく言われるところですが、個人的な嫌な出来事も本当に取るに足らないという事で、癒されるというもんです^^

このサビいいでしょう?
キャッチーだし、まさにCM向きという気もします^^
開放感に満ちてるって感じ、伝わって良かったです。きっと体もほぐれてることでしょう^^
シンプリー・レッドっていうバンド名も洒落てますよね。
ヴォーカルの人が赤毛という事が由来のようです。
イギリス人は、ソウル好きな人多いと思いますよ。
アメリカの人よりもマニアックな感じでウケてるんじゃないですかね。
というか、黒人音楽ということで言えば、過去にブリティッシュロックと言われたものは、大体影響受けてるんじゃないでしょうか。
もちろん、ビートルズもそこに含まれると思います。
No title
こんばんはv-85

スターズ・・・夜空を眺めては、満天の星に思いを馳せてばかりのわたくしに持って来いの一曲であると言えるでしょう!(力説!

そういえば、この曲、インプレッサのCMで流れておりましたね。
サビの頭の部分だと記憶しております^^
開放感のある爽やかな曲調からすると、「星」というより、むしろ「真夏の太陽の下」というイメージがしてしまうのですが、どうでしょうか?

映像を見る限り、どうやらこの人の前歯は「虫歯」に侵されているようでございます。
人前に出る仕事をしている人が、事もあろうに前歯に虫歯を作って平気な顔をしているとは・・・
「芸能人は歯が命!」(by 東ミッキー)
今すぐ歯医者に行って、金歯を巻き巻きしてもらう事をおすすめします!(笑)
シンプリー・レッド
おはようございます♪

まさしく厳冬期。
毎朝星空を眺めています、
はやおっきーRyoji Suzukiです。
きょうも夜があけてゆくなか、
たのしませていただきました。
1990年代、独特のカラー、
いまだから感じる色がありますね。
ぼくはこの曲の
エレキ、ベース、ピアノの音色と
そのアレンジに
特に時代の描写を感じました。
いやいや、ビート、パーカス、
シンコペーション、なにもかもですね!

一見バブルの華やかさの終焉のようでも
ありますが、ソウルの感じは、
1980年代前後の流れをしっかり
定着させていますよね。
当時はなんとなくあたりまえのような
感覚でしたが、今~もしか未来に聴くと、
独特なのかもしれません。
ヴォーカルの処理からそう感じました。
tubeマイクプリアンプを通したようなサウンドです。
これからはバーチャル音像処理で
こういった音源がひとつの模範として
再現されてゆく、
そんなスタイルに変わっていくのでしょうか。
すこしさみしい気もします。

これだけたくさんの
音源を操られるジオヤーさんの
お力に敬服いたしております。
いつもたのしませて
いただき本当にうれしいです。
有難う御座います。

Ryoji Suzuki
Re: ともさん
こんばんはv-484

最近は、忙しいみたいですけどね、花ばかりではなく、星も愛でる心は忘れないということのようで、さすが乙女ということになりますか^^

あっ、やっぱCMで流れてたの覚えてましたか。
そうですね、CMの影響なのかもしれないですが、確かに、「真夏の太陽の下」どこかドライブにでも行きたくなるような曲でもありますね。
でも、まぁ、今回は、この透明な感じが、透き通る冬の夜空の広大さに解放される心ということで、お願いしたいと思います^^

ん~、確かに「虫歯」、残念ですね(笑)
歌の上手さで売ってるということでそこまで、気を回すことがなかったのかもしれませんね。
この曲はイギリスをはじめ、欧州ではヒットしたのですが、アメリカではほとんど売れなかったというのは、ひょっとしたらそんな事が原因なのかもしれません。
アメリカ人は、その辺、気にしそうという気がします。
まぁ、さすがに金歯はどうかと思いますが(笑)、私もさっそく治療に取りかかって頂きたいと思います。
・・・って、これ一応91年の映像なんですけど(笑)・・・今はどうなってるのかは、まぁ、次回にでも登場する時にチェックしてみたいと思います^^
Re: Ryoji Suzukiさん
こんばんは♪

いつも訪問ありがとうございます。

そうですか、Ryoji Suzukiさんは、早起きなんですね。
明け方の明星、なんだか、凄く健康的という気がします^^
そんな最中、楽しんでいただけて嬉しいです♪

おっしゃる通りというか、私の言いたい事、全部言ってくれてるというか、私もこのくらいのボキャブラリーがあったら良いと思いますが^^・・・このシンプリー・レッドのような、人が演奏しているという暖かな感じが伝わるのは、このくらいの時期を最後にだんだん廃れてきているように私も思います。
そして、そうですね、これからは、コンピュータ上でも、このような音の再現を目指して、技術が進歩していくことになるんでしょうね。
でも、同時に新しい技術で音を真似ることにどれだけの意味があるのかなぁとも思います。
音楽って結構「思い入れ」みたいなのが大事で、思い入れ一杯の音で作られた音楽というのは、やはり面白いわけですが、効率的でないということで、その辺の「思い入れ」まで、否定してしまったものが、はたして面白いものになるのかは疑問に思います。
新しい技術を導入するのであれば、「新しい音」と感じられるものの方が、やはり面白いものになるんじゃないかという気もしますしね。
そして、やっぱ、人が演奏すると、なにやら霊的なもの、まぁ、魂というかソウルが、そこに込められるように私は思うんですよね。
その辺を無視してしまったような音楽は、つまらないと思うし、そんなところにも、気を配りつつ作品を作られていると思われるRyoji Suzukiさんには、これからも大いに頑張って頂きたいと思います^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。