スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

やっぱアダルトと言えばの定番

週の冒頭の「成人の日」にかこつけて、

今週は、私が、20才の頃、やっぱ大人になるっていうのは、

こんな感じがカッコイイのだろうなぁと思い、

漠然とした憧憬を持って、聴いていたアーティストを

取り上げさせてもらっている分けですが、

本日は、ボズ・スキャッグスで行ってみたいと思います。

苦み走った、渋い大人っていうんですかね、

まさに、アダルティーな感じがするのですが、

正直、高田純次似であることも否めないところです(笑)

前回は、ブラコンということでしたが、それと並行するが

ごとく流行った、AORということに今回はなります。

70年代後半辺りの当初は、ソフト&メローと言われてたように

思いますが、その発展形といった感じになります。

ブラコンがソウル・ミュージックを都会的にソフィスケイト

したものであるとすれば、AORは、ロックを同様な感じに

したものでもあり、さらに、ロックと黒人音楽との融合が

より図られたものということになります。

80年代というのは、そういった、ソフィスケイトと融合が

推し進められた時代でもあったように思います。

(・・・でも、ここで言うAORとは、日本独特の間違った

使い方のようで、アメリカでは、一般にACと言われて

いるようです。詳しくはコチラでどうぞ)

で、本日選んだのは、「ウイ・アー・オール・アローン」、

昔は邦題もあって「二人だけ」と付けられてます。

「私達は皆孤独」と訳してしまいそうですが、

やはり、邦題どうりの意味で「私達は全くの二人きり」

というか、すなわち「二人だけ」ということになります。

(原詞、訳詞はコチラでどうぞ・・・ってか今回は映像にも

出てきます。そして、この曲について詳しくはコチラで)

ほとんど、スタンダート化している名曲ということに

なると思います。1976年発表の、AORの幕開け的な意味

で重要というか、ポピュラーシーンにおいても名盤と

言われて久しいアルバム「シルク・ディグリーズ」に

収録されている一曲です。

拝借させてもらった映像は、なんだか、息白っ!

って感じですけどね、まさにこの時期ということで

臨場感(?)があって、良いのではないでしょうか(笑)

ということで、まったりとした週末をお迎えください

って感じになりますか(笑)、ボズ・スキャッグスで

「ウイ・アー・オール・アローン」です。



Boz Scaggs - We're All Alone

We're All Alone - Boz Scaggs: Greatest Hits Live ← ライヴバージョンになります




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

わたくしも、この曲が聴きたくてボズ・スキャッグスのベストを買ったものですが・・・^^
たしか、わたくしが所有するCDには、「みんな一人ぼっち」という邦題が付いておりました。
でも、この曲の邦題は、元々「二人だけ」だったんですね!
さっき、ウィキを見て初めて知りました!^^
何だか、一人じゃなくてよかったぁー!っていう感じですね!(笑)

でもさぁ~、何もこんな寒いところでライブしなくったって・・・
バンドのみんなだって、怒り爆発だったんじゃないかしら?

ピアノ 「寒さしのぎに、せめて高速で演奏させてもらいたいものだよ!」

ボズ 「それは残念な発言だな・・・キミには特別に『スタジャン』の着用を許可しているんだがね。オレを見てごらんよ。ペラペラのシャツで、なおかつ第1ボタンを外しているんだぞ!出来ればオレだって、そのスタジャンをお借りしたいくらいだぜ!」

フルート 「・・・ちっくしょう!板尾さんみたいな顔しやがって・・・そんな事言うんなら、マイクの位置を間違えてやるからなっ!絶対に間違えてやるからなっ!」

こうして・・・フルートのマイクは、本来音の出ているフルートの「ケツ」ではなく、「口元」に設置されたのだった!(笑)

うふふ・・・スタジャンは「一人だけ」・・・なんつって、なんつって~!(爆
でも、イケメンなので許しちゃいまぁーす♪
Re: ともさん
こんばんはv-484

ほー、この曲のためにベスト盤を購入されましたか。
まぁ、そのくらいの価値のある名曲だと思うし、他にもいい曲あるしで、良いと思います。
リタ・クーリッジのカバーが有名で、その時の邦題が、間違った和訳の「みんな一人ぼっち」だった分けなんですけど、そのベスト盤が発売された時は、リタ・クーリッジのバージョンの方が流行っていたのかもしれませんね。
でも、Wikiには、アンジェラ・アキがカバーしているなんて書いてあって驚きました・・・あまり聴いてみたい気はしませんが・・・(笑)
なんか、この人はいろいろと狙い過ぎのような気がします^^

・・・って、今回も、ともさん新喜劇、ありがとうございます(笑)
まぁ、新喜劇ということで、今回は板尾創路なボズなんでしょうけど^^・・・ボズも、渋い渋いと言われつつも、若いところを見せようと、寒い中での屋外のライブだったのかもしれません^^
確かに、バンドの人達は大変だったでしょうけどね。
フルートなんて、唇が乾いてしまいそうなんですけど、良く吹けるもんだと思います。リップクリームは必需品だったでしょうね^^、まぁ、マイクの位置はボズへの反抗心からだったのかは、さだかではありませんが(笑)

そして、「スタジャン」は、やはり、懐かしい。
私は、辛子色のものを所有してたのを覚えてます^^
そう、このイケメン、キーボーディスト並みに似合ってたと思いますが・・・(爆)
このアダルトな演奏にもかかわらず、ラフなスタジャンは「一人だけ」(爆)・・・でも、許されてしまうのは、イケメンの特権ということになるんですかね、ん~・・・(笑)
No title
ジオヤーさん こんにちわ☆

ググッてみると、ウィキに、ボズのこの曲が収められたアルバム "シルク・ディグリーズ"制作時に集められたメンバーがあの、TOTOの母体になっている とあって興味深く思いました。
言われてみれば、元祖AOR的存在のボズとTOTOのつながりって・・なるほどって関心を持った次第です。

高田純次似・・そう言われてあらためて横顔を見ると 
いやいや、たしかに
少し出気味の下顎をちょっぴり矯正して髭生やしたら、激似な感じになっちゃうかもですね^^

吐く息が白くて寒そうな中での歌と演奏ですが、しっとりと落ち着いた歌いっぷりは さすがですね☆
Re: 諸星輝々さん
こんばんは☆

えぇ、隆盛だった頃のボズのレコーディングメンバーは後のTOTOでした。
ひょっとしたら、このメンバーなくしては、あの洗練されたサウンドも、ボズの成功もなかったのかもしれまんせん。
まぁ、当時若手だったミュージシャン達を起用したボズにも先見の明があったということなんでしょうけどね。
TOTO好きの輝々さんには、ボズはホントおすすめです。

やはり、高田純次似と思われましたか(笑)
この場合、高田純次の方が、本当は意外にいい男とするのが良いように思います^^

そうですね、こんな状況でも、しっとりとした歌を聴かせることができるのは、やはりプロフェッショナルということなんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。