スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

神々の共演

今年もいよいよファイナルへ向けて押し迫って

来た分けですが、ココ、ブログ★ラヂオでは、

2010年のフィナーレを豪華アーティストの登場で

締めくくっていただこうという企画で今週は、

お送りしています。

ラスト3デイ、本日のご登場となるのは、

チャカ・カーンスティーヴィー・ワンダー

プリンスの共演という、まさに、私からしてみれば、

神々しいばかりの、「神の集い」といった感じで、

行かせて頂きたいと思います。

この3人の共演といえば、思い出されるのが、

チャカ・カーンの「フィール・フォー・ユー」

という、1984年に発表された、同名のアルバム

収められた一曲ということになるんですが、

これは、後の、ニュー・ジャックスウィングや、

現代のR&Bへと繋がっていく、まさに、試金石と

なった一曲、多くのフォロワーを生み、

ブラック・ミュージック・シーンの流れを新たな方向へ

向かわせた一曲という風に私は理解していて、

神が集ってしまうと、やはりとんでもないことが

起きてしまうものなんだなぁ、と思っています^^

(この曲は、ココでは、以前コチラで取り上げてます)

もちろん、この曲も演奏されている今回取り上げさせて

もらった映像は、そんな神々達の集結を動画として、

ご覧頂けるわけですが・・・ちと、画質が荒いかな・・・^^

とまぁ、そんな小さなことは、どうでもいいこととして

軽く払いのけてしまう、パワーを放っている

ライヴ映像だと思われます。

曲は、いずれも、チャカ・カーンを代表するものが、

演奏されていて、「スルー・ザ・ファイヤー」~

「フィール・フォー・ユー」~

「アイム・エブリー・ウーマン」です。

(因みに「スルー・ザ・ファイヤー」は、

過去にコチラで取り上げています)

で、最後の方では、ゴスペル・シンガーの

ヨランダ・アダムスも加わってるという事になってます。

それでは、チャカ・カーン&スティーヴィー・ワンダー&

プリンスの共演でどうぞ。



Chaka Khan, Stevie Wonder, Prince, Yolanda Adams -
Through The Fire ~ I Feel For You ~
I'm Every Woman

Through the Fire - Epiphany: the Best of Chaka Khan, Vol. 1 ← スルー・ザ・ファイヤー

I Feel for You - I Feel for You ← フィール・フォー・ユー

I'm Every Woman - Rhino Hi-Five: Chaka Khan - EP ← アイム・エブリー・ウーマン




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

まぁ、チャカ・カーンのミニスカートが、いろんな意味で心配だったわけですが・・・(笑)
っていうか、こりゃ、ちとマズイでしょー!
わたくしも、心の中で何度「あぶなーーいっ!」と叫んだ事か・・・
せめて、スカートの真ん中を「ふんどし型」にするとか、長くする努力をして欲しかったと思います!(笑)

しかしながら、やはりこの人の高音は最強ですね!
コレでもまだ、余裕ですもんね!
いったい、どこまで声が出るんでしょうか?
一度限界まで聴いてみたいものです。

それにしても、チャカ・カーンと並ぶプリンスが、やけに痩せ細って見えますね。(あ、言っちゃった!笑
プリンスって、わたくしの中では謎って言うか・・・
おそらく、名前を記号にした時の訳の分からなさが残っているんだと思うけど・・・(笑)

このステージの主役はチャカ・カーンみたいだから仕方ないけど、もうちょっとスティーヴィーのパフォーマンスが見たかったかな?って思いました。^^
Re: ともさん
こんばんはv-484

チャカ・カーンは今まで何回か取り上げてて、その度に幾つか映像も観てるんですけど、これほどまでに、テンションが上がってしまっているものは、他には、まだ観てないです。
もの凄い高音、もの凄い声ですよね。
やはり、バックにこれだけの人を従えてしまうと、自ずとそうなってしまうのかもしれません(それでも、どこか余裕を感じるのは凄過ぎとしか言いようがないですが、私も限界がどんな感じになるのか、怖いもの見たさで聴いてみたいです^^)
もちろん、気合いの表明ということでしょう、スカートの丈も自ずと短くなってしまうというものなんでしょうけど・・・なるほど、この全画面モザイク的映像は、そのせいなんでしょうね(笑)

プリンスは、仰るとおり名前を記号にしてしまったりで、不思議系の奇をてらった感じがちょっと鼻につくんですけど・・・
でも、ずっとクリエイティブな活動を続けていたり、私は、この人は天才とよく言われるんですけど、生まれながらというよりも、本当はすこぶる努力するタイプのような気がしていて、いんじゃないですかね^^、やはり、偉大なミュージシャンなんだと思います。
そして、どうなんでしょう、チャカ・カーンのお陰で、やたら細身に見えるせいもあるのかもしれませんが(言ってしまった、笑)、ギタリストとしてのサイド・マンの姿って、やたらカッコ良くないですか?、むしろメインで歌ってる時よりも(笑)

ハーモニカだけのスティーヴィーでも十分後光が差してるように見えるんですけど、それだけに、腹八分目の感じは、私もしましたが、それを補っても余りあるチャカ・カーンの弾けっぷりということで、今回は良しということにしようTHE^^
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。