スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

熱唱のソウル・ブラザー

今週は、「まったりとしたソウルミュージック」で、

気持ちを落ち着かせ、年末に向けてやっておくべきことの

計画を練りつつ、実行に移すテンションを高めていく、

そんな感じのブログ★ラヂオということで、始めてみましたが、

本日は、ケイシー&ジョジョ(K-Ci & JoJo)の

「テル・ミー・イッツ・リアル」を行ってみます。

元コーラスグループ、ジョデシィ(Jodeci)に在籍していた

ヘイリー兄弟が結成したデュオで、少し毛がある方のバリトンが、

兄のケイシーで1969年生まれ、スキンヘッドの高音が、

弟のジョジョで1971年の生まれということになります。

この「テル・ミー・イッツ・リアル」は彼等としては、

2枚目のアルバム、1999年に発表された「イッツ・リアル」に

収録されヒットしたナンバーです。

ヒップ・ホップの台頭以降のソウルを世間ではR&Bと

呼んだりする分けですが、このケイシー&ジョジョは、

現代のR&Bにカテゴライズされるグループでありながらも、

まだ、ソウルと呼ばれていた時代のオールドスクールで、

オーソドックスな、それも、サザン・ソウルやディープ・ソウル

なんて言われる、熱い粘着系の歌をパワフルに歌い上げてくれるっ

て感じが素晴らしいと思います。が、それでいて、どこか現代的な

クールさが漂うところも、過去の音楽とは違った魅力になって

いるんじゃないかと私は思ったりするんですけどね。

まぁ、最近はタンバリン奏者としてバンド活動においても活躍

されていて、いつもありがたいコメントでお世話になっている

ともさんが、主催する音楽ブログ、「続・月のため息」で

過去にアップされた記事に大いに刺激され、

乗っかる形での今回の選曲ということにもなってます。

ってことで、「涙をすくうのに間に合って良かったね!」というPV、

お楽しみください、ケイシー&ジョジョで、

「テル・ミー・イッツ・リアル」です。



K-Ci & JoJo - Tell Me It's Real

Tell Me It's Real - It's Real




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

・・・ハっ!・・・この二人の頭の形は、まさに「ピストル」!
「ピストル48」じゃないかっ!(彼らは完全に48cm!)
・・・ふ~む・・・まだ、あの伝説の初ライブが続いていたとは・・・(爆

わたくしのお誕生日の涙をすくってくれるPVをどうもありがとう♪
おかげで、昨日より2割方重く感じる肩の痛みも和らいで来たところよ!
でも、最初のスーツといい、お色直し後の黒ジャケットといい、どう見ても「悪い人」にしか見えない風貌に、すっかりビビりが入っちゃって・・・

「まるで亀田兄弟じゃねえか!」

そんな事言おうものなら、ますます抜け毛が・・・って、ごめんなさい!
K-CiもJoJoも、ツルっ禿げだったわね!
どうか、その左手薬指のデッカイ指輪の角で地肌をグリっとやるのだけはカンベンして下さいまし・・・(土下座

日本でも、ケミストリーなどスキンヘッドのボーカル・ユニットが流行りましたが、この流れを作ったのは、もしかしたらK-Ci&JoJoなんじゃないか?と思ったりするんですよね?

・・・えっ?堂チン君はスキンヘッドじゃない!だって~?

(ふふん・・・気が付いていないだけだ!)

・・・それはそうと

もしもし?気のせいかもしれませんが、完全にわたくしが「タンバリン奏者」になってしまっているような気がするのですが・・・?

・・・って、「リード」が抜けてるんじゃ!「リード」がっ!

そう・・・正しくは、「リード・タンバリン」でございます!(爆
そこんとこ、よろしくたのむTHE!(笑)
はじめまして
外に出るのに時間がかかる私です。
朝コーヒーを飲みながら曲を聞きますと
喫茶店にいる気分を味わう事が出来ます。

ありがとう

素敵なお店ですね。店長さんも優しそうで
「今日はしょげてるじゃないか?だいじょうぶ?」
っと常連になると 言ってくれそう。
何も言わずに コーヒーをもう一杯出してくれそうな
そんな空間です。
素敵なブログですね。
(*⌒-⌒)v

ジオヤーさん ありがとうございます。
元気出ました。
No title
ジオヤーさん こんちわです☆

K-Ci & JoJo

ゆったりとしたソウルビートに乗ってしっとりと、それでいて力強く歌い上げるヴォーカル
渋くていいですね~♪

ヴォーカルのハモリの部分も 聴かせてくれるデュオですね
今日もナイスな選曲 いい音楽をじっくり味わえて嬉しいです
Re: ともさん
こんばんはv-484

まぁ、そうですね、血の繋がった兄弟ということで、そりゃ頭の形も同じになるってもんなんでしょうけど、確かに、弾丸頭・・・
でもですよ、まだ一曲しかない、というか、あるのかどうなのかも分からない、生まれたてのバンドのデビュー曲に、K-Ci&JoJoの頭を結びつけるのは、いかがなものかと・・・って、すでに、伝説の初ライブとかなってるし(爆)

今日は、誕生日ですね、おめでとうございます♪(きみまろも)
これまで生きてこれたことを祝う日であると同時に、また一つ年を取ってしまったことを実感する日でもありますが、涙はすくえることができたようで良かったです^^(肩こりも若干和らいだようですし^^)

考えてみれば、今もっぱら評判の市川エビちゃんも、亀田兄弟同様、スキンヘッド族の一味ということになりそうですね。
って、やっぱあまりこの辺をいじって、土下座させられる目にも合いたくはないので、このくらいにしておこうと思います・・・

で、なるほど、毛ミストリーね。
確かに、K-Ci&JoJo、意識してると思います。
でも、着目するところが、違うような・・・影響を与えたという事で着目するなら堂チン君のスキンヘッドじゃなくて(だいたいスキンヘッドじゃないし、笑)、二人組の男性デュオってところなんじゃないでしょうか?(あたり前過ぎですけど^^)

まぁ、いきなり、「リード・タンバリン奏者」って紹介しても、世間一般的には、まだまだ、知名度が低いように思われたので、普通にタンバリン奏者とさせていただいたんですけど・・・以後、気を付けたいと思います(笑)
ってか、「リード・タンバリン」が世間に知れ渡るかどうなのかは、今後の「野郎THE」の活躍しだいってことTHEよ!(笑)
Re: るんちゃん
初のコメ、ありがとうございます。

って、いきなりお店になってるし(笑)
でも、そう言っていただけると、ホント、嬉しいです。
ありがとうございます。
K-Ci&JoJo同様、ハゲみになります^^
・・・と、せっかくこんなに褒めてもらったのに、ボロが出てしまいそうですが^^;
とにかく、今年も残りあとわずか、元気出して行きましょう♪
Re: 諸星輝々さん
こんばんは☆

ソウルの王道、ソウルの醍醐味っていうんですかね、そんな感じを現代にいい形で継承してくれている二人組ということになると思います。

お気に召したようで、こちらこそ、嬉しいです♪
No title
ともさんの所でこの曲聴いた時も絶賛しちゃいましたが、
改めて聴いてもやっぱりホント綺麗な曲ですねぇ!!
Re: 浦太さん
えぇ、私もともさんの所で見かけた時、次は私も取り上げると思わず宣言してしまいました(笑)
なんか、このコテコテ感は、関西方面で特に人気がありそうな気がします^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。