スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユニークなシンガーの耽美的世界

昨日はプロ野球ドラフト会議があり、ハンカチ王子、

斎藤佑樹投手の入団交渉権を日ハムが獲得したりだとか、

季節外れの台風が接近中などというニュースが

目を引きましたが、そんな軽い前置きも織り交ぜつつ、

秋の夜長、アコースティックな調べということで、

本日も、ココ、ブログ★ラヂオはお送りしてまいります。

登場となるのは、カサンドラ・ウィルソン、曲は、

「ハーヴェスト・ムーン」です。

1996年、ブルー・ノートから発表され、絶賛を浴びたアルバム

ニュー・ムーン・ドーター」に収録された一曲です。

選ばせて頂いた映像は、イントロから何やら尋常じゃない

空気の漂う、非常にユニークな演奏形態、実に彼女独特の

世界が繰り広げられていく分けですが、静かな演奏ながらも

つい引き込まれていってしまうのは、

間違いのないところだと思います。

男勝りのドスの効いた低音で歌う彼女も、ホント、ユニーク

なんですけど、それでいて、超上手い、現代を代表する、本格派

ジャズシンガーであるとも言えます。

因みに、この曲「ハーヴェスト・ムーン」なんですけど、

オリジナルは、ニール・ヤングの名曲ということで、

これまた、畑違いのジャンルからのユニークなカバーになってます。

もっとも、カサンドラは、ジャズにカテゴライズされる人では

ありますが、あまりそこにこだわるという分けでもなく、ある意味

ミクスチャー、そして、オーガニックといった音楽性が、

この人の持ち味になってます。

ニール・ヤングのオリジナルは、↓URLで聴けるので、

興味のある方は、どうぞ。こちらも、メインにしたいくらいの

良い演奏でした^^

http://www.youtube.com/watch?v=ADUC4l6t3Bk

ということで、「ハーヴェスト・ムーン」、

意味は、「中秋の満月」(goo調べ)となるようですが、

カサンドラ・ウィルソンでどうぞ。



Cassandra Wilson - Harvest Moon

Harvest Moon - New Moon Daughter



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

昨日のドラフト会議では、注目のハンケチ王子のユウちゃんがハムに交渉される事になり、明日はいよいよ台風の襲来という点からすれば、本日は、まさに江川もビックリの「空白の一日」と言ってもよいのではないでしょうか?

やはり、「空白の一日」には謎が付きもの。
今回も、約2名の訳の分からない謎のお友達ががんばってくれています。

<エントリーNO.1 謎のエマニエル坊や>
このしっとりとアダルトな雰囲気満載の音を醸し出す集団のど真ん中で、堂々と「オーバーオール」を着てしまう謎のエマニエル。
(他に洋服が無かったわけでもあるまいに・・・)
思わず苦言を呈したくなるほど場違いな衣装の正体は、実は、3本線でおなじみの「アディダス」だったりするのである!

<エントリーNO.2 赤いヒラヒラ>
冒頭でがんばっているギター以外、たいていのメンバーはヒマを持て余している感が見受けられるのだが、そんな中、ただ一人ノンキに「私物」を鳴らしては笑顔を振りまいているヤツがいる。
(・・・あすこにいる「赤いヒラヒラ」だ!)
まずは、たまたま家から持って来た「小鳥ボイス」で様子を窺い、何となくイケそうな雰囲気の中、おじいちゃんから貰った「ひょうたん」を吹き鳴らす。
ソレでも飽き足らずに、お腰に付けた「キー」を振り回してみるも、まだまだ曲が終わらないという事で、最後にとどめの「小鳥ボイス」を炸裂・・・
子供心を忘れない可愛らしい笑顔の裏では、「リード・ひょうたん」での出演をを狙っている策士でもある!

・・・とか何とか言っているわたくしは、明日の朝、間違いなく暴風雨の中のご出勤となる事を考え、今からお腹が痛くなろうかどうしようか迷っている最中である!(爆
Re: ともさん
こんばんはv-484

今日は、こちらでは、台風の影響と思われる雨が、昨日深夜から降り出して、超寒い一日になってるし、おとといは、ハンケチ王子の話題で盛り上がったことを考えれば、穏やかな小春日和、これといって何の話題もなかった昨日は、まさに空白の一日だったと言えるでしょうね。
この隙に、江川はきっとワインを楽しんでたんだろうと思います(笑)

まぁ、そんな、ワイン通の江川のリラックスタイムにもピッタリであろうと思われるこの演奏なんですけど、そうですか、またしても謎の人物が発覚してしまったようですね。

エントリーNO.1、こりゃまた、体格のいいエマニエル坊やだ(笑)
思うに、ハーヴェストって他には、「収穫」とか「取り入れ」っていう意味があって、農作業をするものと勘違いしてこの格好になってしまったのではないでしょうか?、まさか、こんなしっとりとした演奏をすることになるとは!、みたいな。
せめて、アディダスを着込んできて、オシャレなところをアピールしたのが、救いになってるってことになりましょうか。
(それにしても、3本線、よく気付きましたね、笑)

エントリーNO.2、ほんとだ、Tシャツのたぐいだと思ってたんですけど、よく見ると民族衣装風、赤いヒラヒラですね。
どうなんでしょう、この穏やかでありながらも、緊張感をはらんでいて、一つのミスが、全てを台無しにしてしまうような演奏で、これだけの遊び心を発揮する人というのも、実は凄い人なのかなぁ、と思ったりするんですけど。
確かに、最初の「小鳥ボイス」で調子に乗ってしまったという面はあるでしょうね。
でも、おじいちゃんから貰った「ひょうたん」ですか(爆)・・・是非とも、この人には、「リード・ひょうたん」プレイヤー第一人者として頑張ってもらいたいです。
まぁ、この鍵の数からして、副業で「マンション管理人」をしていることは、間違いないところなんでしょうけど。

そうですよね、命に関わるような事故に遭遇してしまう危険があるようなら、お腹が痛いことにしておいた方がいいと思われますが、どうされたんでしょう?^^
No title
このナンバーすごくいいですね
歌もすばらしいけど
(最近のアベリン・リンカーンみたい)
出だしからずっとサポートしている
ぶつ切れたようなギターの響きが
最高じゃないですか
何かクラシックの室内楽を
聴いているみたいな
格調の高さを感じました

静寂の中のソウル・・・・
Re: クナキチさん
やはり、黒人女性ヴォーカル好きのクナキチさんということで、気に入ってもらえたようで、良かったです。
何やら様々な奏法を駆使したギターなんですけど、効果音的な音の出し方とか、ツボを得ていて、いい感じのムードを醸し出してますよね。
ホント、静寂の中のソウルといった感じです。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。