スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

哀愁の超速

季節は秋ということで、そんなしっとりとしてシックな

オータムを感じる音楽を並びたててお送りしているここのところの

ブログ★ラヂオ、ではありますが、なんか今年は夏が

異常に強力で長かったせいか、なかなか、秋を

イメージする落ち着いた感じにはなってないような気が

するんですよね。「そうだ、京都へ行こう」と言われても

いまいちピンとこないような(笑)

世間も、落盤事故からの生還とか、奄美の大雨とか、

いろいろ騒がしいようですし。

まぁ、そんな最中、10月も最終週を迎えるってことになりますが、

いよいよ秋も本格化へと向かって行くことと思われ、

今週もまた、ココでは、秋に彩りを添えるような音楽

ということで、一週間綴らせていただこうと考えています。

で、今週は、アコースティックなサウンドに焦点を当てて

とでもいいましょうか、先週も、まぁ、そう言えばそうなってて、

引き続きってことにもなるかとは、思いますが、

もう少しジャンルの幅というかサウンドの幅を拡げて、

色々な音楽を聴いていこうと思ってます。

最初の登場になるのは、スーパー・ギター・トリオ

ちょっとグループ名はダサ目ですが^^、超テクニシャン揃いの

ギタリスト三人衆の演奏でお送りしたいと思います。

このグループ、その時々で、メンバーの入れ替わりがあるよう

なのですが、一般的に、スーパー・ギター・トリオと言えばこの人達

という時のメンバーのものを、今回アップの映像では、

チョイスさせてもらっていて、向かって左から、パコ・デ・ルシア

アル・ディ・メオラジョン・マクラフリンになります。

これは「フラメンコ」と言っていい感じの演奏になりますが、

曲は、「メディタレニアン・サンダンス」、邦題を「地中海の舞踏」

といって、元々はアル・ディ・メオラの「エレガント・ジプシー」に

収められたもので、スーパー・ギター・トリオとしては、1980年に

発表され結構な人気を得た、ライヴ・アルバム

フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ」に収録されているものが

有名です。因みにこのライヴ盤での、この曲の演奏は

アル・ディ・メオラとパコ・デ・ルシアのデュオによる

演奏になってます。(詳しくはコチラ←クリックでどうぞ)

で、この映像は、おそらく、1996年に再び3人が顔を合わせた

ものになるものだと思われます。

とにかく速く弾くことに関しては、エキスパートの3人衆ということで、

メロディーこそ、哀愁を帯びてますが、私としては、あまりにも速く

左指や、弦をはじく右手が動くので、なんだか嬉しくなってくる

というか、見終わった後には、思わずガハハと笑ってしまいましたが、

それほどの、なかなか痛快感のある映像でもあると思います。

息もピッタリだし。

ということで、秋のアコースティック・サウンド第一弾、

スーパー・ギター・トリオで、「地中海の舞踏

(メディタレニアン・サンダンス)」です。



Paco De Lucia, John McLaughlin, Al Di Meola
Super Guitar Trio - Mediterranean Sundance

Mediterranean ← アル・ディ・メオラのライヴです




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

「おぉーっ!指が10本くらいに見える!」

おそらく、ギターを弾いている指の残像を見たのは初めてではないか?と思わせられるような素晴らしい弾きっぷりですね!
映像を観ながら、いつの間にか顔が「イーーっ!」ってなっている事に気付いて、ちょっぴり顔を赤らめているところでございますが・・・(笑)
まぁ、ソレほどスゴイ演奏だと言う事なのでしょう!

思うに、この左手で掻かれたら、蚊に刺された痒みなどイチコロだと思うのです!

「ココかーーい?(タラララララ ジャジャン♪)

「それとも、ココかーーい?(タラララララ ジャジャン ジャン♪)」

たしかに、「スーパー・ギター・トリオ」というネーミングは地味ではございますが、左端の人が「岩城滉一」にそっくりだっていう事で、カンベンしてもらってもよろしいでしょうか?(笑)

うっすらと後ろの方にオーケストラ並の人数の演奏家達の姿が見えますが・・・この人たち、ちゃんと活躍出来たんでしょうか?
最後まで「居るだけ」だったら、おもしろいのになぁ~・・・(笑)
Re: ともさん
こんばんはv-484

指の分身というか、「分指の術」ですか。
おそらくは、忍術修行にも匹敵する鍛錬を積んだのでしょうね。
ハットリ君も真っ青になるほどの(笑)
そんな忍びの軍団ではありますが、指先に全神経を集中してしまうと、人というのは、体の方は、硬直状態になるってことでしょうか、見てるほうも硬直して、顔が「イーーっ!」ってなってしまうのも分かるというものです。
たしかに、他の人に見られたらそれは恥ずかしい状態だとも思いますが(笑)

そして、この指で、痒いところを掻かれたら、ん~、「アタタ、タ、タ、タ、~~ ジャジャン♪」みたいな北斗の拳を思い浮かべますが・・・「お前はすでに痒くない」の一言も欲しいところだと思います(笑)

「スーパー・ギター・トリオ」って、まんまというか、誰もが思いつくネーミング、分かりやすいって言えば、分かりやすい・・・俳優でレーサーでロッカーの「岩城滉一」も誰にでも分かりやすいカッコ良さということで、まぁ、それもいいのかな、という気もします^^、それにしても、似てる(笑)

私は、この人達の演奏で、他の楽器が加わったものを聴いたことはないのですが、多分、オーケストラをバックにしたものもあるのでしょうね。
もしくは、「オレ達は三人でもオーケストラ並みの演奏ができるんだぜ!」というのを示すための、無言のアピールということか?(笑)
No title
こんばんは

どうか京都に来てください!

さて、この映像を見て私も笑うしかないってな感じです^^
ここで聴けるピック弾きと指弾き、そしてスチール弦ギターとナイロン弦ギターとそれぞれの違いがこれほどまでの超技巧派の人たちによって聴けるとはゴージャス過ぎますね!

それにしてもアコギでここまで正確に高速で弾く人がトリオを組むなんて何度も言いますがホント笑っちゃいますよね!
Re: 桃太郎さん
こんばんは

このところ冷え込んできて、そして、紅葉の季節ともなり、秋らしくなれば、やはり京都には、行きたいと思うでしょうね。
(時間とお金があれば、笑)
まぁ、その際は、物件探しと称して、桃太郎不動産に立ち寄り、観光案内をお願いしたいと思います^^

あ、コレ、桃太郎さんのところで観た、アル・ディ・メオラに乗っかったっていう面は多分にあります^^
そうですね、三人とも音色が違うところが、また良いです。
ディ・メオラのは、多分オベーションですよね。
それにしても、やはり人というのは、あまりにも凄い人間離れした技を見ると、「笑ってしまう」ということになるようねすね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。