スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

LA・LA・LA 大合唱

「秋祭り」ということで、アゲアゲな曲を選んでみた今週、

まぁ、2曲ほどなんですけど・・・すでに会場は大盛り上がり

といった想定で、本日はスティーヴィー・ワンダー

ライヴ映像「マイ・シェリー・アモール」をお送りいたします。

アゲアゲな曲といっても、別にアップテンポのグイグイ

引っ張っていくような曲という分けでもなく、

どちらかといえばミディアムグルーヴのバラード調の

曲ではありますが、ライヴ会場が一体となったお客さんの

大合唱が素晴らしく、よくもまぁ、結構難しい曲だと思うんですけど、

皆声を揃えて歌えるもんだと感心し、スティーヴィーの曲が

多くの人に愛され浸透しているんだなぁと

改めて知らしめられた映像という様になってます。

今年はサマー・ソニック出演ということで、来日もしてる

みたいですけどね、どうやらここでも、素晴らしい歌声と演奏を

披露してくれたようです。まぁ、なかなか地元から離れようとしない

私は、見に行ったという分けでもないですが、ネット上の話を

見る限りではそういうことになってます。

映像は、2008年、ロンドンで行われたものということのようで、

近年のものとなり、日本でもこれと同じ歌声を聴くことが、

出来たんだろうなぁと思うと、行けた人、羨ましいです。

まぁ、この映像を見る限り、最近はダルマさんのようになってる

みたいですけどね・・・宮崎アニメのキャラにもいたような(笑)

「マイ・シェリー・アモール」は、1969年にシングルとしてヒット

していて、スティーヴィーの同名のアルバムに収録されています。

当時の恋人、後の奥さん(その後離婚)の、歌手でもある

シリータ・ライトへの想いを書いた曲という話もあるし、

アモールというフランス語が使われていることから、

同様に歌詞にフランス語が使われているビートルズの

「ミッシェル」を意識して作られた、ということでもあるようです。

因みにアモールの意味は「愛」で、「僕の愛しのシェリー」という事

になります。

まぁ、いずれにしろ、スティーヴィー会心のラヴ・ソングにして、

名曲であることに間違いないでしょう。

(訳詞はコチラでどうぞ)

ということで、スティーヴィー・ワンダー、

「マイ・シェリー・アモール」です。


My Cherie Amour (LIVE) / STEVIE WONDER 投稿者 HITOCCHY

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Stevie Wonder - My Cherie Amour

秋の郷愁といった感じにもピッタリな、

スタジオ録音版はコチラ←クリックでお聴き下さい

My




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

「ゼップ」の次は「ザップ」、そして今回記念すべき「ゲップ」には、御大スティーヴィー・ワンダーの登場というわけですが、このアットホームな優しい歌声が響く合唱は、まるで「別府」の温泉で「ピップ」を貼っていただいている時のような爽快感を感じずにはいられません!
(よぉーし!今日もやる気マンマン!)

そういえば、このあいだ来日したばっかりなんですよね~。
観れた人、羨ましいーー!
わたくしも、日頃からご贔屓にしているアーティストは、皆ご高齢の方たちばかり・・・
スティーヴィーもそうだけど、「もしかしたら、最後の来日になるのではなかろうか?」という危惧が日に日に募ってまいりますの。
やっぱ、行ける時に行っておいた方がいいのかねぇ~?

おそらく、8割の方がそうだと確信しておりますが・・・
今日のタイトルを見て、誰もが間違いなく「息が止まるくらいの甘い口づけ」が大好きな久保田利伸の登場だ!と、ヤマを張ったんじゃないでしょうか?(笑)

・・・よかったぁ~!クイズじゃなくて・・・(笑)
No title
今晩は(^^♪   ジオヤーさん

ゼップ→ザップ→ビップと来た今回も、最高でした。

特に観客の人々が、温かいですね。ってともちゃん

絶好調じゃねぇーの。(≧ω≦ゞ)ギャハハ

お見事、星☆☆☆☆☆は当然でしょう。
Re: ともさん
こんばんはv-484

「ゼップ」、「ザップ」、「ゲップ」、「別府」、「ピップ」、見事な〇ップ五段活用に私も爽快な気分にさせてもらいました、ありがとうございます^^
そして、昨日は、親戚の「ザック」もいい仕事をしたということで、いうことなしですね♪

ホント、コンサートを観れた人、羨ましいです。
たしかに、60年代、70年代から活躍している人は皆高齢になってますよね・・・
最後の来日になるのでは、という危惧はやはり抱いてしまいます。
もちろん、観ておいた方が良いでしょうね。生の演奏は、何ものにも代え難いものがありますから。
でも、最近は、このように、YouTubeとか、DVDとかありますしね~・・・
そして、聴いてる側の私自身高齢になってきたということで、なかなか、腰が上がらないという実情もあります(笑)

「息が止まるくらいの甘い口づけ」ってなんか矛盾しているような・・・(笑)
まぁ、タイトルは確かにパクらせてもらいましたけど、ましてや、それをクイズにしてしまうような大胆さは私にはないです^^
さらには、賞品を「サボテンのトゲ」にしてしまうようなことも(爆)
でも、「サボテンのトゲ」を賭けてもいいですけど、久保田利伸は間違いなくスティーヴィーを敬愛してると思います(笑)
Re: Keithさん
こんばんは

ともさんへ星5つってことで、さすが、紳士のKeithさん、レディーには優しいですね^^
No title
スティーヴィー・ワンダーの歌声。懐かしいです♪
何年か前に来日された時、コンサートに行きました。
彼の歌は魂が揺さぶられるって感じの
優しさ感じます^^
No title
こんばんは

先ずは、韻を踏んで攻めてくるあたり、いつもながらお見事です「ともさん」!

前半は上手い生バンドによるカラオケ状態とは、まさに贅沢ですね!
この方のライブも是非観てみたいのですが、出来ることなら炎天下の野外でなく季節を外すか、アリーナかドームのような屋根のあるところで観たいですね!
夜のライブとはいえサマソニだと熱中症になりそうなもんで!
Re: さくらさん
さくらさんは、主にJ-POPファンだと思ってましたけど、スティーヴィーに関しては、和も洋も関係ないってことになりますかね。
コンサートに行かれただなんて羨ましい。
今岡も含めやはり生が一番ってことでしょうか^^
魂が揺さぶられる感じを味わえただなんて、最高のコンサートだったんでしょうね♪
Re: 桃太郎さん
こんばんは

やはり、ダジャレ好きな桃太郎さん、ここはまず、ともさんを褒めずには、いられないって感じでしょうか^^

確かに、非常に上手いバンドだと思いますが、お客さんも見事に歌い切ってますよね、この歌難しいと思うんだけどなぁ~(笑)
スティーヴィーは、落ち着いたところで観たいというのは分かります。
そして、サマソニもね~、確かに熱中症も恐いし、齢のことを考えるとね~、難しいものがあるかもしれません(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。