スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「ならず者」到来

今週は、夏の終わり、切なくて、しんみりとといった音楽を

何曲かということでやってますが、本日は、とうとう来てしまいましたね、

夏の終わりには、毎年必ずやってくる奴が・・・

台風なんですけどね。

今のところは、大きな被害が出たというニュースも伝えられていませんが、

このまま、恵みの雨をもたらして、過ぎ去ってもらい、いよいよ秋の到来

となれば良いですけど。

という事で、台風といえば、暴虐無人な「無法者」、まぁ、要するに

「ならず者」ということが言いたかった分けで、となれば、

イーグルスってことで、本日は行ってみたいと思います。

イーグルスがオリジナルの「ならず者(デスペラード)」、日本では、

平井堅がカバーしたことで、多くの人に知られたようになったと思います。

イーグルスが、1973年に発表した同名のアルバムに収録されたものが、

初演ということになります。

デスペラードの直訳的なイメージは、西部劇に出てくるような

無法者のことなんですけど、ここでは、さらに、人生に疲れ果て、

感情さえも無くしてしまった、世捨て人のような人、というイメージも

加えて「デスペラード」としていて、「心を開いて生きていこうよ」、

と語りかける内容になってます。

なので、働きづめで、疲れ果ててしまっている多くの人達、

特に中年サラリーマンといったあたりに、

絶大な共感を得ることになっているんじゃないでしょうか。

・・・と夏の終わりのしんみりとした感じとは、違う方向に行ってしまい

ましたが、夏の終わり的な雰囲気で聴いても間違いなく良い曲です^^

まぁ、書き出しのところで、台風のことを例えて「ならず者」

としているわけですが、ただ暴れ回るだけの台風にこの歌を当てはめても、

とんだお門違い、滑稽なことになってしまうだけ

ということなんですけどね(笑)

(原詞、訳詞はコチラ、詳しい曲の解説はコチラをどうぞ)

ということで、イーグルス、「ならず者」です。


Eagles Desperado 投稿者 avajra

Eagles - Desperado




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは!

ジオヤーさんのところは台風の影響ありましたか?

わたしのところはどうも昨日の夜中寝てる間くらいに通り過ぎていったみたいです。
気がつけば雨は降ってはいても小雨程度、その雨も昼が過ぎていく頃には止んでました。
ちょっと涼しくなった感じですね。これが本来の気温なのかなぁ。このまま秋に直行して欲しいところです。

「デスペラード」ってそういう意味だったんですか。ロバート・ロドリゲス監督に「デスペラード」って云う映画があるんですけど、意味も知らずに覚えてました。

曲はウエスタンっぽい哀愁感のある歌ですね。西部劇って言う連想で行くと、どちらかというと荒野を放浪するような流れ者的なイメージが浮かびました。
ちょっともの思いにふける季節に入りかけの時期によく合ってる選曲だと思います。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

私のところも幸い台風の影響で、被害が出た様子はなかったです。
台風が通過する前、ちょっと大降りという感じの雨でしたか、通過していると思われる時間帯はむしろ小降りでした。
今日は、まさに、台風一過のいい天気でした。
暑かったですけどね^^、今までとは違う清々しさもありました。
いよいよ、猛がつく暑さからは解放されて、待望の秋へと向かっていくんじゃないでしょうか^^

「デスペラード」って、一度聞くと忘れない語感という気もしますよね。
でも、この映画って、薄荷グリーンさんお得意の、暴力シーン込みのアクション映画ってことになるみたいですが、まさに、台風って感じの「デスペラード」ということになるようですね^^

ええ、そう思います。夕日を背に、馬にまたがり、荒野を放浪する、一匹狼、孤独な流れ者という感じですかね。
そんな哀愁に思いを馳せるような曲という感じもします。
No title
こんばんはv-85

静岡市内もたいした被害はなかったんで良かったんですが、県東部の小山町あたりでは相当な被害があったようで・・・
橋が流されたり、道が寸断されたり、道路の陥没や土砂崩れの数もかなりあったようです。
台風は、まさに「ならず者」!やはり、侮ってはいけませんね。

わたくしも以前、「永遠のスタンダード」と銘打って、この曲をご紹介した事がございます^^
曲だけ聴いていると、恋人との別れを歌っているような感じがしないでもないので、タイトルが「ならず者」だと知った時は、軽く肩すかしを食らった感じだったんですよね^^
とはいえ、この曲が聴きたいばっかりに、イーグルスのベストを購入したという・・・(笑)

たしか、何かのドラマの主題歌か挿入歌でも使われていましたね。
平井堅のカバーより、やはり本家の方がいいです!^^
永遠のスタンダードって?
台風の影響もなくよかったですね。 ジオヤーさん

イーグルスはカントリーの曲もよく作りましたね。この曲の哀愁もその辺から来たものでしょうか。

イーグルスの再結成も、他の多くのバンドがそうであるように、贅沢三昧で金を浪費し、一稼ぎしよう。ってな感じなんでしょうかねぇ~。
Re: ともさん
こんばんはv-484

今回の台風は、最初九州の辺りを通過した時点では、被害の情報もなかったので、たいしたことないのかな、と思ってたのですけど、各地に甚大な被害を残していったようですね。
静岡もですか・・・でも、ともさんの所は、被害に遭われることはなかったようで良かったです。
私の所も幸い無事でした。
でも、やはり台風は恐ろしい「ならず者」、油断大敵ですね。

確かに、この曲は「永遠のスタンダード」と言って間違いないでしょう!^^
そして、全編に哀しさが漂う曲調で、ここからは、「ならず者」というタイトルは、まず想像しないでしょうね。
肩すかしの感じ、良くわかります(笑)
因みに、私もこの曲はベスト盤で所有してます^^

なるほど、ドラマでも使われたってことで、日本では有名なのですね。
まぁ、平井堅のカバーというよりも、このドン・ヘンリーのハスキーな声と、歌の上手さ、さらに、イーグルスのコーラスワークってことで、やはり本家の方がいいですよね^^
Re: 恐妻家のミック&Keithさん
こんばんは

ご心配下さりありがとうございます♪
幸い被害もなく良かったです^^

この曲が収録されているアルバムは、私はまだ聴いたことはないのですが、カントリー中心のコンセプトアルバムみたいですね。
イーグルスも元々はそういったアメリカのルーツミュージックに根ざしたバンドということになるんでしょうね。
「ホテル・カリフォルニア」のイメージが圧倒的に強いですが^^

イーグルスの再結成の目的も、やはりお金だったんですかね~?
でも、私には、この再結成後の演奏の方が、CDに残されているものより、感動的に聴こえてしまいました^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。