スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

猛暑・ハズ・ゴーンを期待しつつの一曲

それにしても、明日には8月も終わるというのに、

一向に衰える様子を見せない猛暑なんですけどね、

いかがお過ごしでしょう。夏バテなどしていないでしょうか?

まぁ、普通バテますよね、この感じは・・・^^

今年の温暖化にはホント参ります。

でも、それも、もう少しの辛抱という気もいたします。

ということで、前回は、クール目のジャズで、この猛暑を

しばし、しのいでみようということで、フォープレイの

演奏をお聴きいただいた分けですが、そこでのいきなりの登場で、

ちょっと驚いた、フィリップ・ベイリーなんですが、

その繋がりで、本日は、アース・ウィンド・アンド・ファイアー

(以下EW&F)でお馴染みの「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」を

行ってみたいと思います。

夏の終わりを思わせる切ない感じとでも言いましょうか、

EW&Fのバラードの中では、かなり好きな一曲です。

1979年発表のアルバム「黙示録(I Am)」に収録され、

シングルとしてもヒットしてます。

ただ、今回は、EW&Fのバージョンでは、モーリス・ホワイトが、

ボーカルをとってるんですけど、パーキンソン病を患ってしまい、

ライヴ活動を停止してしまった後のEW&Fの映像ということになり、

変わって、デヴィッド・フォスタージェイ・グレイドンと共にこの曲を

共作した、シカゴのメンバーとしても知られるビル・チャンプリンが、

フィチャーされている映像をアップさせていただくことにします。

何故、モーリス・ホワイトでないのかは・・・単にブログ編成上の

理由なんですけどね・・・^^;

(次回明らかになるので、お楽しみをということで^^)

この曲は、デヴィッド・フォスターとジェイ・グレイドンで結成した

ユニット、エアプレイの、AORと呼ばれるジャンルでは名盤として

名高いアルバム、「ロマンティック」にも収められていて、



ジェイ・グレイドンとビル・チャンプリンでこの曲を演奏している

映像もありましたが(コチラ)、なんとなくEW&Fと共演した

この演奏の方が出来が良いように思えたので、選んでみました。

現在のEW&Fは、どうやら、モーリスに変わりフィリップ・ベイリーがリーダー

として率いているようですが、今回も、フィリップ・ベイリー繋がりにしては、

登場する場面として、前回同様、最初にビル・チャンプリンを紹介する

ところと最後の方くらい、ちょこっとした登場に留まってます^^

どんまい、フィリップ!・・・ということで、アース・ウィンド&ファイアー

feat. ビル・チャンプリンで、「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」です。



Earth Wind & Fire feat.BILL CHAMPLIN - After The Love Has Gone


正調(?)、モーリス・ホワイトの歌う、「アフター・ザ・

ラヴ・ハズ・ゴーン」は、↓URLクリックでどうぞ♪

http://www.youtube.com/watch?v=_edwRLvR7PA

After ←EW&Fのライヴバージョン

After ←ジェイ・グレイドンのバージョン




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

まったくだわ・・・わたくしも、夏バテには悩まされているところなの。ご飯は、たんまり食べれるんだけどね。
・・・って、ソレって夏バテてねえんじゃね?(爆

・・・という事で、今日は清涼感満載の「アース・ウィンド&ファイヤー」という事だけど、やはり、しっとりとしたホーン・セクションはいいわね~、秋の到来って感じで・・・♪
この抑え気味のボーカルも、しばし暑苦しさを忘れられてよろしくってよ!
わたくしも、音に聴き惚れてしまって、すっかりいつもの「人間ウォッチング」を忘れてしまったくらい・・・

・・・って、いたいた!約一名、見逃せない感じの輩が・・・

はーい!3:27あたりからチョイチョイ出て来る「一人なまはげ」のベースに注目~~!
ププっ・・・ラストの「片足上げ」なんて、まさに「悪い子はいねえがぁ~!」って感じじゃなーい?(爆
そりゃ、一気に台風が3つ来ちゃうわけだわさ!

うふふ・・・「アース・ウィンド&ファイヤー」の「ファイヤー」って、きっと白いビラビラの彼の事だわね!
(「スター・にしきの」もびっくりもっこり!笑)
Re: ともさん
こんばんはv-484

まったく、昨日も猛暑、今日も猛暑、この「猛残暑」も長期化する様子などと予報では言ってましたけどね・・・もううんざり、ご飯も進む?ってことでしょうか(実は私もそうです、笑)・・・健康そうでなによりです^^

やはり、EW&Fのホーン・セクションは、一味違いますよね。
スピード感のある曲では、切れ味最高だし、このような、バラードでも「まろやかさ」というところで、他のバンドではなかなか到達できない域のものだと思います。
今回は、やや渋めのヴォーカル、ビル・チャンプリンのフィーチャーということでしが、これはこれで、いい感じだと思ったし、ともさんにも気に入ってもらえたようで、良かったです♪

あ~、ベースの「一人なまはげ」ね~(爆)
確かに、よく目立ってます。この人も、この中ではフィリップ・ベイリーと共に古くからEW&Fを支える、モーリス・ホワイトの弟で、ヴァーダイン・ホワイトっていう人です。
なので、今のEW&Fを引っ張っていかねば、という自覚もあるんでしょうね、「なまはげオーバーアクション」や「にしきのルック」で、ファイヤー担当を自ら買って出てるってことなんでしょうけど、いくらなんでもこの派手さは、まさに台風3個分です(爆)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。