スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏はやっぱりサラサラシーツ

今週はこの猛暑を、ジャズといったサウンドで、しばし、おしのぎいただこう

ということでやってきました。本日は、最近のスムーズ・ジャズと呼ばれる

サウンド、イージー・リスニング寄りのフュージョンとでも申しましょうか、

最近ではジャズの主流のようにも思いますが、そんなところで、

フォープレイを行ってみます。お送りする曲は、「ビトゥイーン・ザ・シーツ」。

アイズレー・ブラザーズがオリジナルで、ソウルファンの間では、

非常に人気の高い曲です。(コチラで聴けます)

オリジナルは、「ビトゥイーン・ザ・シーツ」というくらいですから、

意味深な感じ、ソウルの持つ色気、はっきり言ってエロっぽい雰囲気を

たたえている分けですが、フォープレイが演奏すると、それほどネチネチと

してしまうこともなく、サラっとした感じに仕上がっていて、夏の夜には

最適なアダルティーってことになってます。

ここでは、フォープレイのメンバー、ベースのネイザン・イーストと、

ゲストで、チャカ・カーンがヴォーカルをとってます。

やはりチャカ・カーンが加わると豪華になります。

他、フォープレイのメンバーは皆、キャリア豊富な歴戦の強者ということ

なので、紹介しておくと、ドラムがハーヴィー・メイソン、ギターが

リー・リトナー、キーボードがボブ・ジェームスというスーパーバンド

ということになります。

で、「ビトゥイーン・ザ・シーツ」なんですけど、取り上げておいて

言うのもなんですけど、いくらソウルの名曲と言っても、9分を超える

演奏は長いかな(笑)、ちょっと引っ張りすぎという感じもするのですが、

後半、コーラスの人達も含めてのヴォーカル芸のお披露目大会みたいなのが

ちょっとした見せ場になってます。

なので、できるだけ最後まで聴いてみるのがよろしいかと思います^^

まぁ、ネーザン・イーストは、やはり本職はベーシスト・・・にしては、

ヴォーカルも上手いって感じで、取り立てて凄いという分けでもない・・・

でも、チャカ・カーンの引き立て役にはなってるかなという感じで、

このヴォーカル大会には参加していませんが、ちょっと驚いてしまったのが、

あのアース・ウィンド・アンド・ファイヤーのフィリップ・ベイリーが

ここでいきなり姿を現します。懐かしのファルセット、

宇宙のファンタジー」を思い起こしてしまうのも良いのではと思います。

それから、もう一人のコーラス、以前、ジェームス・イングラムと

マイケル・マクドナルドの「ヤ・モ・ビー・ゼア」を取り上げた時、

やたら力と感情を込めてアピールしているコーラスの人がいたのですが、

ここでも登場します。名をフィル・ペリー(Phil Perry)というようです。

今回ようやく謎の人物の素性が、名前だけでも明らかになったようで

ほっと胸をなで下ろしているところです(笑)

ということで、1993年発表の表題が同名のアルバムに収められている、

フォープレイで「ビトゥイーン・ザ・シーツ」です。



Fourplay feat. Chaka Khan - Between The Sheets

Between




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

あっ!あの「ノドち〇こ」に似てる人、フィル・ペリーっていうんだ!(久しぶり~~♪
うふふ・・・後半8:00前後の指の動きなんて、ノドち〇こにまとわりついてる「エヘン虫」みたいだわよ!(笑)
何だか、ますます「ノドち〇こ」に磨きがかかってるみたいね♪
(隣りの「アジャコング」もサイコー!)
ラストで親指立てて「グーー!」やっちゃってるし、よっぽど調子が良かったみたいだけど・・・
でも、アンタ・・・その「親指」にもそっくりだわよ!(爆

フォープレイといえば、やはりネイザンを一押したいところなんだけど・・・
残念ながら、今回はチャカ・カーンに花を持たせておりますわね^^
どちらも透明感のある声で、相性的にはピッタリだと思います!

やはり、シーツはサラサラに限ります!(笑)
Re: ともさん
こんにちはv-278

そう、ノドち〇こリターンズです(爆)
また会えるとは思ってませんでしたけどね、今度はソロパートまで用意されていて、この人は、バックコーラス界では有名人ということになるんでしょうか?・・・「エヘン虫」を思わせる指の動き(私は小森のおばちゃまかと思いましたが)といい、最後の自身にそっくりな親指突き上げ(爆)といい、確かに腕も上げているようですね^^
それから、アジャコング(笑)、フィリップ・ベイリーもかつてはEW&Fで、それこそ一世を風靡した人なんですけど、バックコーラスっていうのも、なんだか時代の移り変わりを感じます。

ネイザンも前に出過ぎることのない、透明感のある歌声ということで言うならば、ここでは、確かにチャカ・カーンとの相性も良くていいですよね。
サラサラとしたシーツの感じを出すのには、大きな貢献を果たしていると思います^^
大人の味ですねー
今日は  ジオヤーさん

やっとコメできる落ち着いた時間がとれました。
先ずはビールを一口(グビグビ・・・・・)
いやはや、メンバーが物凄い顔ぶれですね。最強の布陣とでも言いましょうか。アダルティ&ティスティですね。
チャカ・カーンもそろそろブログで取り上げようと思っていたんですよ。「いつも先を超されてしまう。」
93年は、こんなに痩せていたんですね。私はブクブク太ったイメージしかなくて。
そうです、夏場は特にサラサラのシーツが宜しいかと。
Re: Keithさん
こんばんは

お忙しい所、コメント下さりありがとうございます。
フュージョン、若しくはクロスオーバーなんて呼ばれていた草創期の頃から活躍しているメンバー、その世界のスター集団ってことで、やはり豪華ですよね。
まぁ、「いつも先を超されてしまう。」とばかり言われても、なんだか悪いことをしているような気になってしまいますよ!、別に先を争ってる分けでもないので、どうぞお気遣いなくして下さい。
でも、アバは、私も「ダンシング・クィーン」とかいい曲だと思っていて、いずれ取り上げてみようかな、なんて思っていたのですが、 先を超されてしまいました^^
チャカ・カーンは確かに、太めなイメージがあります。
ってか、黒人女性歌手って、結構皆さん年を取るとふくよかになられますよね。
マライア・キャリーなんかもだんだん危ないような気がします^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。