スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

かなりヤバイって感じィ~ ♪

ジャズ・ファンクといったノリで、この「うだってしまう暑さ」を

クールに、そして爽やかに乗り切っていただこうという企てで、

音楽をピック・アップしているブログ★ラヂオ、本日は、

リオン・ウェアの「イフ・アイ・エヴァー・ルーズ・ディス・ヘヴン」です。

リオン・ウェアは、一般には、ソウル、R&Bといったジャンルに属する人で、

ジャズ・ファンクといった括りで取り上げるのは少々無理のある

アーティストではあるのですが、この「イフ・アイ~」は、

初演が、クインシー・ジョーンズの1974年発表のアルバム

ボディ・ヒート」に収められていることもあり、ジャズ・ファンクな曲として

ピックアップしても許されるのかなと・・・で、このクインシーのアルバム

にこの曲の作者として提供したのが、リオン・ウァアで、

ここでは、本人とアル・ジャロウ、そして、ミニー・リパートン

という豪華メンバーの共演で歌われています。

コチラ←クリックで聴いてみるのも良いでしょう)

そして、名曲ということもあり、ミニー・リパートンは、自己の持ち歌にも

していたようですし(コチラ←クリック)、私の好きなところでは、

アヴェレージ・ホワイト・バンド(コチラ)や、ワーク・シャイのカバーだったり

するんですけど、他にも様々なアーティストによって取り上げられていてます。

また、リオン・ウェアはマーヴィン・ゲイの「アイ・ウォント・ユー」の

作者として有名だし、マイケル・ジャクソンの

「アイ・ウォナ・ビー・ホエア・ユー・アー」とか、ソング・ライターとして、

はたまた、プロデューサーとして、そして、もちろん歌手として、

といった具合にマルチな才能を有している人です。

作風は、アンニュイさを漂わせ、洗練されたアーバンな大人の世界

とでも言いましょうか、「メロウ大王」(爆)なんて呼ばれてます。

ビデオは、女性シンガーがカーリーン・アンダーソンという

イギリスのアシッド・ジャズ界の人、そして、ラップをしているのが、

マイケル・フランティという人になります。

とにかく、若者達が言うところの、「かなりヤバイ感じ」に

「やられてしまう」映像のように私は思いました。

ということで、リオン・ウェア、

「イフ・アイ・エヴァー・ルーズ・ディス・ヘヴン」です。



Leon Ware - If I Ever Lose This Heaven

Body




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

たしかに「ジャズ・ファンク」というジャンルで括るにはメロウな大王過ぎる(爆)と言えるのかもしれませんが、バックの演奏だけ聴いていると、「ジャズかな?」と思わせる感じも無きにしも非ず・・・という事で、早い話が「ラップだね!」という事でいいんじゃないでしょうか?(笑)

それにしても、さずが「メロウ大王」!
なかなかのマルチぶりを発揮されておりますね!
最後に手を取り合いシャンシャンと振るあたりは、黄金期の「コント赤信号」を彷彿とさせるものがございます!

「そーれーでーは (シャンシャンシャンシャン) お別ーれしまーしょ (シャンシャンシャンシャン)♪」(笑)

そういえば・・・昔、このマイケル・フランティ君が被っているような丸い帽子を被っていた頃があるのですが・・・
「カリメロ」というあだ名が付いてしまったので、二度と被らない事にしています。
Re: ともさん
こんにちはv-278

私も、難しいこと言っても仕方ないので、「ラップだね!」でかまわないと思います(笑)
でも、この演奏に着目すれば、スローなテンポではあるのですが、まぎれもないジャズ・ファンクの世界のように思います。
まあ、メロウな大王にしてみれば、そんなジャンル分けなどという「こざかしい」事はどうでもよい事なんでしょうけど。

まず、おことわりをしておかなければならないのは、「そーれーでーは (シャンシャンシャンシャン)~」は、「コント赤信号」じゃなくて、アダモステ島崎率いる「ヒップアップ」のネタだということです。
その辺は正確にいきたいと思います(笑)
でも、この手を繋いでるシーンに、さすが「メロウ大王」ということで、ちょっと「ホロッ」としてしまった私ではありますが、まさか「ヒップアップ」と結びつけられてしまうとは・・・(爆)

マイケル・フランティの帽子で、「カリメロ」になってしまいましたか(笑)
私は、大王の帽子で、「喪黒福造」になってみたいと思います!
No title
こんにちは

暑いです。
倒れそうです。

メロウ大王恐るべしです!
メロン大王では無いのですね。

元ネタが名曲なだけあって、どちら様も名演でありますが、ラップとアレンジによってアシッド・ジャズに仕上げるあたりに「クール」とまた言っておきましょうか(笑)
Re: 桃太郎さん
こんばんは

ホント、激暑いです。
くれぐれも、お体には気を付けて、ご自愛なさってください。

この曲は、おそらく、アヴェレージ・ホワイト・バンドのバージョンが一番有名なんだと思いますが、また違ったアレンジ、ラップといった近年の流行りを交えつつも、ジャージーに決めてくるメロウ大王の恐ろしさ、伝わったようですね^^
しかもアシッド・ジャズ風にクール・・・もちろん、よく冷えたメロン大王という分けではないですが(笑)
No title
こんばんはv-85

あーーーっ!そうだったぁーー!ヒップアップだぁーーーっ!(カリメロ撃沈!

あーっ、もぉーっ!「小宮」の事ばっかり考えてる場合じゃないわよね~!
・・・ぐすっ・・・やっぱ昭和のお笑いって難しいわね。平成生まれには・・・(泣

そーれーでーは(シャンシャンシャンシャン♪笑
Re: ともさん
こんばんはv-484

カリメロも筆の誤り、もしくは、カリメロ(キースでもいい)も木から落ちるということで、残念ながらヒップアップでした。

まぁ、「小宮」を知ってる平成生まれというのも、相当なお笑い通だと思いますが(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。