スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

追悼 デニス・ホッパー

なんだか、去年もこの時期、思い出深い有名人の訃報が

相次いだように思うのですが、今年もいろいろなところで、

そのような知らせを目にします。

で、去る5月29日、米俳優デニス・ホッパーさんが前立腺がんの合併症により

お亡くなりになりました。享年74歳。

独特な演技、ちょっと普通ではない異常者的な役所が多かったように

思います。

代表作に、「イージー・ライダー」「地獄の黙示録」「スピード」等が

あります。私としては、その異様な感じからでしょう、結構記憶に残る

役者さんでした。

で、ブログ★ラヂオとしての本日の一曲ということになりますが、

デニス・ホッパーの監督作品に「ホット・スポット」という映画があります。

そこで音楽を担当しているのが、ブルース・マンとして高名な

ジョン・リー・フッカーと、言わずと知れたジャズ界の巨人

マイルス・デイヴィスという異色のコラボで、当時もの凄く興味を引かれ、

サントラ盤CDも購入したのですが、これが実にクール、

まさにカッコいいの一言につきるもので、今たまに聴き返してみても

まったく飽きることはありません。

そこから「Coming to Town」が本日の一曲です。

映画も実は観てますが、内容の方はすっかり忘れてしまいました^^

ただ、この音楽同様の淡々としたクールな肌触りで、全編を等して

不気味な緊張感、そして、エロスの漂うデニス・ホッパーならではの

サスペンス映画だったように思います。

「氷の微笑」からポップな部分を差し引いて、さらに芸術性を

高めたって感じでしょうか。(この映画に関しての解説、

称賛の言葉は、コチラ←クリックでいろいろ掲載されてます)

ということで、ジョン・リー・フッカーとマイルス・デイヴィスの

コラボ、1990年の作品、サントラ盤「The Hot Spot」から、

「Coming to Town」です。

デニス・ホッパー氏のご冥福を心よりお祈りいたします。



John Lee Hooker & Miles Davis - Coming to Town

John Lee Hooker - Hot Spot (Original Motion Picture Soundtrack) - Coming to Town


そして、デニス・ホッパーと言えば、やはり「イージー・ライダー」。

テーマ曲、ステッペン・ウルフ、「ワイルドで行こう」は、

以前ココでも取り上げてます。コチラ←クリックで。

もちろん、濃いサングラスに口ひげのライダーが、デニス・ホッパーです。



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

えっ?デニス・ホッパーが・・・?わたくし、全然知りませんでしたよ・・・
また一人、ハリウッドの名優がお亡くなりになってしまいましたね。

デニス・ホッパーといえば、ジェームス・ディーンの「理由なき反抗」や「ジャイアンツ」にも出てましたね。
あと「カラーズ 天使の消えた街」などでは監督としても才能を発揮しておりました。
もちろん「ホット・スポット」も・・・
音楽はジョン・リー・フッカーとマイルス・デイヴィスという異色のコラボではありますが、実はこの2人、かなり相性が良いのではないでしょうか?
というか、この曲を聴いていると「ブルース」と「ジャズ」にはジャンルとしての境目がないように感じますね。

そして・・・やはり、デニス・ホッパーと言えば「イージー・ライダー」!
わたくしも、うっかり「ハーレー・ダヴィッドソンのオフ会」に参加してしまった時には、この曲が頭の中を駆け巡ったものでした(笑)
http://blog.livedoor.jp/blue_moon_2007-tomo/archives/51407729.html

・・・冗談はさておいて

わたくしも、デニス・ホッパーさんのご冥福をお祈りいたします。
No title
こんばんは!

デニス・ホッパー亡くなってしまいましたね。末期がんだったって知らなかったです。
わたしがこの人で印象に残ってるのって「悪魔のいけにえ2」でチェーンソーを両手に2本振りかざして、正義の人なんだけどレザーフェイスなみに危なそうな人を演じてたのと、リンチ監督の「ブルーベルベット」。「地獄の黙示録」もそうだったんだけど、狂気が絡んでくるような映画によく嵌る俳優さんだったのかな。

曲は断片っぽいフレーズが闇から浮かび上がっては再び闇に溶け込んでいくような感じがわたしにはマイルスっぽく聴こえてかっこよかったです。

わたしも同じくデニス・ホッパーさんのご冥福をお祈りいたします。
No title
おはようございます

このところ有名人が相次いで亡くなられていますね。
いつか訪れる事と分りながらも悲しいです。

幼い頃にテレビで見た「イージー・ライダー」の内容が何の事だか理解出来ず、それ以来見ていなかったのですが、追悼の意をこめて見てみます。

「ホット・スポット」の内容も全然知りませんが、この曲から南部あたりの閉鎖的な環境で淡々と出来事が進んでいく感じがしますね!
全く違う内容だったりして(笑)

気がつけば今回取り上げられた方たち皆さんお亡くなりになられていますね。

デニス・ホッパー氏のご冥福をお祈りいたします。
Re: ともさん
こんにちはv-278

私も、ネットで偶然知りました。
知名度もあり、ある意味偉大な俳優だと思うのですが、あまりマスコミで取り上げられることもなかったみたいですね。

そうですよね、「イージー・ライダー」のイメージが大きくて、新しい時代の映画俳優って感じですけど、ジェームス・ディーンの昔から活躍してました。
そうそう、「カラーズ」ってありました。確か老刑事の話のようだったと思うんですけど、監督としても独特のセンスを発揮する人でした。

相性が良いっていうのは言えてます。
二人とも好き勝手に自分のプレイをして、それでもカッコ良く聴かせる音楽として成立しているのは、そういうことになるんでしょうね。
私は、去年の夏にほぼ「ブルース」的なものを「ジャズ」として紹介したのですが、やっとお分かりいただけたようで(笑)
でも、この曲で「ブルース」と「ジャズ」の境目がないように感じるのは、ホントその通りだと思います。

あ~、アノ記事、覚えてるし笑わせてもらいました。
タイトルも「イージー☆ライダー」だったんですね。
また、見させてもらいました。
当然そんなシチュエーションには、この曲が高らかに鳴り響くことでしょう(笑)
Re: 薄荷グリーンさん
こんにちは!

私も先日ネット情報として偶然しりました。
(なんか薄荷グリーンさんらしい)「悪魔のいけにえ2」は見てないのですけど、デニス・ホッパーが、チェーンソーを両手に2本振りかざしてっていうのは凄いですね。あまり熱演っていう印象はない人なんですけど・・・しかも、正義の人の役って凄く興味が湧きます。
そう思います、狂気が絡んでくるような映画によく嵌る俳優さんでした。っていうか、この人のカラーが映画全体の狂気の質を決定付けるような存在感のある俳優だったように思います。(「地獄の黙示録」はスケールがデカ過ぎて、映画の雰囲気にデニス・ホッパーがマッチしているって感じになってますが・・・)

曲としての体を成しているのかと言えば、はなはだ疑問のあるところではあるんですけど(笑)、仰る通りだと思います。
マイルスの闇から浮かび上がっては再び闇に溶け込んでいくようなフレーズは十分楽しめると思います。
この人の紡ぎ出すフレーズはいつも歌っているように聞こえます。
Re: 桃太郎さん
こんにちは

不思議と訃報というのは相次いでしまうのですが、馴染みのある有名人の死というのは、やはり悲しいもんですね。

今「イージー・ライダー」を見返すというのも、当時のヒッピー文化を遠目から俯瞰できるような感じで面白いかもしれませんね。
ジャック・ニコルソンもいい味出してます。

「ホット・スポット」は、
>南部あたりの閉鎖的な環境で淡々と出来事が進んでいく感じ・・・
というのは、まったくその通りだと思います。
・・・とまぁ、私も、記事に書いた通り忘れていて、ほぼいい加減に答えてしまってますが(笑)
面白かった、もう一度観てみたい、という思いも持ってましたが、一回観ただけで、今に至ってます^^

そっか~、皆亡くなってますね。というか、皆、20年前は、バリバリの現役だった分けで、時の経つのは早いです。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。