スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

疾走するドクター

陽気も大分春らしくなってきたということで、

先週は、冬に緊張し凝り固まった体をほぐしていただくといった趣向で

まったり系ソウルミュージックを連ねてみましたが、今週は心機一転、

本格的な春に向けて、ギアをローからハイへとチェンジし、

疾走感のある、ロック、ポップ・テイストで、ちょいとばかり

スッ飛ばしてみたいと思ってます。

もう、寒いのもいいやってことで、

しばらくはそんな感じでやり過ごしたいと思います。

ということで、本日はドクター・フィールグッドの登場です。

ヴォーカルのリー・ブリロー、ギターのウィルコ・ジョンソンを中心とする

イギリスの4人組ロック・バンドです。

特にウィルコ・ジョンソンのカッティング・ギターが印象的、映像を観れば

分かると思いますが、この人どう見てもギター上手いですね。

そして、直線的な前後の動きも気になるところです(笑)

1970年~80年代にかけて、イギリスの割とキャパシティの小さなホール・クラブ

(パブリック・ハウス、通称パブ)で少人数に対してライブを

行っていたいたバンドの音楽をパブロックなんていいますが、

その代表的バンドということになります。

ドクター・フィールグッド(気持を良くする医者?)とは、

ヘロインを意味する場合や薬を違法に処方してくれる医者を意味する場合もある

とのことです。

ちょっとヤバめな医者ってことでしょうか?

私は、「指圧の心は母心、押せば命の泉湧く♪」の

浪越徳治郎さんのことだとばかり思ってました・・・、

まぁいいや、ってことで、ドクター・フィールグッド、

1975年にヒットしたのかなぁ、さだかではないってか忘れてるんですけど

その年に発表のデビューアルバム「ダウン・バイ・ザ・ジェティ」に

収録されている、「シー・ダズ・イット・ライト」です。



Dr Feelgood - She Does It Right

Dr. Feelgood - Down By the Jetty - She Does It Right




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
いやぁ~ ドクター・フィールグッドから浪越徳次郎さんへ
行くとはまいったな~~v-17
まったく予期せぬ展開となりましたが、浪越さんを知ってる
自分がカナシイ・・・ デカイ親指でしたね。

ホント、イギリス!って感じですね。
そしていつもながら、振り付けと言いますか
動きが・・・笑えます。前後の動きしかないんだもんね。
あれもイギリス的なのかな?
No title
確かにギター上手いですね。
振り下ろしても他の弦に当たったり絶対にしないって感じですしねぇ。
横に動くとその辺に狂いが生じるんでしょうか?
なんか、下に見えない線路が有るみたいです。
No title
ギタリストのアクションがぎこちないのは
カッティングに神経を集中してるからだろうか?
いっそのことじっと立ってしっかり弾けばいいのに(笑)

会場のゴーゴーダンスも盛り上がっているような
そうでもないような不思議な躍動ですね♪
貴重な映像を見たような気がしま~すd(-_^)
No title
こんばんはv-85

おほほ・・・タイトルの「ドクター」を見て、てっきり「ジョン」かと思ったけど・・・景気の良い「フィールグッド」の方だったのね!(笑)

どうやら、ウィルコの動きが物議をかもしているようだけど・・・
わたくしの祖国(イギリス)の恥ずかしい部分をお見せしちまったようで、ごめんなさい。
でもね、この「ロボット奏法」は当時絶大な人気を博していたのよ!
そういえば、前後の動きは日本でもおなじみだったじゃない!
・・・「ひげダンス」で。
「ハプニング大賞」の時に繰り返されるNGシーンも、このウィルコの動きを応用したものだと思われるし・・・(チャッチャ チャラッチャっていうヤツぅ~!

ふふん・・・まぁ、いいわ!
この「シー・ダズ・イット・ライト」は、わたくしの敬愛するルースターズもカバーしちゃってるんですからね!^^
うふふ・・・コレ、もらったわよ~♪
No title
こんにちは

このギターの人のカッティングは凄い切れ味ですね!
こんなキレキレなのにピックを使ってないんですね。
それにバッキングもソロも右手の動きが全く同じとは、この方ならではの奏法ですね。
ステージを広げたら広げた分だけ移動されるのですかね?

あと数時間後に営業と称して、赤い角を被って暴れに行ってきます♪
こっそり行くのでレヴューをアップ出来ないかも・・・(笑)
Re: akumanekoさん
デカイ親指の浪越さん(笑)、ジェットコースターに乗って復活した時も爆笑でした^^

まぁ、イギリスっぽいですよね。
ってか、白人らしいロックのノリっていうんでしょうか。
前後の往復運動も含めて(笑)
これは、これで気持のいい音だったりしますよね^^
Re: 浦太さん
浦太さんが上手いっていうくらいですから、この人の腕はやはり確かなようです。
確かに、線路の上を行ったり来たり、正確に動くからくり人形のようでもあり、横に動いたり余計な動きはできないのかもしれません(笑)
Re: オーメンまことさん
このアクションは、多分パブロックってくらいですから、狭いステージで演奏している内に身に付いていったものと私は推測するのですけどね。
まあ、黒人の滑らかさに比べてしまうと、どうしても、白人の場合はぎこちなく映ってしまうのかもしれないって気がします。
それでも、この切れ味の良さみたいなのは白人ロックならではですよね。
まぁ、じっとして演奏するよりは、体も柔らかく使えていいのかなってことで許してあげて下さい(笑)

不思議な躍動・・・(爆
ん~、時代を感じる貴重な映像という気もします(笑)
Re: ともさん
こんばんはv-484

「ドクター」といえば、やはり「ジョン」ですかね(笑)
でも、今回は、そう、景気回復にも一役買いそうな「フィールグッド」です^^

いつからイギリスが祖国になったのかしりませんが(静岡県民じゃね・・・^^)、やはりこの動き、ちょっとは恥ずかしく感じるところがあるみたいですね(笑)
ほほ~、「ロボット奏法」っていうんですか。
「ひげダンス」も「ハプニング大賞」もここから影響をうけているようですね(笑)・・・私は365歩のマーチ、「3歩進んで2歩下がる」もココからきてるんじゃないかって気がします^^

ルースターズに絡めて、また乗っかりですか。
お役に立てて光栄です♪
Re: 桃太郎さん
こんばんは

ピックなしで弾いてるってことで、思ったんですが、スパニッシュギターをエレキで弾くとこうなるのかなぁ、ひょっとしてこの人はクラシック・ギター出身?、なんて思ったりもしました。
にしても、他に類を見ない独特な奏法ですね^^
ステージを広げても、私は狭い範囲で往復運動を繰り替えすように思います、一小節ごとでの行ったり来たりが基本になってるんじゃないでしょうか(笑

そうですか、きょうはAC/DCですか!
楽しんできてください!・・・きっとバレバレですって!(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。