スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

分厚めサウンドが魅力のブラザー

前回は、ニール・ダイアモンド、代表的男性ポップシンガーという

ことでしたが、今回もポップなところで、ウォーカー・ブラザーズ

登場です。

私の幼少期で、リアルタイムではよく知らないのですが、

1966年から68年にかけて、日本でもビートルズをしのぐ勢いで人気があった

ということです。

最初にヒットを出し人気があったのがたのが、イギリスにおいてということで、

イギリスのグループと思われがちですが、元々はアメリカの出身です。

アメリカではヒットに恵まれず渡英後に成功をおさめてます。

特に日本ではメチャメチャ人気があったということのようで、

今回アップの「孤独の太陽」は、日本独自のシングル・カット、

シングル盤としては、日本でのみのヒットということになります。

「チャララ~・・・・・」で始まるトランペットと分厚いアレンジは印象的、

フィル・スペクターよりフィル・スペクターらしいと評されています。

たしか、これをパクったんだと思いますが「ちゃらら~、鼻から牛乳~♪」

なんてのもありましたよね(笑)

因みにブラザーズとは言っても、まったく血縁の関係はありません。

ということで、ニール・ダイアモンドに引き続きの低音で聴かせる

男性ポップヴォーカルでおくつろぎを、

ウォーカー・ブラザーズで「孤独の太陽」です。



The Walker Brothers - In My Room

Walker Brothers - After the Lights Go Out - The Best of 1965-1967 - In My Room


今回は動画じゃなかったので、もう一曲アップしておきます。

こちらも日本でのみのシングルカット、オリジナルはウィルソン・ピケット

ということになります
、まぁ、世界的に有名なのは

ウィルソン・ピケットのバージョンの方って感じではありますが、

(2012/5/3訂正)「ダンス天国」です。

私としては、なんとなくフィンガー5の「学園天国」とカブるのですが、

きっとここからなにがしかのヒントを得ているに違いありません、どうぞ。



The Walker Brothers - Land of Thousand Dances

Walker Brothers - Take It Easy With the Walker Brothers - Land of 1000 Dances




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

へぇ~、この人たち日本で人気があったんだ!
(っていうか、ウォーカーブラザーズ自体知らなかった・・・笑)
イギリスでヒットしたって話だけど、音はどう聴いてもアメリカだわね!
何しろ、この曲聴いて思いだすのは「西部劇」だけだもの(笑)

って、この人たち「ダンス天国」の人たちだったんだ!
オリジナルはウィルソン・ピケットって話だけど、明らかに聞き覚えのあるのはこの声・・・
わたくしが知ってる「ダンス天国」は、もしや「ウォーカー・ブラザーズ」のソレだったんじゃ・・・?(驚愕!
まさに「ちゃらら~ 鼻から牛乳~♪」って感じだわさ!(笑)

「ブラザーズ」と言いながら血縁関係はないようだけど・・・(そんなはずはない!
こんなに似ている三人組は、なかなかいないわよ!(笑)
わたくしには、ちっとも見分けがつかないもの。

・・・たぶん「種」だけは一緒だと思うわよ!(コソコソ・・・笑
No title
おはようございます

この曲なんかのCMに使われてましたよね?!
でも、何のCMか全然思い出せないです。
壮大感というか大げさなイントロが昭和を感じさせてくれます。

日本でのみ人気者だそうですけど、G.Iオレンジと比べものにならない程の人気があったのでしょうね^^

叶姉妹の名前の由来は、きっと血縁関係の無いこの人たちから来ていると思います(笑)
Re: ともさん
こんばんはv-484

いろいろ調べて回ったのですが、どうやら私より一つ上の世代の方々には非常に思い出深いグループのようです。
マカロニウェスタンっていうんですか、そんな感じの音楽ですよね。
荒野の何とかみたいな、ってそれは、イタリア製の西部劇のことか・・・でも、このどことなく暗い感じはイギリスっぽくもあります。

多分聞き覚えのあるバージョンはコッチの方で間違いないでしょう。
特に日本で有名なのは、ウィルソン・ピケットのものよりも圧倒的にコッチです。
実は、知らず知らずのうちに聴いてしまっているウォーカー・ブラザーズ、まさに「ちゃらら~、鼻から牛乳~♪」って感じでしょう(笑)

確かに、似てますよね。
芸名はスコット・ウォーカー(この人がリーダーで、ソロになった後も有名)、ジョン・ウォーカー、ゲイリー・ウォーカーとウォーカーで統一されてます(笑)
この辺にも血縁にみせかけようとする作為が感じられます。
いや、実は本当に種繋がりだったりして・・・ってどんなお父さん、若しくはお母さんなんだ(笑)
Re: 桃太郎さん
こんばんは

CMでしたかね・・・私も思い出せないのですけど、テレビを見ていれば何かでは耳にする曲だと思います。
大げさなイントロは確かに昭和ですね(笑)
そして、なんとなくプログレにも通じる感じしませんか(笑)

G.Iオレンジ・・・和製洋楽ロックってことですかね^^、私もよく知らないので、このバンドがどれほどの人気であったか分からないのですけど、ウォーカー・ブラザーズは、他のどの国よりも日本で人気があったようですね。
でも、イギリスでも知られていて、デヴィッド・ボウイやトム・ヨーク(レディオ・ヘッド)などは影響を受けているそうです。

血縁じゃなくても、芸名を同じ姓にして兄弟を名乗り世間を混乱させてもいいんだ、ってことでは叶姉妹にも影響を与えているかもしれませんね(笑)
No title
初めまして、ブログ拝見しましたが、残念ながらダンス天国のオリジナルはクリス・ケナーで彼の自作でもあります。ちなみに、有名な「Na,Na,Na,Na,Na~」(ウォーカーズはLa,La,
La,La,La~)というフレーズはクリス・ケナーのオリジナルにはなく、65年にカバーしたカンニバル&ヘッドハンターズが歌ったのが最初です。
Re: 通りすがりさん
ご教授ありがとうございます。
他にもありましたら、ガンガン突っ込んでやってください。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。