FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「ラスト・ワルツ」では浮いてるけど・・・

前回は、ザ・バンド、映画「ラスト・ワルツ」からということでしたが、

今回は、その映画にゲスト出演してはいるものの、

他のいかにもロック界のスーパースター然とし時代の寵児といった

人達の中では、場違いというもっぱらの評判をこうむってしまった、

ニール・ダイアモンドでいってみたいと思います。

ココでは、前に「かもめのジョナサン」なんていうので、登場していたり

しますが、2回目の登場。

ここしばらくは、いわゆるアーティスト系の音とでもいいましょうか、ロックだの

ファンクだのソウルだのといったのが続いていて、まったくのポップス、

お気軽な音楽みたいなのからは遠ざかっているということもあり、

気候も暖かくなってきているようですし、ここら辺で一息、

脱力してみたいと思います(笑)

とは言っても、ニール・ダイアモンド、アメリカの国民的歌手であり、

本日アップする「スウィート・キャロライン」は、1969年のヒット曲ですが、

アメリカポップス史に残るもの、例えば、今年は頑張って欲しい松坂大輔が

所属するボストン・レッドソックスのテーマ曲だったり、他でも、

大リーグの試合とか、スポーツ・イベント等では今でも

よく使われる曲ということになります。

特にアメリカのご婦人層からは絶大な支持があります。

そして、今回ちょっと調べたら面白い記事を発見して、

このキャロラインとは誰かってことなんですけど、ケネディー元大統領の

娘さんということらしいです。キャロライン・ケネディーがポニーと一緒に

映っている写真が目にとまり、そこからインスピレーションを得て

書き上げた曲らしいです。

すなわち、キャロライン・洋子ではなかったということです・・・

それから、まだまだ続くうんちくってことで、ニール・ダイアモンドの曲は、

意外なところでカバーされてたりします。ディープ・パープルの

「ケンタッキー・ウォーマン」や、UB40の「レッド・レッド・ワイン」の

オリジナルは実はこの人だったりします。

ということで、まぁ普通にポップスなんですがおくつろぎ下さい、

ニール・ダイアモンドで「スウィート・キャロライン」です。



Neil Diamond - Sweet Caroline

ニール・ダイアモンド - The Universal Masters Collection: Classic Neil Diamond - Sweet Caroline




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

わたくし、今までコレほどまでに適当な「観客の手拍子」を見た事がございません!

・・・パチッ!・・・パチッ!・・・「ねぇ、今日の夕飯どうする?」
・・・パチッ!・・・パチッ!・・・「マックでいいだろ?」

・・・おそらく、こんなところではないでしょうか?(笑)

それにしても、このニール・ダイアモンドさん・・・嵐の「まつじゅん」にそっくりですね!
髪型は「小泉さん」だけど・・・^^

「適当に手拍子をする人は全て抵抗勢力ですっ!(キッパリ!)」

ふんっ!まさに、そんな感じだわさ!(爆

何となく、最後の歓声が「効果音」のような胡散臭さもあるんだけど、実際はどうなのかしらね?
ただ一つ言える事は、「スタンディングオベーション」と見せかけて「単に今からマックに行くだけ・・・」という事でしょうね!(笑)

・・・ぐすっ・・・ダイアモンドさんったら、まさに「一人かもめのジョナサン」と化してるわね(泣
No title
こんにちは

キャロライン・洋子といえば何となく山本スーザン久美子を思い出します(笑)

そんな事よりディープ・パープルのケンタッキー・ウォーマンに反応してしまいました。
初期の頃の曲なんてハッシュ以外出てくる事ないもんですから。
おかげでリング・ザット・ネックが無性に聴きたくなりました!

えっ、ニール・ダイアモンドの事ですか!?
ステキです(笑)
Re: ともさん
こんばんは

このなんとなく攻撃的な感じのするドSコメントには、「マル金ハチマキ」が惨敗に終わってしまった悔しさが滲み出ているように思うのですけど・・・
岡部が待機で終わってしまったのは本当に残念でしたね(爆
ま、そんな時にニール・ダイアモンドで逆に良かったと思います。
もし、ともさんのフェイバリットでしたら、怒りの矛先をどこに向けたらいいのか分からなくなってしまうでしょうからね(笑)
しかも、この人ならそんなともさんの気持も優しく受け止めてくれることでしょう^^

たしかに「まつじゅん」に似てますね(笑)
そんな、二枚目なところも、ゴツい人達ばかりが集まった「ラスト・ワルツ」では浮いてしまった要因になっているのでしょう。

「一人かもめのジョナサン」(笑)・・・ん~、孤高な感じって言うんですか、そんなところもアメリカでは今でも奥様方に人気の要因なのかもしれません(笑)
Re: 桃太郎さん
こんばんは

山本スーザン久美子は、ちょっと知らなかったので何ともいいようがないのですが、キャロラインといえば洋子しか思い浮かびませんでした(笑)

ケンタッキー・ウォーマンで初期のパープルを思い出したようですね^^
良かったです・・・
ってか、今回の主役はニール・ダイアモンド、まぁ邪険にされてしまうのも分からないではないですが、こんな歌手もいるってことで^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。